意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愉快犯」とは?意味や使い方!例文や解釈

「愉快犯」とは、「世の中を騒がせることで、承認欲求を満たしたり快感を得たりすることを目的にした犯罪・犯人」を意味する言葉です。

「愉快犯」「意味・読み方・分解した解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・愉快犯の心理・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「愉快犯」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「愉快犯」とは?
  • 「愉快犯」の表現の使い方
  • 「愉快犯」の類語や類似表現や言い換え
  • 「愉快犯」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「愉快犯」の心理・特徴
  • 「愉快犯」の英語と解釈


「愉快犯」とは?

「愉快犯」という言葉は、「世の中を騒がせて快感・承認を得ることを目的にした犯罪・犯人」「犯罪で目立って自己顕示欲・承認欲求を満たすことを目的にした犯罪・犯人」のことを意味しています。

厳密には、「法律違反の犯罪」だけでなく「人を傷つける迷惑行為」にも使われる言葉です。

「愉快犯」というのは、「世間や人々を騒がせたり怖がらせたりして、自分が快感・承認を得ようとするタイプの犯罪・犯人」を意味する言葉なのです。

「愉快犯」「自分の犯罪を知った人」が騒げば騒ぐほど、犯罪をエスカレートさせていく危険な傾向があります。

例えば、「愉快犯は心理的満足のために犯罪を犯すので厄介な相手です」といった文章で、「愉快犯」の意味を分かりやすく示せます。

  • 「愉快犯」の読み方
  • 「愉快犯」を分解して解釈

「愉快犯」の読み方

「愉快犯」の読み方は、「ゆかいはん」になります。

「愉快犯」を分解して解釈

「愉快犯」という言葉を、「愉快(ゆかい)」「犯(はん)」に分解してその意味を解釈していきます。

「愉快」という言葉は、「心地よい気分になること」「楽しくて(面白くて)気持ちが浮き立つこと」を意味しています。

「犯」という言葉は、「犯罪・犯行・犯人(加害者)」を意味しています。

「犯」という漢字には、「一定のルール・法を乗り越えておかす」「罪・犯人」という語源的な意味があります。

「犯」の漢字の由来は「耳を立てた犬の象形」にあり、「野犬が村にはびこる」の原義から「良くないものが盛んになる・決まりをおかす」の意味が生まれました。

「愉快+犯=愉快犯」で、「自分が愉快な気持ちになるために、法律・決まりを犯すこと、破ること」を意味しているのです。



「愉快犯」の表現の使い方

「愉快犯」の表現の使い方は、「世の中を騒がせて反響を得ることを目的にした犯罪・犯人」を指示して使うという使い方になります。

マスメディアの犯罪報道・犯罪分析において「愉快犯」が使われることがありますが、それ以上に、犯罪をゴシップ的に取り扱う「週刊誌」「愉快犯」を使用することが多くなっています。

「愉快犯」というのは、「犯罪行為で注目されて、自己顕示欲・承認欲求を満たすことを目的にした犯罪・犯人」を意味して使われる言葉です。

例えば、「連続放火事件には、人やメディアから注目されたいだけの孤独な愉快犯が多い」といった文章で、「愉快犯」の言葉を正しく使用できます。

「愉快犯」の類語や類似表現や言い換え

「愉快犯」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「娯楽的な犯罪・騒がれたい犯人」
  • 「確信犯」
  • 「自己顕示型の犯罪」

「娯楽的な犯罪・騒がれたい犯人」

「愉快犯」の類語・言い換えとして、「娯楽的な犯罪・騒がれたい犯人」があります。

「愉快犯」というのは、「自分が楽しみを得るための娯楽的犯罪」「世の中・人々を騒がせて注目されたいという犯罪者」を意味する言葉です。

それらの意味合いから、「愉快犯」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「娯楽的な犯罪・騒がれたい犯人」を指摘することができます。

「確信犯」

「愉快犯」の類似表現・言い換えとして、「確信犯(かくしんはん)」があります。

「愉快犯」という言葉は、「自分自身が楽しみ・満足を得るために、その行為が悪事であると分かっていながら犯す犯罪」という意味があります。

「確信犯」というのは、「自分の道徳的・政治的な信念に基づいて行われる悪いと思っていない犯罪」「悪事だと分かっていながらも実行された犯罪」を意味しています、その意味合いから、「愉快犯」の表現は「確信犯」という表現で言い換えられる場合があるのです。

「自己顕示型の犯罪」

「愉快犯」の類語・言い換えとして、「自己顕示型の犯罪」があります。

「愉快犯」というのは、「犯罪行為で人々から騒がれることによって、自己顕示欲や承認欲求を満たそうとする犯罪・犯人」を意味する言葉です。

その意味合いから、「愉快犯」の実質・心理を意味している類語(シソーラス)として、「自己顕示型の犯罪」という表現を上げることができるのです。



「愉快犯」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「愉快犯」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「愉快犯」を使った例文1
  • 「愉快犯」を使った例文2

「愉快犯」を使った例文1

「お金・商品を盗もうとする型の犯罪よりも、迷惑な犯罪で世の中(人々)から注目されたいという愉快犯の方が防犯対策が難しいのです」

この「愉快犯」を使った例文は、「お金・商品を盗もうとする型の犯罪よりも、迷惑な犯罪で世の中(人々)から注目されたいという承認欲求・快感・寂しさが原因になっている犯罪の方が、防犯対策が難しい」ということを意味しています。

「愉快犯」を使った例文2

「子供たちが大切に育てたチューリップの花を踏み荒らした人が愉快犯だとしたら、なぜそんなことをしたのかと問いただしてみたいです」

この「愉快犯」を使った例文は、「子供たちが大切に育てたチューリップの花を踏み荒らした人が、みんなに騒がれて話題になることで快感を得ているのだとしたら、なぜそんなことをしたのかと問いただしてみたい」ということを意味しています。

「愉快犯」の心理・特徴

「愉快犯」の心理状態として、「人々・世の中に注目されて騒がれたいという承認欲求・孤独感・疎外感が強い」「過去に世間・他者から自分が傷つけられたり仲間外れにされたりしたという被害妄想・報復感情がある」を上げることができます。

世の中を騒がせて楽しもうとする「愉快犯」は、「犯罪でもしなければ誰にも見てもらえないという孤独感」「自分のストレス・不平不満を自分自身で処理することができない心理的な苦悩・未熟」といった特徴を持っていることが多いとされています。

「愉快犯」の英語と解釈

「愉快犯」という言葉は、“crime for pleasure, criminal for pleasure”(快楽・喜びを目的にした犯罪・犯人)や“offender for pleasure”(快楽・喜びを目的にした加害者)といった英語で書き表すことができます。

  • “Criminals for pleasure are out of hand because this type of criminal doesn't regret.”

“Criminals for pleasure are out of hand because this type of criminal doesn't regret.”

「愉快犯」という言葉を使ったこの英語の例文は、「愉快犯は反省をしないので、手に負えません」ということを意味しています。

icon まとめ

「愉快犯」という言葉について徹底的に解説しましたが、「愉快犯」には「世の中を騒がせ、承認欲求を満たしたり快感を得たりすることを目的にした犯罪・犯人」などの意味があります。

「愉快犯」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「娯楽的な犯罪・騒がれたい犯人」「確信犯」「自己顕示型の犯罪」などがあります。

「愉快犯」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。