意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愉楽」とは?意味や使い方!例文や解釈

「愉楽」とは、「深い喜び・快楽を感じて楽しむこと」です。

「愉楽」「意味・読み方・語源や由来・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「愉楽」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「愉楽」とは?
  • 「愉楽」の表現の使い方
  • 「愉楽」の類語や類似表現や言い換え
  • 「愉楽」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「愉楽」の反対語
  • 「愉楽」の英語と解釈


「愉楽」とは?

「愉楽」という言葉は、「深い喜びを感じて心から楽しむこと」「快楽・快適を感じて楽しい状態に浸ること」を意味しています。

「愉楽」というのは、「心から楽しむこと・喜ぶこと・心地よさ(快楽)を感じること」を強調している表現なのです。

例えば、「時に現実の悩みを忘れて、愉楽にどっぷり浸るような時間も必要です」といった文章で、この言葉の典型的な意味を示せます。

  • 「愉楽」の読み方
  • 「愉楽」の語源や由来

「愉楽」の読み方

「愉楽」の読み方は、「ゆらく」になります。

「愉楽」の語源や由来

「愉楽」の語源・由来は、その漢字から考えることができます。

「愉楽」「愉」という漢字の語源的な意味は、「たのしむ・たのしい・よろこぶ・よろこばしい・やわらぐ」などになります。

「愉」の漢字の由来(成り立ち)は、「心臓の象形」「木をくりぬく工具の象形」「渡し舟の象形」から成り立つ会意兼形成文字で、「不快な心を抜き取って楽しむこと」を意味していました。

「楽」の語源的な意味は「たのしい・たのしむ・らく」になります。

「楽」の漢字の成り立ちは、「どんぐりをつけた楽器」を示す象形文字から「音楽」の意味が生まれ、「音楽」の意味が転じて「楽しい・楽しむ」の意味を持つことになりました。

「愉+楽=愉楽」は、「楽しいこと・喜んでいること・嬉しいことを強調している言葉」として意味を解釈できるのです。



「愉楽」の表現の使い方

「愉楽」の表現の使い方は、「深い喜びを感じて心から楽しんでいる状態」「快楽・快適さを感じて楽しい状態に浸っている場合」に使うという使い方になります。

心の底から楽しみや心地よさ、嬉しさを感じている時に、「愉楽」という言葉を使うことができるのです。

例えば、「人生は山あり谷あり、苦痛も多いけれど愉楽もあるものなのです」「愉楽にばかり惑溺せずに人生の中で自分が果たすべき役割を見つけ出すことが大切です」といった文章において、「愉楽」という言葉を正しく使うことができます。

「愉楽」の類語や類似表現や言い換え

「愉楽」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「快楽・楽しみ」
  • 「悦楽・愉快」
  • 「ジョイフル・快事」

「快楽・楽しみ」

「愉楽」の類語・言い換えとして、「快楽(かいらく)・楽しみ」があります。

「愉楽」とは、「強い快楽を感じて心から楽しむこと」「楽しいと感じる気持ち良い心理状態に浸っていること」を意味しています。

その意味合いから、「愉楽」の表現は「快楽・楽しみ」という表現に言い換えることができます。

「悦楽・愉快」

「愉楽」の類似表現・言い換えとして、「悦楽(えつらく)・愉快(ゆかい)」があります。

「悦楽」というのは、「強い喜びを感じて満足すること」を意味しています。

「愉快」という言葉の意味は、「心地よくて楽しいこと」「面白くて楽しい心理状態にあること」になります。

それらの意味合いから、「愉楽」と良く似た意味を持つ類似表現として、「悦楽・愉快」を上げることができます。

「ジョイフル・快事」

「愉楽」の類語・言い換えとして、「ジョイフル・快事(かいじ)」があります。

「愉楽」という言葉は、英語で言えば「ジョイフル(楽しい・嬉しい)」とほとんど同じ意味になります。

「快事」というのは、「とても楽しくて痛快な出来事」「楽しい出来事によって心が満たされること」を意味しています。

それらの意味合いから、「愉楽」という言葉は「ジョイフル・快事」という言葉で言い換えることができるのです。



「愉楽」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「愉楽」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「愉楽」を使った例文1
  • 「愉楽」を使った例文2

「愉楽」を使った例文1

「中年期に入って初めて恋愛の愉楽を知った女性は、どっぷりと恋愛の相手に依存して理性を失ってしまいました」

この「愉楽」を使った例文は、「中年期に入って初めて恋愛の強い喜び・激しい快楽を知った女性は、どっぷりと恋愛の相手に依存して理性を失ってしまった」ということを意味しています。

「愉楽」を使った例文2

「人生は厳しさとつらさの中で時に愉楽も味わえるものですが、その愉楽に溺れすぎれば道を過りやすいのです」

この「愉楽」を使った例文は、「人生は厳しさとつらさの中で時に深い喜びや快楽(心地よさ)も味わえるものですが、その強い快楽を感じている心理状態に溺れすぎれば、道を過り(あやまり)やすい」ということを意味しています。

「愉楽」の反対語

「愉楽」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「苦痛・不快」

「苦痛・不快」

「愉楽」の反対語は、「苦痛(くつう)・不快(ふかい)」になります。

「苦痛」というのは、「心理的な苦しみや身体的な痛みがある状態」を意味する言葉です。

「不快」というのは、「嫌な感じや面白くない気持ちがあるさま」を意味する言葉です。

「愉楽」という言葉は、「深い喜び・快楽を感じて楽しむこと」「苦痛・不快がない心地よい状態」のことを意味しています。

それらの意味から、「愉楽」とは正反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「苦痛・不快」という言葉を指摘することができるのです。

「愉楽」の英語と解釈

「愉楽」の英語は、“pleasure”(喜び・楽しみ・嬉しさ)や“joy, joyuful”(楽しみ・嬉しさ・楽しい)、“ epicureanism, hedonism”(快楽主義)で表現することができるのです。

  • “He was greedy and pursued the pleasures”
  • “I always drowned in pleasure and failed my life.”

“He was greedy and pursued the pleasures”

この「愉楽」を使った英語の例文は、「彼は貪欲に愉楽を追い求めました」ということを意味しています。

“I always drowned in pleasure and failed my life.”

この「愉楽」を使った英語の例文は、「私はいつも愉楽に溺れてしまい、人生に失敗してしまいました」ということを意味しています。

icon まとめ

「愉楽」という言葉について徹底的に解説しましたが、「愉楽」には「深い喜び・快楽を感じて楽しむこと」などの意味があります。

「愉楽」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「快楽・楽しみ」「悦楽・愉快」「ジョイフル・快事」などがあります。

「愉楽」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。