意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「裂ける」とは?意味や使い方!例文や解釈

「裂ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「裂ける」という言葉を使った例文や、「裂ける」の類語を紹介して行きます。

裂ける

Meaning-Book
「裂ける」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「裂ける」とは?
  • 「裂ける」を使った言葉と解釈
  • 「裂ける」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「裂ける」を使った例文や短文など
  • 「裂ける」の反対語


「裂ける」とは?

みなさんは「裂ける」という言葉を知っているでしょうか。

「新聞紙が裂ける」などという言葉を使ったことがあるかもしれません。

一方で、「裂ける」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「裂ける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「裂ける」の読み方
  • 「裂ける」の意味

「裂ける」の読み方

「裂ける」「さける」と読みます。

少し読み方が難しいため、読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「裂ける」「さける」と読みましょう。

「裂ける」の意味

「裂ける」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「裂ける」には、「一つの物が、線上に切れて離れる」という意味があります。

また「切れ目が入る」という意味があります。

新聞紙が「裂ける」という場合は、新聞紙が線上に切れて離れる、新聞紙に切れ目が入るという意味があります。

新聞紙のような紙には、繊維があります。

そのため紙に力を入れると、繊維に沿って線上に切れて離れます。

このように「裂ける」には、「一つの物が、線上に切れて離れる」という意味があります。



「裂ける」を使った言葉と解釈

「裂ける」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「裂ける」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「紙が裂ける」
  • 「地面が裂ける」
  • 「口が裂けても」
  • 「筋肉が裂けるように」

「紙が裂ける」

「紙が裂ける」という言葉があります。

紙のような繊維で作られている物は、力を加えると、線上に切れて二つに離れます。

そのため、「紙」「裂ける」と表現します。

「本が裂ける」「雑誌が裂ける」など、紙製品全般に「裂ける」という言葉を使えます。

「地面が裂ける」

「地面が裂ける」という言葉があります。

映画などを見ていると、大災害のシーンや怪獣が登場したシーンなどで、地面にひびが入り、そのまま大きく広がって行く様子を見られます。

このような地面が線上に割れて、二つに離れて行く場面を、「地面が裂ける」と言います。

大怪獣がドンと地面を踏んだ時、その衝撃で地面が割れることがありますが、そのようなシーンを、「地面が裂ける」と言います。

「口が裂けても」

「口が裂けても」という表現があります。

「口が裂けても、秘密は明かせない」などと言います。

話をする時、口は線上に二つに離れるようなイメージがあります。

そのため、「口が裂ける」には「話す」という意味が含まれています。

「筋肉が裂けるように」

「筋肉が裂けるように」という表現を使うことがあります。

例えば肉離れを起こした時、「筋肉裂けるように感じた」などと言います。

筋肉は「筋繊維」で作られているため、紙などと同様に「裂ける」という言葉を使えます。

「裂ける」の類語や類似表現や似た言葉

次に「裂ける」の類語や類似表現を紹介します。

「裂ける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「割れる」
  • 「切り裂く」
  • 「分裂」

「割れる」

「割れる」には、「一つの物が幾つかに分かれる」という意味があります。

「スイカが割れる」という時は、スイカが幾つかに分かれるという意味になります。

同様に「ガラスが割れる」には、ガラスが幾つかに分かれるという意味になります。

「切り裂く」

「切り裂く」には、「切って二つ以上の部分に離す」という意味があります。

例えば刺身を作るため魚を切って、食べやすい大きさに切り離すことを、「魚を切り裂く」と言います。

「分裂」

「分裂」「ぶんれつ」と読みます。

「分裂」には、「いくつかの部分に分かれて離れること」という意味があります。

例えば「細胞分裂」という言葉には、細胞がいくつかの部分に分かれて離れるという意味があります。

また団体が「分裂」するという言葉には、団体がいくつかの小さな団体に分かれて離れるという意味があります。



「裂ける」を使った例文や短文など

続いて「裂ける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「裂ける」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「裂ける」を使った例文1
  • 「裂ける」を使った例文2

「裂ける」を使った例文1

「彼の握力なら、電話帳を素手で『裂ける』」

この例文のような、握力自慢がいるかもしれません。

テレビなどを見ていると、握力の凄さを表現するために、分厚い電話帳を素手で「裂く」シーンを見ることがあります。

電話帳は紙でできていて、紙には繊維があるため、綺麗に二つに切れます。

また電話帳はそれほど握力がなくても、コツを掴めば上手に「裂ける」という説もあります。

「裂ける」を使った例文2

「雷が落ちて、大地が『裂ける』ような、大きな音が聞こえた」

この例文のような雷の音を聞いたことがあるかもしれません。

雷雨が近づいてくると、雷が鳴る音が聞こえます。

稲光が見えて、音がするまでの時間が長い時は、雷雲はまだ遠くにあり、稲光がするのと音が鳴るまでのタイムラグが短いほど、雷雲は近くにあります。

そして雷雲がとても近くにあり、そのタイミングで雷が落ちる時は、まるで大地が「裂ける」かもしれないと思うほどの、大きな音がします。

実際に大きな音で地面が「裂ける」わけではありませんが、そのようなことが起きても仕方がないと思うほどの大きな音が聞こえます。

「裂ける」の反対語

「裂ける」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「裂ける」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「縫合」
  • 「ドッキング」

「縫合」

「縫合」には、「手術などの傷口を縫い合わせる」という意味があります。

「縫合」は、「縫い合わせる」を短くした言葉です。

「縫合手術をする」などの使い方をします。

「ドッキング」

「ドッキング」というカタカナ語があります。

「ドッキング」には、「人工衛星や、宇宙船などが軌道上で結合する」という意味があります。

スペースシャトルと宇宙基地が「ドッキング」する、などという使い方をします。

icon まとめ

「裂ける」という言葉について見てきました。

ビジネスシーンなどで、資料などの紙を、線上に切る機会がある時は、「裂ける」という言葉を使ってみましょう。