意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「端的」とは?意味や使い方!例文や解釈

「端的」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「端的」という言葉を使った例文や、「端的」の類語を紹介して行きます。

端的

Meaning-Book
「端的」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「端的」とは?
  • 「端的」を使った例文や短文など
  • 「端的」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「端的」の反対語


「端的」とは?

みなさんは「端的」という言葉を知っているでしょうか。

「端的に話せ」と誰かに言われた経験があるかもしれません。

一方で、「端的」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「端的」という言葉の意味を紹介します。

  • 「端的」の読み方
  • 「端的」の意味

「端的」の読み方

「端的」「たんてき」と読みます。

「はしてき」などと読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「端的」は、「たんてき」と読みましょう。

「端的」の意味

「端的」という言葉の意味を紹介します。

「端的」には、「余計な物を加えず、明白なこと」という意味があります。

「端的に話す」という場合は、「余計な話をせずに、明白なことだけ話す」という意味があります。

無駄話をしたり、横道に入るような話をすると、本当につた伝えたい話の本筋が見えなくなってしまいます。

そのため、「端的に話せ」と、「余計な話をせず、明白なことだけ話すように」とたしなめられることがあります。

このように「端的」には、「余計な話をせず、明白なことだけ話す」という意味があります。



「端的」を使った例文や短文など

「端的」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「端的」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「端的」を使った例文1
  • 「端的」を使った例文2

「端的」を使った例文1

「昨日始めたダイエットの効果が、『端的』に現れた」

この例文には、昨日始めたばかりのダイエットの効果が、明白に現れたという意味になります。

例えば、食事を一食分抜いた場合、抜いたカロリー分だけ、体重が落ちているような時、「端的に効果が表れた」などと言います。

実際にダイエットをすると、なぜ体重が置いて、なぜ体重が落ちないのかは、明白ではなく、理由を説明するのが難しいケースが多いものです。

しかし、時折「昨日の夕食を軽くしたから、今朝は体重が軽い」とか、「先週は三回運動を下から、今週は体が軽いのだ」など、体重が減った理由を「端的」に説明できます。

「端的」を使った例文2

「婚活で自分の恋愛観を『端的』に説明する」

この例文のように、婚活を始めた人がいるかもしれません。

結婚を真剣に考える人が集まる場では、自分の恋愛観や結婚観を明らかにする必要があります。

また婚活で異性と話せる時間はそれほど多くないケースがあるため、できるだけ余計な話をせず、明白な恋愛観や結婚観だけを話す必要があるかもしれません。

どのような結婚生活がしたくて、そのためには、どのような異性と恋愛したいのかを、手短に明白に伝えると、自分にぴったりのパートナーと出会える確率が高くなるでしょう。

「端的」の類語や類似表現や似た言葉

「端的」の類語や類似表現を紹介します。

「端的」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「画然」
  • 「隠れもない」
  • 「手に取るよう」

「画然」

「画然」「かくぜん」と読みます。

「画然」には、「一線を引いたように、区別がはっきりしている様子」という意味があります。

「両者の違いは、画然としている」という場合は、「両者は一線を引いたように、違いがはっきりしている」という意味になります。

「隠れもない」

「隠れもない」には、「周知である」という意味があります。

「隠れもない事実」という場合は、「誰でも知っている事実だ」という意味があります。

例えば、「私達が付き合っているのは、隠れもないことだ」などと、交際していることを堂々と宣言する時に使う音ができます。

「手に取るよう」

「手に取るよう」という言葉があります。

「手に取るよう」には、「様子などが、非常に近いものとして、はっきり感じられる」という意味があります。

「彼女の考え方が、手に取るようにわかる」という場合は、彼女が考えていることが、非常に近いものとして、はっきりと感じられる」という意味があります。

親と子供や、恋人同士、友達や幼なじみなどは、相手の気持ちを「手に取るよう」に理解でいるでしょう。



「端的」の反対語

最後に「端的」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「端的」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「不明瞭」
  • 「不鮮明」
  • 「ぼんやり」
  • 「漠然」

「不明瞭」

「不明瞭」には、「物事がはっきりしないこと」という意味があります。

例えば「不明瞭な英語の発音」という場合は、英語の発音がはっきりしないこと、という意味になります。

また「不明瞭な意見」は、「はっきりしない意見」という意味になります。

ラジオなどを聞いていて、聞き取りにくいはっきりしない音声が聞こえてきた時は、「ラジオの音声が不明瞭」などと言います。

「不鮮明」

「不鮮明」は、「表だってはっきりしない様子」という意味があります。

「テレビの画像が不鮮明」という場合は、テレビの画像がはっきりしないという意味があります。

また会社に派閥がある時に、どの派閥に入ろうとしているのか、態度がはっきりしない人がいます。

このような人は、「態度が不鮮明だ」などと警戒されてしまうかもしれません。

「ぼんやり」

「ぼんやり」には、「薄れてはっきりしない」という意味があります。

例えばはっきりと記憶していた思い出が、時間の経過とともに薄れて、はっきりしなくなったという経験は、誰にでもあるでしょう。

この時、「思い出がぼんやりした」などと言います。

また何を考えているでもなく、縁側などでボーっとしている時、「ぼんやりしている」と言います。

「漠然」

「漠然」には、「とりとめなくはっきりしない様子」という意味があります。

「漠然と話をする」という場合は、とりとめとなく、はっきりしない話をする様子を言います。

「漠然とした記憶」には、はっきりとしない記憶という意味があります。

icon まとめ

「端的」という言葉について見てきました。

会議中などに、脱線をしたり、本筋から外れる事無く、無駄を省いた要点だけを話せる人がいます。

このような人の話しぶりを「端的に話せる」と評価してみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。