意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「王者の風格」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、「王者の風格」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉を耳にするだけで、圧倒的な雰囲気を感じてしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、この「王者の風格」について説明をしていくことにします。

王者の風格

Meaning-Book
「王者の風格」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「王者の風格」とは?
  • 「王者の風格」の表現の使い方
  • 「王者の風格」が花言葉にある花
  • 「王者の風格」を使った例文と意味を解釈
  • 「王者の風格」の類語や類義語・言い換え


「王者の風格」とは?

「王者の風格」とは、「王のように威厳に満ち溢れて、気高さを感じさせるような品格」のことを意味している言葉です。

  • 「王者の風格」の読み方

「王者の風格」の読み方

「王者の風格」「おうじゃのふうかく」という読み方になります。



「王者の風格」の表現の使い方

「王者の風格」が使われる場面としては、側にいるだけで、圧倒されてしまうようなエネルギッシュなパワーを持った人を指す時に使われることが多いです。

「王者の風格」を備えた人は、何も話を交わさずとも、その雰囲気でこちらが負けてしまうような目に見えないパワーがあります。

見るだけて、近くにいるだけで、その力に押し負けてしまうことになったり、あるいは気高い品格に頭を下げてしまう魅力さえあるのです。

「王者の風格」が花言葉にある花

「王者の風格」と言うと、実は花言葉にも見ることができるのですが、この言葉を花言葉としてあるのが、「牡丹(ボタン)の花」で、力強い存在感と鮮やかな魅力がある花です。

「王者の風格」という花言葉が生まれた所以は諸説あるのですが、「牡丹」「牡」に語源がありそうです。

唐時代には、「花王」「百花王」と呼ばれていた「牡丹」なとですが、ここから派生しできた可能性があるという見方があります。



「王者の風格」を使った例文と意味を解釈

ここで「王者の風格」を使った例文を見ていくことにしますので、ここから活用法をシーンをイメージしてください。

  • 「王者の風格」を使った例文1
  • 「王者の風格」を使った例文2

「王者の風格」を使った例文1

「彼は長い旅を通じてたくましく成長し、て、王者の風格を備えていったのです」

旅は人を大きくたくましく成長させてくれます。

数多くの人との出会い、経験を通じて成長していくものです。

この例文の彼もそのような経験を積んで「王者の風格」を備えて行ったに違いありません。

「王者の風格」を使った例文2

「冷酷なまでに感じられる我が国の独裁者は、王者の風格すら漂よわせて誰も反逆ののろしを上げることができない」

やはり「王者の風格」を身にまとっている相手に対しては、反逆の行動も取ることができないのかもしれません。

単なる権力の亡者であれば、いつかは反対勢力に駆逐されることになりそうですが、「王者の風格」を持った相手では、容易く攻めることができないのでしょう。

「王者の風格」の類語や類義語・言い換え

「王者の風格」の類義語としては、次のような言葉があります。

  • 「王者の貫」
  • 「チャンピオンのオーラ」
  • 「強烈な存在感」

「王者の貫」

「貫禄」とは「元々身に備わっている威厳」「身体から感じられる、重みや立派さ」という意味があることから、「王者の貫禄」とは、「元々備わっていた王者としての威厳」と解釈することができます。

「チャンピオンのオーラ」

「オーラ」とは、身体を包む「気」のようなものですが、「チャンピオンのオーラ」となると、「王者として目に見えない気をまとっている人」という理解ができるでしょう。

「強烈な存在感」

「強烈」とは「力、作用、刺激が強く激しい」という意味があり、「存在感」とは「独特の持ち味で、その人が紛れもなくそこにいると思わせる感覚」ということを指しています。

そのことから、「強烈な存在感」とは、「インパクトの強い存在感」という解釈ができるでしょう。

icon まとめ

「王者の風格」を備えている人は、言葉では言い表すことができないパワーと人を惹き付ける魅力があります。

このような人が自分の身近な所にいたのなら、その力にすぐに取り込まれてしまうことでしょう。