意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「しょっぱい」とは?意味や使い方!例文や解釈

「しょっぱい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「しょっぱい」という言葉を使った例文や、「しょっぱい」の類語を紹介して行きます。

しょっぱい

Meaning-Book
「しょっぱい」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「しょっぱい」とは?
  • 「しょっぱい」を使った言葉と解釈
  • 「しょっぱい」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「しょっぱい」を使った例文や短文など


「しょっぱい」とは?

みなさんは「しょっぱい」という言葉を知っているでしょうか。

「しょっぱいおかず」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「しょっぱい」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「しょっぱい」という言葉の意味を紹介します。

  • 「しょっぱい」の「塩辛い」の意味
  • 「しょっぱい」の「けち」の意味
  • 「しょっぱい」の「残念」な意味

「しょっぱい」の「塩辛い」の意味

「しょっぱい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「しょっぱい」には、まず「塩辛い」という意味があります。

「塩分が多く、辛く感じること」「しょっぱい」と言います。

「しょっぱいスープ」は、スープの塩分が多く、塩辛いという意味があります。

「しょっぱい」の「けち」の意味

「しょっぱい」には、「けち」という意味があります。

例えば、市場で料金を交渉する時、思い通りに値が下がらないと「しょっぱい店だな」などと言うことがあります。

このような時は、「けちな店だな」と言っているのと同じ意味になります。

逆に、市場などを開いていても、お客の財布のひもが固くて、売り上げが良くない時は、「今日の客はしょっぱいな」などと言います。

「けちな客が多いな」という意味になります。

「しょっぱい」の「残念」な意味

最近よく使われるのが、「しょっぱいゲーム」などという「しょっぱい」の使われ方です。

例えば野球を見に行った時、特に投手が好投しているわけでもないのに、打者が打ち損じて点が入らず、盛り上がりに欠けたまま試合が終わってしまった時、「残念な試合」「つまらない試合」という意味で、「しょっぱいゲーム」などと言います。

このように「しょっぱい」には「つまらない」「残念」などの意味があります。

他にも「しょっぱい様子」などという言葉で、「困惑や嫌悪を表情や動きに出している様子」という意味があります。

塩をなめた時のような、苦い顔をした時などに「しょっぱい」という言葉を使います。



「しょっぱい」を使った言葉と解釈

続いて「しょっぱい」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「しょっぱい」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「しょっぱい料理」
  • 「しょっぱい顔」
  • 「しょっぱい試合」
  • 「しょっぱい人」

「しょっぱい料理」

「しょっぱい料理」は、「塩辛い料理」「塩分が多く、バランスが壊れている料理」という意味があります。

例えば大匙2杯が適量なのに、大匙4杯入れてしまったような時、「しょっぱい料理」になります。

「しょっぱい顔」

「しょっぱい顔」は、「塩をなめた後のように、しかめつらをした人の表情」という意味があります。

嫌なことを言われて、嫌悪感を示す人が、このような「しょっぱい顔」をすることがあります。

失礼なことを言われた瞬間は、笑顔のままでいる人も、その場を離れる瞬間に、「しょっぱい顔」になります。

「しょっぱい試合」

「しょっぱい試合」は、「つまらない試合」「見る価値がない試合」などの意味があります。

例えば相撲の試合で、すぐにはたき込みをして勝負がついてしまうような時、「しょっぱい試合」と言います。

また野球の試合で点が入らなかったり、見るべき攻防がない試合が「しょっぱい試合」になります。

期待を超えないような、あまり面白いと思えない試合は「しょっぱい試合」と言われます。

「しょっぱい人」

「しょっぱい人」という言い方をする時は、「けちな人」という意味が含まれます。

飲み会で金払いが悪い人などは、「あの人はしょっぱい人のため、飲み会に誘うのは避けよう」などと言われます。

「しょっぱい」の類語や類似表現や似た言葉

次に「しょっぱい」の類語や類似表現を紹介します。

「しょっぱい」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「辛い」
  • 「ぬるい」
  • 「けち」

「辛い」

「辛い」には、「舌やのどを刺激する味」という意味があり、トウガラシ料理などに使われる言葉です。

さらに「辛い」料理は「激辛料理」などと言われます。

「ぬるい」

「ぬるい」には、「適温よりも低い」という意味があります。

また「なまあたたかい」という意味があります。

「しょっぱい試合」と同様に、「ぬるい試合」という言葉があり、「なまぬるい試合」「締まらない試合」という意味で使われます。

「けち」

「けち」には、「むやみに金品を惜しむこと」という意味があります。

「けちな人」はむやみに金品を惜しむ人という意味になります。

また「粗末なこと」という意味もあり、「けちな考え」には、「粗末で、貧弱な考え」という意味があります。



「しょっぱい」を使った例文や短文など

「しょっぱい」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「しょっぱい」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「しょっぱい」を使った例文1
  • 「しょっぱい」を使った例文2

「しょっぱい」を使った例文1

「メインイベントを務めたのに、『しょっぱい』試合をして申し訳ない」

この例文は、ボクシングやプロレスなどの興業の、目玉の試合であるメインイベントを務めた人が、試合を振り返ったセリフになります。

「つまらない試合をしてしまい、観客や視聴者に申し訳ない」という意味があります。

ボクシングで、判定勝ちをしたチャンピオンなどが、このようなセリフを言うことがあります。

「しょっぱい」を使った例文2

「給料日前の客は『しょっぱい』と、飲食店の主人が言う」

この例文は、給料日前でお金がないお客さんは、あまり出費をしないと、飲食店の主人が行っている場面になります。

逆に給料日や、その翌日には、お客さんの金払いが良くなるため、儲けが出やすくなるでしょう。

お客の悪口を言うというより、そのような心構えで経営しないと、儲けが出ないため、「しょっぱい」という言葉を使います。

icon まとめ

「しょっぱい」という言葉について見てきました。

「しょっぱい」には、様々な意味があるため、使いこなせるようになると、コミュニケーション能力が上がるかもしれません。