意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「おつむが弱い」とは?意味や類語!表現の使い方

「おつむが弱い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「おつむが弱い」という言葉を使った例文や、「おつむが弱い」の類語を紹介して行きます。

おつむが弱い

Meaning-Book
「おつむが弱い」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「おつむが弱い」とは?
  • 「おつむが弱い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「おつむが弱い」を使った例文や短文など


「おつむが弱い」とは?

みなさんは「おつむが弱い」という言葉を知っているでしょうか。

「おつむが弱い」と聞いて、誰かの顔が浮かんだ人もいるかもしれません。

一方で、「おつむが弱い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「おつむが弱い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「おつむ」の意味と語源
  • 「おつむが弱い」の意味

「おつむ」の意味と語源

「おつむが弱い」「おつむ」には、どのような意味があるでしょうか。

「おつむ」には「頭」という意味があります。

そもそも「おつむ」「おつむり」という言葉を略した言葉です。

「つむり」「つぶり」、つまり「粒」のように「丸くて小さいもの」という意味があります。

そのため幼児の頭などを「つむり」と呼び、「おつむ」「頭」を意味するようになりました。

「おつむが弱い」の意味

「おつむが弱い」という言葉の意味を紹介します。

「おつむが弱い」には、「頭が悪い」という意味があります。

「知能的な能力が劣っている」「理解力がない」などの意味があります。

何度説明しても、意味を理解してくれない人や、話が通じない人がいると、「頭が悪い」「理解力がない」と思い、「おつむが弱い」と思ってしまうかもしれません。

このように「おつむが弱い」には、「頭が悪い」「理解力がない」などの意味があります。



「おつむが弱い」の類語や類似表現や似た言葉

「おつむが弱い」の類語や類似表現を紹介します。

「おつむが弱い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「バカ」
  • 「アンポンタン」

「バカ」

「バカ」は漢字で書くと、「馬鹿」になります。

「バカ」には、「知能が劣り愚かなこと」「愚かな人」という意味があります。

また社会的な常識が欠けている人に対しても「バカ」ということがあります。

「アンポンタン」

「アンポンタン」には、「アホ」「バカ」などの意味があります。

「アンポンタン」は、「阿呆(あほ)」に、愚か者を意味する「だらすけ」が付いてできた、「あほんだら」ということが転じた言葉とされています。

「おつむが弱い」を使った例文や短文など

「おつむが弱い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「おつむが弱い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「おつむが弱い」を使った例文1
  • 「おつむが弱い」を使った例文2

「おつむが弱い」を使った例文1

「何度も同じミスをすると、『おつむが弱い』と思われる」

この例文のように、仕事中に同じミスを繰り返すと、バカだと思われてしまうと心配になるかもしれません。

心無い先輩などは「お前、おつむが弱いのか」などと言ってくるかもしれません。

ミスを繰り返さないよう、落ち着いてミスの原因を振り返り、対策を取りましょう。

「おつむが弱い」を使った例文2

「私の彼氏は、少し『おつむが弱い』かもしれないが、いい人だ」

この例文は、彼女が彼氏のことを、少しバカなところもあるが、いい人だと言っている場面を文章にしたものです。

少し理解力が足りなかったり、知性が足りないものの、性格が良く優しい人なので、彼氏として満足している様子がうかがえます。

また本当は知性があり、生活力が高い人が、頭の悪いふりをしている可能性もあります。



icon まとめ

「おつむが弱い」という言葉について見てきました。

誰かに対して「おつむが弱い」と言うのは、「バカ」と言っているのと同じ意味になるため、使い方に注意しましょう。