意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「穿った見方」とは?意味や類語!表現の使い方

「穿った見方」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「穿った見方」という言葉を使った例文や、「穿った見方」の誤解について紹介して行きます。

穿った見方

Meaning-Book
「穿った見方」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「穿った見方」とは?
  • 「穿った」の誤解
  • 「穿った見方」を使った例文や短文など


「穿った見方」とは?

「穿った見方」という言葉を知っているでしょうか。

「君は穿った見方をする人だ」などと言われた経験があるかもしれません。

一方で、「穿った見方」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「穿った見方」という言葉の意味を紹介します。

  • 「穿った見方」の読み方
  • 「穿つ」の意味
  • 「穿った見方」の意味

「穿った見方」の読み方

「穿った見方」「うがったみかた」と読みます。

「穿った」「うがった」「見方」「みかた」と読みます。

「穿った」という言葉は、読むのが難しいかもしれません。

これを機会に「穿った見方」「うがったみかた」と読むようにしましょう。

「穿つ」の意味

「穿った見方」には、どのような意味があるでしょうか。

「穿った見方」「穿った」「穿つ(うがつ)」という言葉が元になっています。

「穿つ」には、「ここと思う場所に穴をあける」という意味があります。

また「突きぬく」という意味があります。

そのため、「山を穿つ」という場合は、山のここぞと思う場所に穴をあける」という意味があります。

「穿った見方」の意味

また「穿つ」には、「人間の機微などを的確に捉える」という意味もあります。

そのため、「穿った見方」には、「人間の機微などを的確に捉えた見方」という意味があります。

人間の本質を捉えたような、素晴らしい見方、恐ろしい見方という意味があります。

そのため誰かに「穿った見方ができる人」と言われた場合は、褒められたと感じていいでしょう。



「穿った」の誤解

「穿った見方」のように「穿った」という言葉が誤解され使われているケースがあります。

例えば、「穿った見方」には、「人を疑い過ぎる、誤った見方」「考えすぎて、本質を見失った様子」などの意味があると、考えている人がいます。

しかし「穿った見方」には、人間の機微などを的確に捉えた見方という意味があり、こちらが正解です。

なぜこのような誤解があるかといえば、「穿ち過ぎ」という言葉があるためでしょう。

「穿ち過ぎ」には、人の機微などを的確に捉えたいと思うあまり、事実から外れることという意味があります。

「穿った見方」の意味を誤解している人は、「穿ち過ぎの見方」と混同していると考えられます。

本来「穿った見方」には、ポジティブな意味があることを知っておきましょう。

「穿った見方」を使った例文や短文など

最後に「穿った見方」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「穿った見方」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「穿った見方」を使った例文1
  • 「穿った見方」を使った例文2

「穿った見方」を使った例文1

「A君は、B君が本当は仕事が好きだというが、それは『穿った見方』だ」

この例文に登場するB君は、普段それほど仕事に燃えていないよう見せているのでしょう。

しかし、A君はよくB君のことを見ていて、「本当は仕事が好きだ」というB君の本質を捉えています。

このように表面的でなく、本質を突いた見方に対して、「穿った見方」という言葉を使います。

「穿った見方」を使った例文2

「『穿った見方』をすると、他の人が怖がってしまう」

この例文のように、いつも人の機微を読み、本質を捉えた見方ばかりしていると、他の人に少し怖がられる可能性があります。

自分を丸裸にされているような気持ちになり、落ち着かないのかもしれません。

「穿った見方」をしながら、それをすぐに伝えるのではなく、大切なポイントだけ伝えるようにしましょう。



icon まとめ

「穿った見方」という言葉について見てきました。

「穿った見方」は、ほとんどの人が、意味を取り違えているとされています。

これを機会に「穿った見方」「人間の機微を捉えた的確な見方」という意味だと知っておきましょう。