意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実績が多い」とは?意味や類語!表現の使い方

実績が多い、という表現を知っているでしょうか。

職場などでは実績の多い人こそ信頼される傾向にあります。

それならば、実績が多いという表現はどのような意味を持つのでしょうか。

実績が多い

Meaning-Book
「実績が多い」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「実績が多い」とは?意味
  • 「実績が多い」の表現の使い方
  • 「実績が多い」の英語と解釈
  • 「実績が多い」を使った例文と意味を解釈
  • 「実績が多い」の類語や類義語・言い換え


「実績が多い」とは?意味

実績が多い、という表現は実績を多く持っているという意味で使われます。

実績という表現は実際にやり遂げた成果や業績を指しており、実際にやり遂げた成果や業績が多い状態を実績が多い、と表します。

例えば、様々なプロジェクトに関わってそのような仕事を成功させてきた人は実績が多いと評価され、周りからも信頼されるでしょう。

実績の「績」「積」ではありませんので注意が必要です。

実積と表記してしまうと、それは実際の面積という意味になります。

  • 「実績が多い」の読み方

「実績が多い」の読み方

実績が多いという表現は「じっせきがおおい」読みます。

読み方よりも漢字の方が複雑かもしれませんので、しっかりと覚えておきましょう。



「実績が多い」の表現の使い方

過去に様々な仕事を成功させてきた人に対し、実績が多いという表現を使うことがあります。

過去にそれなりに仕事を成功させてきた、特別多くの仕事を成功させてきたわけではないけれどそれなりに仕事をしてきた、という場合は実績があるという表現が使えます。

注目するべき成功談が多い人こそ、実績が多いと表せます。

「実績が多い」の英語と解釈

実績が多い meaning in english

実績が多い、という表現は“have sufficient results”“have been successful”などと言えます。

実績という表現であれば“achievement”“performance”などと訳せば良いでしょう。

「彼は実績が多い」ということであれば“He has sufficient results.”といえます。



「実績が多い」を使った例文と意味を解釈

ここでは実績が多いという表現を使った例文を紹介します。

  • 「実績が多い」を使った例文1
  • 「実績が多い」を使った例文2

「実績が多い」を使った例文1

「父は実績が多く、同僚から信頼されている」

過去に様々な仕事を成功させてきた人は、周りからも信頼される傾向にあります。

特にピンチを作ってきたなどという実績を持つ人は、いざという時に頼りにされるでしょう。

ビジネスマンとしてそれなりに実績を積み重ねてくれば、昇進等も夢ではなくなります。

「実績が多い」を使った例文2

「彼女は芸術家として実績が多い」

実績が多いという表現は芸術家などに対しても使えます。

例えば画家であれば、様々なコンクールで入賞している、実際に絵画が高く売れる、などという人は実績が多いといえます。

無名の人よりも、様々な人に知られている芸術家の方が、実績が多いと考えられます。

「実績が多い」の類語や類義語・言い換え

ここでは実績が多いという表現の類義語を紹介します。

  • 「功績がある」
  • 「成功している」
  • 「大きく貢献する」

「功績がある」

功績がある、という表現はその業界で有益な働きをして評価されている、偉大な、という意味になります。

功績というのはあることを成し遂げた手柄や優れた働き、成果を指しています。

「成功している」

成功している、という表現は実際に成功をさせている、成功を遂げている、という意味になります。

成功というのは日常的にも使われる言葉ですが、計画等がうまくいって目標が達成できた、社会的に行って以上の地位を得た、などということを指しています。

「大きく貢献する」

大きく貢献する、という表現は人から称賛されるような物事を成し遂げる、成果を挙げる、という意味になります。

仕事で大きく貢献すると周りからも大きく信頼されるでしょう。

icon まとめ

実績が多いという表現は社会的にもよく使われる言い回しです。

仕事をするならば、ぜひ実績を多く残して貢献していきたいですね。