意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実績を積む」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「実績を積む」の意味や類語を紹介します。

さらに「実績を積む」の使い方や「実績を積む」を使った例文を紹介して行きます。

実績を積む

Meaning-Book
「実績を積む」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「実績を積む」の意味とは?
  • 「実績を積む」と「経験を積む」の違い
  • 「実績を積む」の言葉の使い方
  • 「実績を積む」を使った例文
  • 「実績を積む」ための方法


「実績を積む」の意味とは?

「実績を積む」という言葉を耳にした事があるでしょうか。

社会人になって久しい人なら、「実績を積む」という言葉は耳なじみのある言葉ではないでしょうか。

大人になると何をするにも「実績を積む」事が大切になります。

そのため「実績を積む」という言葉は、聞き流せない重い言葉に聞こえているかもしれません。

一方でまだ若い人の中には「実績を積む」という言葉の意味を知らない人もいるでしょう。

そこで、大人になったら大切な言葉になる、「実績を積む」の読み方や意味を紹介します。

  • 「実績を積む」の読み方
  • 「実績を積む」の意味

「実績を積む」の読み方

「実績を積む」「じっせきをつむ」と読みます。

読み間違える人が少ない言葉ですから、なおさら読み間違いがないようにきちんと覚えておきましょう。

「実績を積む」の意味

「実績を積む」にはどのような意味があるでしょうか。

「実績を積む」には、「実際に示した功績や成功を積み上げる」という意味があります。

社会人になると口だけではなく、実際に何を成し遂げたのかが、自分をアピールするために重要になります。

「実績を積む」には、仕事などを通じて功績を上げたり、成功を成し遂げる事、さらにそれをいくつも積み上げる事という意味があります。

例えば目立った成功や功績が5個以上ある人は、出世する権利を持つというような、人事査定を取っている会社もあるかもしれません。

どんなに口先での自己アピールが上手でも、「実績を積む」事に比べれば、アピール度が弱くなります。

このように「実績を積む」という言葉には、「実際に示した功績や成功を積み上げる」という意味があります。



「実績を積む」と「経験を積む」の違い

「実績を積む」と似た意味の言葉に「経験を積む」という言葉があります。

どちらかといえば、「経験を積む」という言葉の方が知られていると思います。

「経験を積む」という言葉には、「とにかくどんな経験でもしてみる」という意味が含まれています。

嫌な経験も良い経験も、どのような経験も自分を鍛えてくれますし、成長するきっかけを与えてくれるからです。

ただし「経験を積む」事と「実績を積む」事はイコールではありません。

「経験を積む」事で、功績を上げたり仕事で成功する可能性は高くなりますが、ただ「経験を積む」だけでは、大きなアピールにはなりません。

あくまで「経験を積む」のは成長や勉強のためで、「実績を積む」とは別の次元になります。

「経験を積み」実力をつけたら、「実績を積む」段階に移るようにしましょう。

「実績を積む」の言葉の使い方

「実績を積む」という言葉はどのような場面で使えばいいでしょうか。

「実績を積む」には「実際に示した功績や成功を積み上げる」という意味があります。

このような必要がある人、または功績や成功を積み上げたと思える人に、「実績を積む」という言葉を掛けてみましょう。

まず「実績を積む」必要がある人は、「実績がない人」という事になります。

新人社員や、あまり仕事に真剣でない人に対して「実績を積む」事の大切さを教えたい時に、「実績を積む」という言葉を使う事になるでしょう。

また仕事で大きな成果を出して、今まさに「実績を積む」事ができたと感じる人に、「実績を積む」事ができた事をお祝いする意味で声を掛けるかもしれません。

このように「実績を積む」という言葉は、「実績を積む」必要がある人、または今まさに「実績を積む」事ができた人に使ってみましょう。



「実績を積む」を使った例文

「実績を積む」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

どのような場面で「実績を積む」という言葉を使えばいいかが見えてくるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

ビジネスシーンで「実績を積む」を使った例文を紹介します。

「新人だから、まだ『実績を積む』よりも、『経験を積む』方が大切だ。

どんどん現場に出て仕事に慣れろ」
「お前は優秀だが、実績が足りない。

今日から『実績を積む』事だけを考えて仕事をしろ。

そうすれば来年は課長に昇進しているはずだ」
「いくら良い大学を卒業していても、『実績を積む』事をしてこなかったから、万年平社員のままだ」などです。

社会人になってしばらくの間は、仕事に慣れる事で精一杯ですが、その後は「実績を積む」事も考える必要があります。

特に出世を目指す人にとって、「実績を積む」事は大切になるでしょう。

例文2

夢を持って頑張っている人の「実績を積む」を使った例文を紹介します。

「プロのダンサーになるためには、ダンスの仕事をしたという『実績を積む』事が大切だ。

どんなに安い仕事でも引き受けて頑張ってみよう」
「映画監督になるために、映画賞に応募して賞を取るなどの『実績を積む』事が必要だ。

まずは助監督として修行をしながら、新人賞に応募をするための脚本を書こう」
などです。

大きな夢を成功させるためにも、「実績を積む」事が大切です。

小さな実績が、次の実績を積むきっかけになるかもしれません。

例文3

その他の場面での「実績を積む」を使った例文を紹介します。

「同棲をして、自分が旦那にふさわしいという『実績を積む』事ができたはずだから、次のプロポーズは成功するはずだ」「良い旦那としての『実績を積んだ』俺だから、妻からもう少し良い扱いを受けてもいいはずだ」「毎日家事の手伝いをしたり、子育てに協力するなどの『実績を積んだ』から、週末のゴルフくらいは許してもらえるだろう」という感じです。

どのような場面でも「実績を積む」事の大切さは変わりません。

「実績を積む」ための方法

最後に「実績を積む」ための方法を紹介します。

どのようにすると「実績を積む」事ができるのか、そのためのヒントにしてみましょう。

  • 「どんな仕事でもやる」
  • 「声を掛けやすい人になる」
  • 「無料でもやる」

「どんな仕事でもやる」

仕事を選んでいる人は、実績を残す事が難しい人かもしれません。

どんな仕事でもするようにしていると、自分に合った仕事と出会う可能性が高くなります。

思わぬ仕事が大きな成功につながり、「実績を積む」事になるかもしれません。

「声を掛けやすい人になる」

「実績を積む」ためには、たくさんの人から声を掛けてもらう必要があります。

そのためには「声を掛けやすい人になる」事が大切です。

気さくで扱いやすい性格があり、社交的で実力があるなど、「声を掛けやすい人になる」ためにはいくつかの要素をクリアする必要があります。

上司や仕事相手の近くにいつもいるという、物理的な近さも大切です。

「無料でもやる」

無料の仕事はできればやりたくないでしょう。

しかしその仕事を通じて成長できると思ったり、無料でもやってみたいと思ったら、「無料でもやる」という選択肢があります。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、無料でもしてみたいと思う仕事なら、大きな成果を上げやすいかもしれません。

結果的に「実績を積む」事につながり、最終的に大きな利益を生み出すかもしれません。

icon まとめ

「実績を積む」という言葉の意味や使い方を見てきました。

社会人になると「実績を積む」という事がとても大切になります。

また「実績を積む」という行為が、仕事を続けて行くためのモチベーションになるかもしれません。

社会人生活を通じてたくさん経験を積み、実力を養ったと思ったら、「実績を積む」段階に移ってみましょう。