意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実績を残す」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「実績を残す」の意味や類語を紹介します。

さらに「実績を残す」の使い方や、「実績を残す」を使った例文を紹介します。

実績を残す

Meaning-Book
「実績を残す」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「実績を残す」の意味とは?
  • 「実績を残す」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「実績を残す」の言葉の使い方
  • 「実績を残す」を使った例文
  • 「実績を残す」ために必要な事


「実績を残す」の意味とは?

みなさんは「実績を残す」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

社会に出て仕事を始めている人なら、何度となく聞いたことがあると思います。

特に仕事に慣れて一人前になってきた頃に、「実績を残す」という言葉を意識するようになります。

一方で、「実績を残す」という言葉を聞いたことがないという人もいるでしょう。

そのような人も、知っておくと将来役に立つのが「実績を残す」という言葉です。

そこで、仕事をする上で重要な言葉「実績を残す」の読み方や意味を紹介します。

  • 「実績を残す」の読み方
  • 「実績を残す」の意味

「実績を残す」の読み方

「実績を残す」は、「じっせきをのこす」と読みます。

「実績」「じっせき」と読みます。

また「実績」「績」は、「成績」「績」です。

「面積」「積」と間違える人が多いので注意が必要です。

ちなみに「実積」という言葉もあり、この場合は、「実際の面積」という意味になります。

「実績を残す」の意味

「実績を残す」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「実積」には「実際に上げた成績」という意味があります。

また「残す」には、「一部をそのまま後に留める」という意味や「ためる」という意味があります。

そのため「実績を残す」という言葉には、「実際に上げた成績を残す」「成績をためる」という意味があります。

例えば甲子園で活躍したルーキーが、鳴り物入りでプロ野球チームに入団する事があります。

当然、球団もファンもこのルーキーに期待するでしょう。

しかし、何年経っても成績を残せない場合は、鳴り物入りのルーキーも戦力外になってしまいます。

なぜなら「実積を残す」事ができなかったからです。

このように「実績を残す」という言葉には、「実際に上げた成績を残す」と言う意味があります。



「実績を残す」の類語や言い換え・似た言葉

続いて、「実績を残す」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と「実績を残す」は言い換えられるのでしょうか。

似た意味の言葉を見る事で、「実績を残す」の意味が理解しやすくなるでしょう。

  • 「手柄を立てる」
  • 「立派な働きをする」
  • 「功績を残す」

「手柄を立てる」

「手柄を立てる」には、「褒められるような立派な働きをする」という意味があります。

例えば、偶然みつけたコソ泥を逮捕する事に協力できたら、「手柄を立てる」事になります。

仕事でも大口の契約を取るなど、褒められるような活躍をした人は「手柄を立てる」事に成功した事になります。

「立派な働きをする」

「立派な働きをする」には、「手柄や功績を上げる」という意味があります。

ビジネスシーンで良く使われる言葉で、プロジェクトが成功した時、良い商談ができた時に、MVP級の活躍をしたメンバーが「立派な働きをしたね」と言われます。

「功績を残す」

「功績を残す」には、「褒められるべき立派な働きをした」という意味があります。

「手柄」も同じような意味がありますが、「手柄」には一時的な感じがあり、逆に「功績」ずっと讃えられるような永続感があります。

できれば一時的な手柄ではなく、功績と呼ばれるような、素晴らしい働きをしたいものです。

「実績を残す」の言葉の使い方

「実績を残す」はどのような場面で使えばいいでしょうか。

「実績を残す」には「実際に上げた成績を残す」という意味があります。

そのため、成績を残した人を見た時、さらには成績を上げる必要がある人に対して、「実績を残す」という言葉を使う事ができます。

例えば大きなプロジェクトを成功させた人を見たら、「○○さんは、『実績を残す』事ができた」と言う事ができます。

一方で成果を残せていないために出世ができない人を見たら、「○○さんが出世するためには、『実績を残す』事が必要だ」と言う事ができます。

このように「実績を残す」という言葉は、成績を上げた人に対して、さらに成績を上げる必要がある人に対して使う事ができます。



「実績を残す」を使った例文

「実績を残す」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「実績を残す」を使った例文を見る事で、「実績を残す」の意味や使い方がより深く見えてくるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「実績を残す」を使った例文を紹介します。

「彼は去年の大きな契約を成立させた立役者の一人だ。

あの仕事で『実績を残した』事で、課長に昇進した」
「君の真面目な仕事ぶりは、社内でも評判だ。

出世するために足りないのは、『実績を残す』事だ」
「これから始まる仕事で結果を出す事ができれば、ようやく私も『実績を残す』事ができる。

大きな仕事を任されるようになるかもしれない」
などです。

仕事の現場では、働き方や態度も大切ですが、なんだかんだで「実績を残す」人が偉いという面もあります。

仕事に慣れて一人前の社会人になったら、「実績を残す」事に集中してみましょう。

例文2

その他の場面における「実績を残す」を使った例文を紹介します。

「○○監督が、大作映画を撮る事になった。

インディーズ作品の監督が多かったが、昨年国際的な映画賞を受賞して『実績を残した』事が、この作品につながった」
「お笑い芸人として『実績を残す』には、賞レースで優勝するしかない。

年末の大会を勝つ事が、私の目標だ」
などです。

芸能の世界でも、「実績を残す」事が、その後の道を大きく変える事になります。

中には一夜で大きな「実積を残し」無名だった芸能人が、スターになる事もあります。

「実績を残す」ために必要な事

最後に「実績を残す」ために必要な事を紹介します。

仕事に対する取り組み方を変えれば、すぐに「実績を残す」事ができるかもしれません。

  • 健康的な生活をする
  • 仕事前に準備をする
  • 人脈を広げる

健康的な生活をする

「実績を残す」ためには、まず健康的な生活をする事が大切です。

身体の調子が悪かったり、寝不足が続いていたりする人が、継続的に良い仕事をする事は難しいからです。

規則正しい生活をする事、時間外労働を少なくする事、お酒の飲み過ぎを控える事などが重要になります。

また適度な運動をして、成人病のリスクを避ける事も大切です。

飲み会に使っていた時間を、睡眠時間や運動する時間に充てるようにしましょう。

仕事前に準備をする

仕事を始める前に、準備を済ませておく事が、「実績を残す」ためには重要です。

毎朝、始業時間の前に、タスク管理やメールチェックなどを済ませておき、仕事が始まったら重要な仕事から取り掛かれるように準備をしておきましょう。

健康的な生活を送るためにも、タスク管理をし、残業せずに済ませる事が大切です。

また日曜日の夜か月曜日の早朝に、一週間のスケジュールを確かめて、週単位で仕事を管理する事も大切です。

人脈を広げる

「実績を残す」のは、自分一人では難しいでしょう。

たくさんの人と協力する事ができる人が、大きな仕事をする事ができる人です。

あなたに仕事を振ってくれる人、新しい仕事の仕方を教えてくれる人などと積極的に付き合う事にしましょう。

年齢を重ねるごとに「人脈を広げる」事ができたら、「実績を残す」準備は整っていると言えそうです。

icon まとめ

「実績を残す」の意味や使い方を見てきました。

どのような仕事をしていても、スポーツをしていても、どこかで「実績を残す」事が大切になります。

仕事に慣れて余裕が出てきたら、「実績を残す」事に照準を合わせて、それをモチベーションにしてみるのも良いでしょう。