意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「起こり得る」とは?意味や使い方!例文や解釈

「起こり得る」とは、「ある物事が起こる可能性がある・発生する可能性がある」ことを意味する言葉です。

「起こり得る」「意味・読み方・分解した解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

起こり得る

Meaning-Book
「起こり得る」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「起こり得る」とは?
  • 「起こり得る」の表現の使い方
  • 「起こり得る」の類語や類似表現や言い換え
  • 「起こり得る」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「起こり得る」の反対語
  • 「起こり得る」の英語と解釈


「起こり得る」とは?

「起こり得る」という言葉は、「ある物事が起こる可能性がある」「あるリスク(問題)が発生する可能性がある」ということを意味しています。

「起こり得る」というのは、「ある物事・出来事・リスク(問題)などの発生確率が少なからずあること」を意味しているのです。

発生する確率がゼロであると推測できる場合には、「起こり得る」という言葉は使うことができません。

  • 「起こり得る」の読み方
  • 「起こり得る」を分解して解釈

「起こり得る」の読み方

「起こり得る」の読み方は、「おこりうる」あるいは「おこりえる」になります。

「おこりうる」は文語体(書き言葉)の「得る(うる)」にちなんだ読み方で、現在でもこちらの読み方の方がやや優勢になっています。

「おこりえる」は口語体の「得る(える)」にちなんだ読み方で、より現代語的な語感のある読み方になりますが、どちらの読み方をしても間違いではありません。

「起こり得る」を分解して解釈

「起こり得る」の言葉を、「起こる(おこる)・起こりは起こるの連用形」「得る(うる・える)」に分解してそれぞれの意味を解釈します。

「起こる」という言葉は、「ある物事が起こること・生じること」「ある問題(トラブル)が発生すること」を意味しています。

「得る」という言葉には「手に入れる・獲得する」の意味もありますが、動詞の連用形に付いて「〜することができる、〜が可能である」ということを意味します。

「起こり+得る=起こり得る」で、「ある物事が起こる可能性がある」「ある出来事(リスク)が発生するかもしれない」ということを意味しているのです。



「起こり得る」の表現の使い方

「起こり得る」の表現の使い方は、「ある物事が起こる可能性がある場合」「あるリスク(問題)が発生するかもしれない時」に使うという使い方になります。

ある物事・問題の発生確率が少しでもある場合に使うことができるのです。

例えば、「台風の通過で起こり得る被害に対する予防策を立てておかなければいけない」「起立困難は頚椎損傷で起こり得る障害です」といった文章で、「起こり得る」という言葉を正しく使用することができます。

「起こり得る」の類語や類似表現や言い換え

「起こり得る」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「有り得る・起こる可能性がある」
  • 「発生確率がある・生じかねない」
  • 「ポテンシャルがある・実現可能性がある」

「有り得る・起こる可能性がある」

「起こり得る」の類語・言い換えとして、「有り得る・起こる可能性がある」があります。

「有り得る」というのは、「ある物事が起こり得ること・実現可能性があること」を意味する言葉です。

「起こる可能性がある」という言葉は、「その物事が生じる可能性がゼロではない」を意味しています。

それらの意味合いから、「起こり得る」の表現は「有り得る・起こる可能性がある」という表現に言い換えることができるのです。

「発生確率がある・生じかねない」

「起こり得る」の類似表現・言い換えとして、「発生確率がある・生じかねない」があります。

「起こり得る」という言葉は、「ある物事が実際に生じかねない可能性があること」「ある出来事の発生確率がゼロではなく、ある程度の確率の高さがあること」を意味しています。

それらの意味合いから、「起こり得る」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「発生確率がある・生じかねない」という言葉を指摘することができます。

「ポテンシャルがある・実現可能性がある」

「起こり得る」の類語・言い換えとして、「ポテンシャルがある・実現可能性がある」があります。

「ポテンシャルがある」という言葉は、「その物事が潜在的に発生する可能性があること」を意味しています。

「実現可能性がある」というのは、「ある物事・目標が現実のものとなる確率が少なからずあること」を意味しています。

それらの意味合いから、「起こり得る」の言葉は、「ポテンシャルがある・実現可能性がある」という言葉に言い換えることが可能なのです。



「起こり得る」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「起こり得る」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「起こり得る」を使った例文1
  • 「起こり得る」を使った例文2

「起こり得る」を使った例文1

「超高齢化社会の到来によって起こり得る社会問題として、公的年金・医療保険の財源不足があります」

この「起こり得る」を使った例文は、「超高齢化社会の到来によって発生する可能性がある社会問題として、公的年金・医療保険の財源不足がある」ということを意味しています。

「起こり得る」を使った例文2

「夏休みの連休中に起こり得る子供たち(生徒たち)の色々な問題行動を考えていると、先生は頭が痛くなってきました」

この「起こり得る」を使った例文は、「夏休みの連休中に発生するかもしれない(発生確率が少なからずある)子供たち(生徒たち)の色々な問題行動を考えていると、先生は頭が痛くなってきた」ということを意味しています。

「起こり得る」の反対語

「起こり得る」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「起こり得ない」

「起こり得ない」

「起こり得る」のシンプルな反対語として、「起こり得ない(おこりえない)」を上げることができます。

「起こり得ない」という言葉の意味は、「ある物事・問題(トラブル)が発生する可能性がないこと」「ある出来事・リスクがまず絶対に生じないこと」を意味しています。

ある物事が発生する可能性があることを意味する「起こり得る」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「起こり得ない」を指摘することができるのです。

「起こり得る」の英語と解釈

起こり得る meaning in english

「起こり得る」の英語は、“can happen”(発生する可能性がある・起こり得る)や“can arise”(発生し得る・起こることがある)、“possible”(可能性がある・有り得る・起こり得る)といった英語で表現することができます。

  • “We have to take measures to every possible obstacle by natural disasters.”

“We have to take measures to every possible obstacle by natural disasters.”

「起こり得る」を使ったこの英語の例文は、「私たちは自然災害で起こり得るあらゆる障害に対して、対策を立てておかなければなりません」ということを意味しています。

icon まとめ

「起こり得る」という言葉について徹底的に解説しましたが、「起こり得る」には「起こる可能性がある・生じる可能性がある・発生するかもしれない」などの意味があります。

「起こり得る」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「有り得る・起こる可能性がある」「発生確率がある・生じかねない」「ポテンシャルがある・実現可能性がある」などがあります。

「起こり得る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。