意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内に秘める」とは?意味や類語!

「内に秘める」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「内に秘める」という言葉の理解を深めていきましょう。

内に秘める

Meaning-Book
「内に秘める」とは?意味や類語!>


目次

  • 「内に秘める」とは?意味
  • 「内に秘める」の表現の使い方
  • 「内に秘める」を使った言葉と意味を解釈
  • 「内に秘める」を使った例文と意味を解釈
  • 「内に秘める」の類語や言い換え


「内に秘める」とは?意味

自分の思っていること、しようとしていることなどを、誰にも言わないこと、自分の中に隠していることを言います。

  • 「内に秘める」の読み方

「内に秘める」の読み方

「内に秘める」と書いて「うちにひめる」と読みます。



「内に秘める」の表現の使い方

「内に秘める」とは、自分の思っていることを人に見せない、言わない時に使います。

気持ちを隠している、閉ざしている人のことも「内に秘めるタイプ」などと表現します。

「内に秘める」を使った言葉と意味を解釈

「内に秘める」を使った言葉の意味を見ていきましょう。

  • 「内に秘める情熱」
  • 「内に秘めた闘志」
  • 「内に秘めた表情」

「内に秘める情熱」

「内に秘める情熱」という言葉は、普段あまり感情や情熱を出さないけれど、実は内面は熱いものを持っているという意味で使います。

「内に秘める情熱は隠しきれない」「内に秘める情熱に誰も気づいてはいなかった」といったように使います。

「内に秘めた闘志」

「闘志」とは戦う意欲のことを言います。

それを表に出さない、隠しているということが「内に秘めた闘志」という言葉の意味です。

「内に秘めた闘志を今見せつける」「彼は内に秘めた闘志を、先輩にだけは見せる」などと言います。

「内に秘めた表情」

「内に秘めた表情」とは、何か考えていることがある、人には言えない事情があるといった時に使います。

「彼女は内に秘めた表情で、どこか落ち着きがなく見えた」「若いけれど内に秘めた表情のせいか大人っぽく見える」といった感じに使います。



「内に秘める」を使った例文と意味を解釈

「内に秘める」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてみてください。

  • 「内に秘める」を使った例文1
  • 「内に秘める」を使った例文2

「内に秘める」を使った例文1

「彼女はますます内に秘めるようになっていった」

自分の考え、思っていることを人に言わないタイプ、もしくは内向的になっていくことを「内に秘める」という言葉で言い表します。

「内に秘める」を使った例文2

「重荷を胸の内に秘める」

「胸の内に秘める」という言葉は、自分の中だけに留めておく、秘密を守る、人に言わないといった意味合いになります。

「内に秘める」の類語や言い換え

「内に秘める」の類語、似た言葉、言い換える言葉などをいくつか紹介しましょう。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「心に隠す」
  • 「胸に秘める」
  • 「人に言わない」

「心に隠す」

「内に秘める」とは自分の心の中に、思っていること、考えていることを隠すことです。

「内に秘める」「心に隠す」で意味合いは同じとなります。

「彼は本心を心に隠す」という風に使います。

「胸に秘める」

「内に秘める」「内」とは心の中、自分の内面のことです。

それは「胸」という言葉に言い換えることもできます。

この場合の「胸」とは「心」という意味です。

「人に言わない」

「内に秘める」をごくシンプルに言い換えるならば、自分の気持ち、考えを自分以外の「人に言わない」ということになります。

「内に秘める」が難しいと感じるならば「人に言わない」と置き換えてみますと理解しやすいかと思います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「内に秘める」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

何でも人にすぐに言ってしまう、言わずにはいられないという人もいますが、自分のことはなかなか話さない、隠すという人もいます。

そういう人のことは「内に秘めるタイプ」などと言ったりもします。

「内に秘める」という言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。