意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「通信網の麻痺」とは?意味や類語!表現の使い方

今ではインターネットのおかげで私達の生活がとても便利になりました。

ビジネス業界のワークスタイルにも大きな変化が生まれていますが、時折聞く言葉が「通信網の麻痺」という言葉です。

これにはどんなにか意味があるでしょうか?

通信網の麻痺

Meaning-Book
「通信網の麻痺」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「通信網の麻痺」とは?意味
  • 「通信網の麻痺」の表現の使い方
  • 「通信網の麻痺」を分解して解釈
  • 「通信網の麻痺」を使った例文と意味を解釈
  • 「通信網の麻痺」の類語や言い換え


「通信網の麻痺」とは?意味

「通信網の麻痺」とは、「通信回線が、何らかの事情で通信ができないこと」「通信網の設備が故障して、通信ができなくなる」という意味があります。

  • 「通信網の麻痺」の読み方

「通信網の麻痺」の読み方

「通勤網の麻痺」「つうしんもうのまひ」という読み方になります。



「通信網の麻痺」の表現の使い方

「通信網の麻痺」とは、「通信網が何かのトラブルに巻き込まれて通信ができなくなる」という意味がありますので、非常時の状態の雰囲気であり、回線を利用したコミュニケーションが全くできない場合に使われることになります。

「通信網の麻痺」を分解して解釈

では、「通信網の麻痺」「通信網」「麻痺」に分けて、各々の言葉の意味を解釈してみましょう。

  • 「通信網」
  • 「麻痺」

「通信網」

「通信網」とは、「通信社や新聞社、放送局などがニュースを集めるために世界各地に設けている通信の仕組みや組織」という意味がありますが、インターネットが普及している現代では、光回線やWi-Fi、LTEなどの無線も含めたネットワーク回線を指すことが多いです。

「麻痺」

「麻痺」とは、「神経の障害が影響してよって運動機能、知覚機能が働かなくなること」という意味を持っています。

しかし、「通信網の麻痺」の場合、「本来の機能がトラブルで働きがなくなる」という解釈が成り立ちます。



「通信網の麻痺」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「通信網の麻痺」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「通信網の麻痺」を使った例文1
  • 「通信網の麻痺」を使った例文2

「通信網の麻痺」を使った例文1

「昨夜の地震のせいで、国内の通信網の麻痺が深刻だ」

この時の「通信網の麻痺」とは、地震により通信設備が破壊されて通信網ができなかったり、利用者がネットワークに集中することで、回線の容量がパンクして通信がしづらくなることを意味しています。

「通信網の麻痺」を使った例文2

「データセンターでは非常時に備えて、通信網の麻痺を避けるために冗長化が図られている」

データセンターには、非常に重要な冗長かが集まってきます。

企業や官公庁の重要なコミュニケーションネットワークですが、災害時などの非常時に備えて、「通信網の麻痺」が起こらないような冗長化(=二重化)が施されています。

「通信網の麻痺」の類語や言い換え

「通信網の麻痺」を他の言葉で表現すると、次のような言葉で言い換えることができるでしょう。

  • 「ネットワークのダウン」
  • 「通信回線の故障」
  • 「インターネットの負荷増大」

「ネットワークのダウン」

「ネットワークのダウン」とは、「通信回線が機能しなくなること」を指していますが、特にインターネット回線のトラブルを意味することがあります。

「通信回線の故障」

「通信回線の故障」とは「通信網の設備が壊れること」という意味合いがあり、やはり通信ができないことになります。

「インターネットの負荷増大」

「インターネットの負荷増大」も類義語として扱うことができますが、「負荷増大」とは、「通信トラフィックが集中して通信ができなくなること」を言っています。

icon まとめ

現代社会では「通信網の麻痺」とは、社会活動、経済活動ができなくなることを意味していると言っても過言ではありません。

その理由はインターネットの存在があらゆる活動において、大きなウエートを占めているからです。

今やインターネットを始めとする「通信網」は必要不可欠な上方インフラで、このネットワーク環境が機能しなくなることは、避けなければなりません。