意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「趣味に没頭しすぎる」とは?意味や類語!表現の使い方

「趣味に没頭しすぎる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「趣味に没頭しすぎる」という言葉の理解を深めていきましょう。

趣味に没頭しすぎる

Meaning-Book
「趣味に没頭しすぎる」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「趣味に没頭しすぎる」とは?意味
  • 「趣味に没頭しすぎる」の表現の使い方
  • 「趣味に没頭しすぎる」を分解して解釈
  • 「趣味に没頭しすぎる」を使った例文と意味を解釈
  • 「趣味に没頭しすぎる」の類語や言い換え


「趣味に没頭しすぎる」とは?意味

「趣味に没頭しすぎる」とは、趣味に熱中し過ぎる、という意味で使います。

  • 「趣味に没頭しすぎる」の読み方

「趣味に没頭しすぎる」の読み方

「趣味に没頭しすぎる」とは「しゅみにぼっとうしすぎる」と読みます。



「趣味に没頭しすぎる」の表現の使い方

「趣味に没頭しすぎる」とは、趣味にだけ集中している、他の事をかえりみないといった意味合いで使います。

良くも悪くも趣味に熱中し過ぎている時にこのような言い回しをします。

「趣味に没頭しすぎるので気をつけている」「恋人ができないのは趣味に没頭しすぎるからだ」といった感じになります。

「趣味に没頭しすぎる」を分解して解釈

「趣味に没頭しすぎる」という言葉は「趣味」「没頭」「しすぎる」と3つの単語に分けることができます。

それではそれぞれの言葉の意味を詳しく見ていきましょう。

  • 「趣味」
  • 「没頭」
  • 「しすぎる」

「趣味」

「趣味」とは仕事や専門というわけではなく、楽しみにしていること、空いた時間に楽しむことを言います。

「趣味はスポーツ観戦です」といった風に使います。

他には、物の好み、感覚という意味合いで「趣味」という言葉を使うこともあります。

「趣味がいい」「趣味が悪い」といった風に使います。

「没頭」

「没頭」とは他のことをかえりみない、一つのことに熱中することです。

「仕事にひたすら没頭する」という風に使います。

「しすぎる」

「しすぎる」とは程度以上、水準が超えてしてしまうことを言います。

やり過ぎなどと同じ意味です。

「集中しすぎると疲れるよ」「仕事をしすぎる癖がある」などと使います。



「趣味に没頭しすぎる」を使った例文と意味を解釈

を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてみてください。

  • 「趣味に没頭しすぎる」を使った例文1
  • 「趣味に没頭しすぎる」を使った例文2

「趣味に没頭しすぎる」を使った例文1

「ついつい休日は、趣味に没頭しすぎる」

休みの日は時間がたっぷりあることもあって、ついつい長時間趣味を楽しんでしまうものです。

そのような時に「趣味に没頭しすぎる」という言葉で言い表すことができます。

「趣味に没頭しすぎる」を使った例文2

「趣味に没頭しすぎることが高じて、仕事になってしまった」

「趣味に没頭しすぎる」が、さらに強まり、もはや趣味レベルを超えてプロレベルになるということがあります。

逆に言えば「没頭できる」からこそプロになれるとも考えられます。

「趣味に没頭しすぎる」の類語や言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「趣味に夢中になりすぎる」
  • 「趣味にのめり込む」
  • 「趣味の世界にはまる」

「趣味に夢中になりすぎる」

「夢中」とは一つのことに心を奪われて、我を忘れることです。

まさに「没頭」と同じような意味合いと言えるでしょう。

「趣味にのめり込む」

「のめり込む」とは抜け出せないくらいに深くはまりこむという意味を持ちます。

没頭と似た意味合いと言えるでしょう。

「趣味の世界にはまる」

「趣味に没頭しすぎる」とは趣味のこと以外見えない状態、熱中していることです。

それは言い換えるならば「趣味の世界にはまる」ということです。

一度はまればなかなか抜け出すことはできません。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「趣味に没頭しすぎる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

趣味に熱中することは素晴らしいことですが、仕事や生活がおろそかになるほど「没頭しすぎる」のは困りものです。

程々を心がけるようにするのが、いいのでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使っていくようにしてください。