意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一宿一飯の恩義」とは?意味や類語!表現の使い方

「一宿一飯の恩義」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一宿一飯の恩義」という言葉を使った例文や、「一宿一飯の恩義」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「一宿一飯の恩義」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「一宿一飯の恩義」とは?
  • 「一宿一飯の恩義」を使った例文や短文など
  • 「一宿一飯の恩義」の類語や類似表現や似た言葉


「一宿一飯の恩義」とは?

「一宿一飯の恩義」という言葉を知っているでしょうか。

友達の家で宿泊した時に、「一宿一飯の恩義」を感じる人もいるでしょう。

一方で、「一宿一飯の恩義」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「一宿一飯の恩義」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一宿一飯の恩義」の読み方
  • 「一宿一飯の恩義」の意味

「一宿一飯の恩義」の読み方

「一宿一飯の恩義」「いっしゅくいっぱんのおんぎ」と読みます。

「一宿一飯」「いっしゅくいっぱん」「恩義」「おんぎ」と読みます。

これを機会に、「一宿一飯の恩義」「いっしゅくいっぱんのおんぎ」と読みましょう。

「一宿一飯の恩義」の意味

「一宿一飯の恩義」という言葉の意味を紹介します。

「一宿一飯の恩義」「一宿一飯」には、「旅の途中に、一晩泊めてもらったり、食事をご馳走してもらうこと」「旅先で、他人の世話になること」という意味があります。

また「一宿」には「一晩泊めてもらうこと」「一飯」には「一度ご馳走になること」という意味があります。

そのため、「一宿一飯の恩義」には、「宿泊させてもらったり、食事をご馳走してもらった恩義は忘れてはいけない」という意味があります。

また「他人からしてもらった、少しの親切に対する恩義を、忘れないようにしよう」という意味があります。



「一宿一飯の恩義」を使った例文や短文など

次に「一宿一飯の恩義」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一宿一飯の恩義」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一宿一飯の恩義」を使った例文1
  • 「一宿一飯の恩義」を使った例文2

「一宿一飯の恩義」を使った例文1

「家出した時に、友達の家に泊めてもらい、『一宿一飯の恩義』を感じた」

この例文のように、家出をした時は、泊めてもらう家がみつからないと苦労します。

この例文のように、友達が家に泊めてくれて、さらに食事をご馳走してくれたら、「一宿一飯の恩義」を感じるのではないでしょうか。

「一宿一飯の恩義」を使った例文2

「旅行先での『一宿一飯の恩義』を忘れない」

この例文のように、旅行に行くと、現地の人に親切にしてもらえるかもしれません。

特にバックパッカーのようなお金を使わない旅行をしていると、海外の、現地の人の家に宿泊させてもらったり、ご馳走してもらえる機会があるかもしれません。

このような時、その恩義を忘れないようにしましょう。

旅先で親切にしてくれた人が日本を訪れた時に、観光案内をするなど、恩義を返すようにしましょう。

「一宿一飯の恩義」の類語や類似表現や似た言葉

「一宿一飯の恩義」の類語や類似表現を紹介します。

「一宿一飯の恩義」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「命の恩人」
  • 「わが師の恩」

「命の恩人」

「命の恩人」には、「命を助けてくれた人」という意味があります。

例えば、自動車にはねられそうになった時、手を引いて歩道によけてくれた人は、「命を救ってくれた人」「命の恩人」と言えるでしょう。

また川でおぼれているところを、助けてくれた人は、「命の恩人」と言えるでしょう。

「わが師の恩」

「わが師の恩」は、「私の師匠に対する恩義」「先生に対する恩義」という意味があります。

また「担任の先生がしてくれた、様々な教えに対する恩義」という意味があります。

卒業式に歌われる定番曲として知られている、「仰げば尊し」の歌詞の中に「わが師の恩」という言葉が登場します。



icon まとめ

「一宿一飯の恩義」という言葉について見てきました。

一晩宿泊させてくれたり、食事をご馳走になった時は、恩義を忘れないように、「一宿一飯の恩義」という言葉を思い出しましょう。