意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余裕のよっちゃん」とは?意味など徹底解釈

「余裕のよっちゃん」という言葉の意味や、語源を紹介します。

さらに「余裕のよっちゃん」の使い方の注意点などを紹介して行きます。

余裕のよっちゃん

Meaning-Book
「余裕のよっちゃん」とは?意味など徹底解釈>


目次

  • 「余裕のよっちゃん」とは?
  • 「余裕のよっちゃん」の語源
  • 「余裕のよっちゃん」の表現の使い方と注意点


「余裕のよっちゃん」とは?

「余裕のよっちゃん」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「余裕のよっちゃん」には、「余裕」という意味があります。

「そんなの余裕でできるよ」などという場面で、「余裕のよっちゃん」と言います。



「余裕のよっちゃん」の語源

「余裕のよっちゃん」の語源に興味がある人もいるでしょう。

特に「よっちゃん」とは、誰のことか気になる人もいるでしょう。

実は「よっちゃん」という人はおらず、「余裕」の語呂合わせで、「余裕のよっちゃん」という言葉が生まれたとされています。

昭和50年代頃に、「余裕のよっちゃん」という言葉が生まれたとされています。

「余裕のよっちゃん」の表現の使い方と注意点

「余裕のよっちゃん」は、いわゆる死語になっている言葉です。

そのため、若い人に対して「余裕のよっちゃん」と言っても、意味が通じないかもしれません。

そこで、「余裕のよっちゃん」という言葉は、昭和50年代よりも以前に生まれた人に対してだけ使うようにしましょう。

同様に、「冗談はよしこさん」「当たり前だのクラッカー」も、若い人にはなるべく使わないようにしましょう。



icon まとめ

「余裕のよっちゃん」という言葉について見てきました。

懐かしい「余裕」を表現する言葉として、「余裕のよっちゃん」を知っておきましょう。