意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワンパン余裕」とは?検索する人の概要を徹底解釈

「ワンパン余裕」という言葉を使っている人は、本当にこの言葉の通りの力と実力を持っている人でしょうか?

「ワンパン余裕」と言う人ほど、実は弱かったりするのではないかと思います。

「ワンパン余裕」と言って、この言葉の意味さえキチンと理解しないままに使っているのではないでしょうか?

Meaning-Book
「ワンパン余裕」とは?検索する人の概要を徹底解釈>


目次

  • 「ワンパン余裕」とは?
  • 「ワンパン余裕」の使い方と使うときの注意点
  • 「ワンパン余裕」を使った文と意味を解釈


「ワンパン余裕」とは?

「ワンパン余裕」とは、「余裕でワンパンチで相手を倒すことができるくらいの力や実力がある」という意味がある言葉です。

「ワンパンチ」とは、「1回だけのパンチ」ということで、主に喧嘩する時に「たった1度パンチを繰り出すことで相手をKOできる」ということです。



「ワンパン余裕」の使い方と使うときの注意点

「ワンパン余裕」「余裕でワンパンチかます」とったような表現で使う場合もありますが、この言葉が出て来るシチュエーションは、弱い相手がいる時でしょう。

しかし、見た目は弱々しく見える相手に対して「ワンパン余裕」とハッタリをかましていると、本当は強い相手で逆にねじ伏せられてしまうことがあるので、相手もしっかりと把握して使わないと、恥ずかしい目に遭ってしまいます。

「ワンパン余裕」を使った文と意味を解釈

では、ここで「ワンパン余裕」を使った文を見て意味を解釈しましょう。

  • 「ボスがワンパン余裕過ぎてぬるい」
  • 「小指でワンパン余裕」

「ボスがワンパン余裕過ぎてぬるい」

「ボスがワンパン余裕過ぎてぬるい」とは、自分のボスである人はいつも「ワンパン余裕」を頻繁に使うのですが、あまりにも使う頻度が多いので、あまり迫力がなくなって威厳が感じられないという意味になるでしょう。

もしかすると、単なるハッタリだけのボスかもしれませんが、「ワンパン余裕」を使う場面は少なくした方が迫力があるかもしれませんね。

「小指でワンパン余裕」

「小指でワンパン余裕」とは、「ワンパンチを使うまでもなく、小指1本で相手を倒すことができるくらいに強い余裕がある」という意味です。

小指で相手を倒せるとなると、本当かどうか怪しいものですが、ハッタリをかますには、いいセリフでしょうか。



icon まとめ

「ワンパン」という言葉は、実は結構昔から使われていた言葉ですが、そのことを知らない世代の人達も「ワンパン余裕」と言っているのでしょう。

でも、本当に強い人はこんな言葉を使わなくても、身体からほとばしるオーラだけで、相手を委縮させてしまう力があるものです。