意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「災難続き」とは?意味や類語、例文を紹介

「災難続き」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「災難続き」という言葉を使った例文や、「災難続き」の類語を紹介して行きます。

災難続き

Meaning-Book
「災難続き」とは?意味や類語、例文を紹介>


目次

  • 「災難続き」とは?
  • 「災難続き」を使った例文や短文など
  • 「災難続き」の類語や類似表現や似た言葉


「災難続き」とは?

「災難続き」という言葉を知っているでしょうか。

最近、「災難続きだな」などと、つぶやいている人がいるかもしれません。

一方で、「災難続き」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「災難続き」という言葉の意味を紹介します。

  • 「災難続き」の読み方
  • 「災難続き」の意味

「災難続き」の読み方

「災難続き」「さいなんつづき」と読みます。

「災難」「さいなん」「続き」「つづき」と読みます。

これを機会に、「災難続き」「さいなんつづき」と読みましょう。

「災難続き」の意味

「災難続き」という言葉の意味を紹介します。

「災難続き」には、「災難が連続する」という意味があります。

「災難」には、「不意に起こる不幸な出来事」という意味があります。

「災難続き」は、「不意に起こる不幸な出来事が、連続する」という意味があります。

例えば、転んでけがをした翌日に、家が火事で燃えてしまうなどというような、連続する不幸な出来事を、「災難続き」と表現します。

このように「災難続き」には、「災難が連続する」という意味があります。



「災難続き」を使った例文や短文など

「災難続き」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「災難続き」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「災難続き」を使った例文1
  • 「災難続き」を使った例文2

「災難続き」を使った例文1

「人に言うほどではないが、『災難続き』で困っている」

この例文のように、「災難続き」ではあるものの、人に言うほどではないケースもあります。

例えば、パソコンでタイピングをしていたら、爪が折れて痛む、コーヒーがこぼれて、キーボードが一時的に使えなくなる、書類作成中にパソコンがダウンして、制作中のデータが少し消えてしまう…というような、災難ともいえないような小さな不幸が連続するケースです。

人に言うほどではないのですが、自分としては厳しく、お祓いをしたいと考える人もいるでしょう。

「災難続き」を使った例文2

「ここの所、『災難続き』のため、神社にお祓いに行く」

この例文のように、あまりに不幸な出来事が続く時は、お祓いをしてもらうため、神社に行く人もいるでしょう。

個人的に悩んでいても解決しないような時は、何か大きな力に頼ってもいいのかもしれません。

パワースポットに行き、身を清めるなどすると、「災難続き」の状況が変化するかもしれません。

また状況はそれほど変わらなくても、気分転換になるかもしれません。

「災難続き」の類語や類似表現や似た言葉

「災難続き」の類語や類似表現を紹介します。

「災難続き」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ご難続き」
  • 「七難」

「ご難続き」

「ご難続き」「ごなんつづき」と読みます。

「ご難続き」には、「災難や困難が続く」という意味があります。

また「ご難」は、「災難や困難」の尊敬語のため、目上の人や、敬うべき人が災難などに遭った時に、「ご難続きでしたね」などと言います。

「七難」

「七難」には、「人の世の七つの災難」という意味があります。

仏教の世界では、いろいろな災いのもとを「七難」と言います。

例えば「太陽や月の異変」「星の異変」「火事」「雨水」「悪風」など、人間に災難をもたらすようなものです。

他にも「悪鬼による災難」「死霊による災難」なども「七難」とされています。



icon まとめ

「災難続き」という言葉について見てきました。

「災難続き」だと感じたら、神社でお祓いを受けるなど、何かしらの対策を取った方がいいかもしれません。