意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「痛恨のミス」とは?意味や類語!表現の使い方

仕事を持っている人の中で、「痛恨のミス」を経験したことある人もいるでしょう。

そんな経験をした人にとっては、あまり思い出すことが辛いような「痛恨のミス」という言葉について、少し触れてみたいと思います。

Meaning-Book
「痛恨のミス」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「痛恨のミス」とは?意味
  • 「痛恨のミス」の表現の使い方
  • 「痛恨のミス」の英語と解釈
  • 「痛恨のミス」を使った例文と意味を解釈
  • 「痛恨のミス」の類語や言い換え


「痛恨のミス」とは?意味

「痛恨」とは、「すごく悔やんで残念に思うこと」という意味があることから、「痛恨のミス」「これ以上ないくらいまでとても深く悔やまれるミス」という解釈ができます。



「痛恨のミス」の表現の使い方

誰でも大なり小なりミスはやってしまうものですが、「とても残念」「大きな失敗をしでかしてどうしよう」と思います。

しかし、中には「残念」程度の言葉では表現しきれないミスもあります。

そのような時に「痛恨のミス」が使われることになります。

「痛恨のミス」の英語と解釈

「痛恨のミス」“pain in the pain”という言葉で訳すことができますが、直訳すると、「傷の中にはある傷」ということから、「痛恨のミス」の悔しさがありありと表現されているようです。



「痛恨のミス」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「痛恨のミス」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「痛恨のミス」を使った例文1
  • 「痛恨のミス」を使った例文2

「痛恨のミス」を使った例文1

「しまった。必要な見積りを取っていなかったので、今の工事が予算オーバーになりそうだ。痛恨のミスをやってしまったな」

仕事上では時々あるようなミスかもしれませんね。

工事に携わる人達は予算内に収まるように努力されているはずですが、時にはこんな「痛恨のミス」もあったりします。

「痛恨のミス」を使った例文2

「将来の大きなビッグビジネスに繋がりそうなのに、担当の自分が高熱で倒れてしまうなんて、痛恨のミスだ」

病気で仕事ができないことは仕方のないことですが、こんなふうなケースで大きな仕事を逃してしまうと、最早何とも言えなくなります。

普段からの健康管理にも十分に配慮が必要だということですね。

「痛恨のミス」の類語や言い換え

ここでは「痛恨のミス」の類義語も、見てみることにしたいと思います。

  • 「致命的なミス」
  • 「悔やんでも悔やみ切れないミス」
  • 「目も当てられないミス」

「致命的なミス」

「致命的なミス」とは、「命の大事にかかわるようなミス」という意味になりますが、このようなミスは仕事上では、絶対に避けなければなりません。

仕事をする中で、人命に関わることは、他の課題よりも最優先すべきことを忘れてはなりません。

「悔やんでも悔やみ切れないミス」

「悔やんでも悔やみ切れないミス」とは、「どんなに悔やもうとも、悔やみきれることができないほど、後悔が色濃く残るレベルのミス」ということになります。

このレベルのミスは一生忘れることができないでしょうが、逆にこれを弾みにして、再スタートするしかありません。

ミスをベースにして、その時の苦い経験を後に活かすことを考えることも大切なことです。

ビジネスの中では、ミスがつきものなのですから。

「目も当てられないミス」

「目も当てられないミス」とは、「あまりにもひどくて見ていることができないほどの失敗」ということになります。

言い換えると、「直視することもためらうほどのミス」と言い換えることもできるでしょう。

誰でもこんなミスはしたくはありませんが、失敗をしたなら、大いに反省することも必要ではないでしょうか?

icon まとめ

「痛恨のミス」はできるだけやりたくないものです。

このような大きな失敗をすることで、自分だけでなく、関係者を含めて、組織の大きな損失に繋がることがあるからです。

そのためには、日頃から職場のメンバーの協力を得ながら、チェック&フォローが重要になってきます。

また、失敗の振り返りも忘れずに行うことです。