意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遵法精神」とは?意味や類語!

この数年、企業における法律違反の不祥事が後を絶ちません。

このようなことをしてしまった企業は、顧客からの信頼を失い、社会的地位も失ってしまうことは言うまでありません。

そこで出てくるキーワードが「遵法精神」という言葉です。

今回は、今のビジネス業界では、必須の「遵法精神」について説明をしていくことにします。

Meaning-Book
「遵法精神」とは?意味や類語!>


目次

  • 「遵法精神」とは?意味
  • 「遵法精神」の表現の使い方
  • 「遵法精神の涵養」の意味
  • 「遵法精神」を使った例文と意味を解釈
  • 「遵法精神」の慣用句での類語や言い換え


「遵法精神」とは?意味

この数年、ビジネス業界では、毎日のように叫ばれている「遵法精神」ですが、この言葉は、「道徳や倫理、法律等の社会のルールを守ろうとする意識」という意味がある、非常に重要なキーワードと言えます。

  • 「遵法精神」の読み方

「遵法精神」の読み方

「遵法精神」「じゅんぽうせいしん」と読みますが、難しい読み方でもあるにも関わらず、今ではトレンド的な言葉でもあるので、ビジネスマンであれば、知らない人はいないでしょう。



「遵法精神」の表現の使い方

「遵法精神」を使う場面は、企業の指針やポリシー、経営理念を表明する中で、よく使われています。

また、会社によっては、毎朝の朝会の中で、「遵法精神」を徹底させるために、唱えている所もあるほどです。

「遵法精神の涵養」の意味

「涵養(かんよう)」とは、「水が自然に染み込むように、無理せずゆっくりと育てる」という意味があることから、「遵法精神の涵養」は、「自然と染み込むように遵法精神を養っていく」という解釈ができます。

「遵法精神」を重視する企業でも、このような社員教育を実践している所が増えています。



「遵法精神」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「遵法精神」を使った例文を見ていき、活用シーンの理解を深めて行きましょう。

  • 「遵法精神」を使った例文1
  • 「遵法精神」を使った例文2

「遵法精神」を使った例文1

「企業で遵法精神を高めていくためには、経営をルール化した内部統制を徹底することが必要です」

「遵法精神」を実践するためには、社員1人ひとりの意識を高めることが前提ですが、内部統制のルールを企業側が確立させることも重要なポイントです。

「遵法精神」を使った例文2

「学生の多い街では、通学に原付やバイクを使うケースが多いことから、交通違反を犯さないように学校側も彼らに対して、遵法精神を強く説いています」

「遵法精神」は、ビジネスマンだけに求められるものではありません。

学生も「法を守る」意味では「遵法精神」は、必須のことと言えます。

「遵法精神」の慣用句での類語や言い換え

ここでは「遵法精神」の類義語をいくつか挙げてみることにしました。

  • 「順法精神」
  • 「規範意識」
  • 「コンプライアンス」

「順法精神」

「遵法精神」と同じ読み方をする「順法精神」「法律に従って行動しなければならないという精神」という意味があります。

「規範意識」

「規範意識」という言葉もありますが、これは、「道徳、倫理、法律等の社会のルールを守ろうとする意識のこと」を指しており、「遵法精神」と同じ解釈になります。

「コンプライアンス」

「コンプライアンス」は、ビジネス業界においては、最もポピュラーなキーワードで、「法令や規則をよく守ること」「法令遵守」ということになります。

企業によっては、「コンプライアンス違反をするような取引で、利益を生み出すくらいなら、その取引自体止めてしまう」というスタンスを堅持していることもあります。

icon まとめ

「遵法精神」という言葉は、本当に現代社会のビジネス業界でトレンドとまで言ってもいいほどに重要な言葉となっています。

しかし、本来であれば、法律を守ることは当然なことで、「遵法精神」が出てくること自体、私達はこれまでの仕事のあり方を見直し反省しなくてはならないのでしょう。

日頃から正しい行動で正しく活動をしていれば、この「遵法精神」も自然と実践できるはずです。