意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予算策定」とは?意味や使い方!例文や解釈

「予算策定」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「予算策定」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「予算策定」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「予算策定」とは?
  • 「予算策定」の表現の使い方
  • 「予算策定」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「予算策定」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「予算策定」の反対語
  • 「予算策定」の英語と解釈


「予算策定」とは?

「予算策定」とは予算を計画する、考えて決めるといったことを言います。

  • 「予算策定」の語源や由来
  • 「予算策定」の読み方

「予算策定」の語源や由来

「予算策定」とは団体、会社といった組織において、予算を決めて、計画をするといった意味合いで使われる言葉です。

通常お金の使い方を計画したり、あらかじめ予算を決めるといったことは家庭においてもすることですが、家庭で「予算策定」とはあまり使うことはありません。

団体、会社といった組織において使う言葉だということを覚えておきましょう。

経営者や、会計の仕事をする人にとってはこの言葉の意味を知らないということはないのではないでしょうか。

「予算策定」の読み方

「予算策定」と書いて「よさんさくてい」と読みます。

少々聞き慣れない言葉かもしれませんが、読み方は特別難しくはありませんので覚えやすいかと思います。



「予算策定」の表現の使い方

「予算策定」という言葉は、団体、会社の組織の中において、予算を作る、決めるといった意味合いです。

会社を経営するにあたっては「予算策定」をしないということはありません。

まずは「予算策定」から始まります。

この「策定」という言葉はビジネスシーンにおいてよく使います。

例えば「計画を策定する」「マニュアル策定の業務がある」などと言います。

「予算策定」とは会社経営など仕事に関してよく使う言葉であると覚えておきましょう。

家庭的な場面、通常のお金の使い道を話す時などはあまり使いません。

日常会話では「予算を決める」「お金の使い方の計画を立てる」などもっと簡単な言葉で言うことが一般的ですし「予算策定」という言葉は少々大げさにも思えます。

「予算策定」の類語や類似表現や似た言葉

「予算策定」の類語、似た言葉、言い換える言葉などをいくつか紹介しましょう。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「予算を組む」
  • 「予算を決める」
  • 「予算の計画を立てる」

「予算を組む」

「予算を組む」「組む」には個々のものを取り集める、一つのまとまりをもって作り上げる、組織する、編成するといった意味があります。

予算を編成するという意味になりますので「予算策定」と同じ意味を持つ言葉となります。

「予算を決める」

「予算策定」とは予算、予算の計画を決めるという意味合いを持つ言葉です。

簡単に言うならば「予算を決める」という言葉で言い表すことができるでしょう。

「今年の予算策定はまだできていない」「今年の予算を決めることはまだできていない」と言い換えても同じ意味であることがわかります。

「予算の計画を立てる」

「予算策定」をごく簡単な言葉に言い換えるならば「予算の計画を立てる」という言葉になります。

「策定」という言葉はあまり普段の生活で聞き慣れず難しいと感じるならば「計画を立てる」という言葉に換えますと理解しやすくなるのではないでしょうか。



「予算策定」を使った例文や短文など(意味を解釈)

言葉の意味が理解できましたところで「予算策定」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてみてください。

  • 「予算策定」を使った例文1
  • 「予算策定」を使った例文2

「予算策定」を使った例文1

「今年の予算策定はどうしようかと今悩んでいるところだ」

団体、会社といった組織では、大きなお金が動くものです。

無計画に使っては破綻する原因ともなりますし、まずは予算の計画から始めるというのは大体どこの組織でも行うことでしょう。

例えば「予算策定」によっては会社などの経営がよくなったり、悪くなったりと大きな影響を与えますので、そう簡単に決められることではなく悩む人も多いことです。

例文のように「どうしよう」と迷ったり考えながら決める経営者の方も多いでしょう。

「予算策定」を使った例文2

「予算策定前に、あらゆる情報を集めておきたい」

組織において、計画といったものが一度決まってしまえば、それを簡単に変えることは難しいでしょう。

その為「予算策定」をする前にあらゆる情報を集めておきたいと考えることでしょう。

後で気軽に変えることができない内容であれば、考える時間も多く必要です。

「予算策定」の反対語

「予算策定」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「無計画」
  • 「予算案なし」

「無計画」

「予算策定」の反対の意味を持つ言葉といえば「無計画」が当てはまります。

「無計画」とははっきりとした計画がないことを言います。

団体、会社において「無計画」な経営は、いい状態とは言えないのではないでしょうか。

「予算案なし」

「予算策定」という言葉は「予算策定する」といった使い方をしますが、その反対の意味は予算の計画をしないことですから簡単に言えば「予算案なし」という言葉でもおかしくはないでしょう。

「予算策定」の英語と解釈

「予算策定」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

「予算」は英語では“a budget”という単語で表します。

例文としては“draw up a budget”(予算を作成する)、“make a budget”(予算を立てる)と言い表します。

また予算が決定することは“set the budget”となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「予算策定」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

経営などに関わっている人であれば「予算策定」はよく使う言葉かもしれませんが、そうでない場合や、若い人(学生など)は聞き慣れない言葉ではないでしょうか。

「策定」という言葉は「計画を策定」「マニュアルを策定」など他の言葉と合わせて使うことが多い言葉でもありますので、これを機会に意味をしっかり覚えておくといいでしょう。