意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世過ぎ身過ぎ」とは?意味や類語!

「世過ぎ身過ぎ」とは、「世の中で生計を立てて生活していくこと・現実的な生活と生計」です。

「世過ぎ身過ぎ」「意味・読み方・使い方・分解して解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

世過ぎ身過ぎ

Meaning-Book
「世過ぎ身過ぎ」とは?意味や類語!>


目次

  • 「世過ぎ身過ぎ」とは?意味
  • 「世過ぎ身過ぎ」の表現の使い方
  • 「世過ぎ身過ぎ」を分解して解釈
  • 「世過ぎ身過ぎ」を使った例文と意味を解釈
  • 「世過ぎ身過ぎ」の類語や言い換え


「世過ぎ身過ぎ」とは?意味

「世過ぎ身過ぎ」という言葉は、「世の中で生計を立てて生活していくこと・現実的な生活と生計」「生計を立てて世渡りすること・現実的な生活をしながら処世すること」を意味しています。

「世過ぎ身過ぎ」というのは「世の中で働いて生きていくこと・自分の身(生計)を立てて生活していくこと」であり、簡単に言えば、「現実の世の中(世間)における生活・生計」を意味しているのです。

  • 「世過ぎ身過ぎ」の読み方

「世過ぎ身過ぎ」の読み方

「世過ぎ身過ぎ」の読み方は、「よすぎみすぎ」になります。



「世過ぎ身過ぎ」の表現の使い方

「世過ぎ身過ぎ」の表現の使い方は、「現実の世の中(世間)で生計を立てて生活していくこと」を指して使うという使い方になります。

「世過ぎ身過ぎ」というのは、「実際的な生活・現実に身を立てる生計(仕事)」のことを意味して使われる言葉なのです。

例えば、「いくら立派な理想やビジョンがあっても、人は世過ぎ身過ぎを無視して生きることはできないのです」といった文章において、「世過ぎ身過ぎ」の言葉を正しく使うことができます。

「世過ぎ身過ぎ」を分解して解釈

「世過ぎ身過ぎ」の言葉を、「世過ぎ」「身過ぎ」に分解してその意味を解釈していきます。

  • 「世過ぎ」
  • 「身過ぎ」

「世過ぎ」

「世過ぎ(よすぎ)」という言葉は、「現実の世の中で生活していくこと」「生計を立てて世渡りしていくこと」を意味しています。

「世過ぎ」というのは、「仕事をして世の中を生きていくこと・現実的な世渡りをすること」を意味する言葉なのです。

「身過ぎ」

「身過ぎ(みすぎ)」という言葉は、「暮らし・生計を立てていくこと」「現実に生活するための手段・生業(なりわい)」を意味しています。

「世過ぎ+身過ぎ=世過ぎ身過ぎ」という言葉は、分かりやすく言えば「生活・生計・世渡り(処世)」を意味する慣用句になっています。



「世過ぎ身過ぎ」を使った例文と意味を解釈

「世過ぎ身過ぎ」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「世過ぎ身過ぎ」を使った例文1
  • 「世過ぎ身過ぎ」を使った例文2

「世過ぎ身過ぎ」を使った例文1

「アーティストの彼は、世過ぎ身過ぎとして路上でその場で人の似顔絵を描きあげる副業をしていました」

この「世過ぎ身過ぎ」を使った例文は、「アーティストの彼は、生計を立てる手段(生活の手段)として路上でその場で人の似顔絵を描きあげる副業をしていた」ということを意味しています。

「世過ぎ身過ぎ」を使った例文2

「どんなに優れた知性や資質があっても、世過ぎ身過ぎが上手くいかなければ、人生は基本的につらいものになりやすい」

この「世過ぎ身過ぎ」を使った例文は、「どんなに優れた知性や資質があっても、現実に即した仕事や生活が上手くいかなければ(生計が立たなければ)、人生は基本的につらいものになりやすい」ということを意味しています。

「世過ぎ身過ぎ」の類語や言い換え

「世過ぎ身過ぎ」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説します。

  • 「生活・暮らし・生計」
  • 「処世」
  • 「世渡り・渡世」

「生活・暮らし・生計」

「世過ぎ身過ぎ」の類語・言い換えとして、「生活・暮らし・生計」があります。

「世過ぎ身過ぎ」という言葉は、「現実的な生活・世の中で生計を立てて暮らすこと」を意味しています。

その意味から、「世過ぎ身過ぎ」の言葉は、「生活・暮らし・生計」という言葉に言い換えることができるのです。

「処世」

「世過ぎ身過ぎ」の類語・言い換えとして、「処世(しょせい)」があります。

「処世」という言葉は、「世の中(人々)と交わりながら、上手く生活していくこと」を意味しています。

その意味から、現実的な生計を立てて生活することを意味する「世過ぎ身過ぎ」と似た意味を持つ類語として、「処世」を指摘できます。

「世渡り・渡世」

「世過ぎ身過ぎ」の類語・言い換えとして、「世渡り・渡世(とせい)」があります。

「世渡り・渡世」というのは、「何らかの仕事をしたり手段を講じたりして、世の中を生きていくこと」を意味する言葉です。

その意味から、現実的な生活をすることを意味する「世過ぎ身過ぎ」は、「世渡り・渡世」という言葉に言い換えられるのです。

icon まとめ

「世過ぎ身過ぎ」という言葉について徹底的に解説しましたが、「世過ぎ身過ぎ」には「世の中で生計を立てて生活していくこと・生活と生計」の意味があります。

「世過ぎ身過ぎ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「生活・暮らし・生計」「処世」「世渡り・渡世」などがあります。

「世過ぎ身過ぎ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。