意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「児戯に等しい」とは?意味や類語!表現の使い方

「児戯に等しい」とは、「ある行為が子供の遊びに等しくて無価値であること」です。

「児戯に等しい」「意味・読み方・使い方・分解して解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

児戯に等しい

Meaning-Book
「児戯に等しい」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「児戯に等しい」とは?意味
  • 「児戯に等しい」の表現の使い方
  • 「児戯に等しい」を分解して解釈
  • 「児戯に等しい」を使った例文と意味を解釈
  • 「児戯に等しい」の類語や言い換え


「児戯に等しい」とは?意味

「児戯に等しい」という言葉は、「ある行為が子供の遊び(たわむれ)に等しくて、無価値であること」を意味しています。

「児戯に等しい」というのは、「子供の遊び(たわむれ)と同じで、その行為(の技量)が他愛ないこと・価値がないこと・簡単に圧倒できること」を意味する言葉なのです。

  • 「児戯に等しい」の読み方

「児戯に等しい」の読み方

「児戯に等しい」の読み方は、「じぎにひとしい」になります。



「児戯に等しい」の表現の使い方

「児戯に等しい」の表現の使い方は、「ある行為・試みが子供の遊び(たわむれ)と同じで価値・効果がない場合」に使うという使い方になります。

「児戯に等しい」という表現は、「ある行為に価値・効果がない時」「ある人物の技量・腕前が子供の遊びと同じで無価値である時」に使われる表現なのです。

例えば、「プロ選手に比較すれば、部活で練習した彼のサッカーの技術(テクニック)は児戯に等しかった」などの文章で、この表現を正しく使うことができます。

「児戯に等しい」を分解して解釈

「児戯に等しい」の言葉を「児戯」「等しい」に分解して、それぞれの意味を解釈します。

  • 「児戯」
  • 「等しい」

「児戯」

「児戯(じぎ)」という言葉は、「児(じ・に)」「子供・小さな子供」を意味していて、「戯(ぎ)」「戯れ(たわむれ)・遊び」を意味しています。

そのことから、「児戯」というのは「子供の他愛ない遊び・子供のじゃれるような戯れ」を意味する言葉なのです。

「等しい」

「等しい(ひとしい)」という言葉は、「数量・等級・効果・力などが同じであること、釣り合うこと」を意味しています。

「児戯+等しい=児戯に等しい」という言葉は、「子供の遊び(子供のたわむれ)と同じで、価値や効果がないこと」を意味しているのです。



「児戯に等しい」を使った例文と意味を解釈

「児戯に等しい」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「児戯に等しい」を使った例文1
  • 「児戯に等しい」を使った例文2

「児戯に等しい」を使った例文1

「彼が描いた絵画はプロの画家とは比較にならないもので、オークションで児戯に等しい絵として扱われました」

この「児戯に等しい」を使った例文は、「彼が描いた絵画はプロの画家とは比較にならないもので、オークションで子供の遊びと同じで価値がない絵として扱われた」ということを意味しています。

「児戯に等しい」を使った例文2

「児戯に等しいその実力では、ボクシングの世界チャンピオンになることなど夢のまた夢です」

この「児戯に等しい」を使った例文は、「子供の戯れと同じように弱いその実力では、ボクシングの世界チャンピオンになることなど夢のまた夢である」ということを意味しています。

「児戯に等しい」の類語や言い換え

「児戯に等しい」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説します。

  • 「無価値である」
  • 「低レベルである」
  • 「幼稚である・未熟な」

「無価値である」

「児戯に等しい」の類語・言い換えとして、「無価値である」があります。

「児戯に等しい」という言葉は、「子供の遊びと同じで、その行為に価値が無いこと」を意味しています。

その意味合いから、「児戯に等しい」の言葉は「無価値である」という言葉に言い換えられるのです。

「低レベルである」

「児戯に等しい」の類語・言い換えとして、「低レベルである」があります。

「児戯に等しい」という言葉は、「子供の戯れと同じで実力がなく、レベルが低いこと」を意味しています。

その意味合いから、「児戯に等しい」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「低レベルである」を指摘することができます。

「幼稚である・未熟な」

「児戯に等しい」の類語・言い換えとして、「幼稚である・未熟な」があります。

「児戯に等しい」というのは、「ある行為が幼稚であるさま・子供の遊びと同等で実力が未熟であること」を意味する言葉です。

その意味合いから、「児戯に等しい」の言葉は「幼稚である・未熟な」という言葉に言い換えることが可能なのです。

icon まとめ

「児戯に等しい」という言葉について徹底的に解説しましたが、「児戯に等しい」には「ある行為が子供の遊びと同じで無価値であること」などの意味があります。

「児戯に等しい」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「無価値である」「低レベルである」「幼稚である・未熟な」などがあります。

「児戯に等しい」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。