意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「楽しいひととき」とは?意味や類語!表現の使い方!

誰でも「楽しいひととき」を過ごすことはいいことです。

疲れた気持ちをリフレッシュすることができるからですが、この言葉の意味を改めて見てみると、人は本当にその時の時間を大切にしていることが分かって来るようです。

では、このこの言葉について、少し見ていきたいと思います。

楽しいひととき

Meaning-Book
「楽しいひととき」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「楽しいひととき」とは?意味
  • 「楽しいひととき」の表現の使い方
  • 「楽しいひととき」を分解して解釈
  • 「楽しいひととき」を使った例文と意味を解釈
  • 「楽しいひととき」の類語や言い換え


「楽しいひととき」とは?意味

「楽しいひととき」とは、「その時の内容の充実をひしひしと感じる時間の流れや出来事」のことを表現している言葉です。



「楽しいひととき」の表現の使い方

「楽しいひととき」を使う場面は人によって様々ですが、自分の好きなことに没頭したり、趣味の世界に興じること、大好きな人と会っている時、美味しいグルメで満足な気持ちになったり、好きな音楽を聴いていたりと実にたくさんのことが挙げられます。

「楽しいひととき」を分解して解釈

では、ここで「楽しいひととき」「楽しい」「ひととき」の2つの言葉に分けて、各々の言葉の意味を探ってみることにします。

  • 「楽しい」
  • 「ひととき」

「楽しい」

「楽しい」とは「気持よく明るい気分になること」「のびのびと満ち足りた気持ちなること」を指しています。

誰でも楽しくなることは気持ちが明るくおおらかになって素晴らしいことですね。

「ひととき」

「ひととき」とは、「しばらくの間」「一時(いちじ、いっとき)」という意味や「以前のあるころ」「ひところ」という解釈があります。



「楽しいひととき」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「楽しいひととき」を使った例文を見ていくことにしたいと思います。

  • 「楽しいひととき」を使った例文1
  • 「楽しいひととき」を使った例文2

「楽しいひととき」を使った例文1

「昨晩は気の置ける仲間達と久しぶりに食事をして楽しいひと時を過した」

冗談を言えたり、本音で語ることができる仲間がいることは人生の大きな財産と言えます。

そんな気の置ける仲間達と久しぶりに会って楽しく談話をしながらの食事は、とても楽しく充実した時間となるでしょう。

「楽しいひととき」を使った例文2

「昨晩は、おかげで楽しいひと時を過ごさせて頂きました。またの機会を楽しみにしております」

このような例文は、お世話になった人へのお礼の言葉だと思われます。

敬語を使った表現なので、もしかすると、上司や先輩へのお礼の言葉なのかもしれませんが、本当に気が許せる相手であれば、素直な気持ちで伝えることができるでしょう。

また、社交辞令であっても、お世話になった人には、社会人としての礼儀として大切な言葉です。

「楽しいひととき」の類語や言い換え

「楽しいひととき」を他の言葉で言い換えると、どのような言葉が出てくるでしょうか?

  • 「楽しい時間」
  • 「有意義な時間」

「楽しい時間」

「楽しい時間」「楽しいひととき」の言い換えの表現として使うことができます。

この言葉は、日常的に使われている言葉ですが、「楽しい時間」を過ごしていると、あっという間に時が過ぎてしまいます。

「有意義な時間」

「有意義な時間」「楽しいひととき」に近い意味がある言葉です。

「とても価値のある時間」という解釈ができすすが、「楽しいひととき」と比べると、場合によっては必ずしも「楽しい」と思えないケースもあります。

例えば、勉強や苦しいトレーニングでも自分のレベルアップにつながるような場面も、後から振り返ってみると、「有意義な時間」と呼ぶことができるからです。

それでも自分の成長につながる時間を過ごすことは、とても意義深いことには間違いありません。

icon まとめ

「楽しいひととき」は、人によって色々なことがありますが、仕事が頑張れることは、もしかするとその後に来る「楽しいひととき」のためのものかもしれません。

常に「楽しいひととき」を送ることができるわけではありませんが、その時のために、仕事も勉強も頑張れるのだと思います。