意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「よくある間違い」とは?意味や類語!表現の使い方

「よくある間違い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「」という言葉を使った例文や、「」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「よくある間違い」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「よくある間違い」とは?
  • 「よくある間違い」を使った例文や短文など
  • 「よくある間違い」の類語や類似表現や似た言葉


「よくある間違い」とは?

「よくある間違い」という言葉を知っているでしょうか。

「君のしたことは、よくある間違いだ」などと言われた経験があるかもしれません。

一方で、「よくある間違い」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「よくある間違い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「よくある間違い」の読み方
  • 「よくある間違い」の意味

「よくある間違い」の読み方

「よくある間違い」「よくあるまちがい」と読みます。

「間違い」「まちがい」と読みます。

これを機会に「よくある間違い」「よくあるまちがい」と読みましょう。

「よくある間違い」の意味

「よくある間違い」という言葉の意味を紹介します。

「よくある間違い」には、「誰でもしてしまうような間違い」という意味があります。

10人いれば、5人以上間違えてしまうような、間違えやすいことを、「よくある間違い」と言います。

例えば、「分かりました」という言葉を、敬語にする時、「了解しました」としてしまった経験はないでしょうか。

実は「了解」は目上の人が使う言葉で、「承知しました」が正解になります。

このような、誰でも間違えてしまいがちなことを、「よくある間違い」と言います。



「よくある間違い」を使った例文や短文など

「よくある間違い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「よくある間違い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「よくある間違い」を使った例文1
  • 「よくある間違い」を使った例文2

「よくある間違い」を使った例文1

「『汚名挽回』と言ってしまうのは、『よくある間違い』だ」

この例文のように「汚名挽回」という言葉を使ったことがあるかもしれません。

実は「汚名挽回」という言葉はなく、「名誉挽回」または「汚名返上」が正解となります。

確かに、ネガティブな「汚名」を、取り戻すという意味がある「挽回」しようとするのは、おかしな話です。

このようなミスをした人をみつけたら、「よくある間違い」と優しく指摘してみましょう。

「よくある間違い」を使った例文2

「言わなくても分かってくれると思うのは、『よくある間違い』です」

この例文のように、人と人とは、分かり合えると思い過ぎている人がいます。

基本的に、他人同士は分かり合えないため、コミュニケーションが必要になります。

「言わなくても分かってくれる」「よくある間違い」で、分かってもらうためには、口に出して言う必要があります。

大人になると気が付きますが、思春期には気付けない間違いと言えます。

「よくある間違い」の類語や類似表現や似た言葉

「よくある間違い」の類語や類似表現を紹介します。

「よくある間違い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ありがちなミス」
  • 「珍しくない失敗」

「ありがちなミス」

「ありがちなミス」という言葉があります。

「ありがちなミス」には、「誰でもしてしまいがちで、頻繁に起こるミス」という意味があります。

例えば、オートロックのホテルで、カードキーを部屋の中に置いたまま、軽装でジュースなどを買いに行き、部屋の中に入れなくなり困ってしまうという、うっかりミスです。

このようなミスは「ありがちなミス」と言えるでしょう。

「珍しくない失敗」

「珍しくない失敗」という言葉もあります。

「一般的によくある失敗」「特色のない失敗」などという意味があります。

受験のために予備校に行ったのに、予備校にいる異性に恋をしてしまい、勉強に身が入らず、もう一年浪人するような失敗は、「珍しくない失敗」と言えるかもしれません。



icon まとめ

「よくある間違い」という言葉について見てきました。

「よくある間違い」をするのは、仕方ないため、気付いたら直すことに力を入れましょう。