意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「うすら寒い」とは?意味や類語!

「うすら寒い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「うすら寒い」という言葉を使った例文や、「うすら寒い」の類語を紹介して行きます。

うすら寒い

Meaning-Book
「うすら寒い」とは?意味や類語!>


目次

  • 「うすら寒い」とは?
  • 「うすら寒い」を使った例文や短文など
  • 「うすら寒い」の類語や類似表現や似た言葉


「うすら寒い」とは?

「うすら寒い」という言葉を知っているでしょうか。

誰かの発言を聞いた時に、「うすら寒い」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「うすら寒い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「うすら寒い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「うすら寒い」の読み方
  • 「うすら寒い」の意味

「うすら寒い」の読み方

「うすら寒い」「うすら寒い」と読みます。

また「うすら」「薄ら」という漢字表記で書くこともできます。

これを機会に、「うすら寒い」「うすらさむい」と読み、「うすら」「薄ら」と読むことをしっておきましょう。

「うすら寒い」の意味

「うすら寒い」という言葉の意味を紹介します。

「うすら寒い」には、「少し寒気を覚える」という意味があります。

何となく寒いなと感じた時に、「うすら寒い」という言葉を使います。

例えば、夜になっていつの間にか気温が下がっている時、「うすら寒い」と感じるでしょう。

また誰かの発言が「うすら寒い」と感じることもあります。

誰かの発言が、不適切で、恥ずかしい発言だと思う時、「うすら寒い」などと表現することがあります。

このように「うすら寒い」には「少し寒気を覚える」という意味があります。



「うすら寒い」を使った例文や短文など

「うすら寒い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「うすら寒い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「うすら寒い」を使った例文1
  • 「うすら寒い」を使った例文2

「うすら寒い」を使った例文1

「日が暮れて、シャツ一枚では、『うすら寒く』なってきた」

この例文のように、薄着で外出しているうちに、寒くなってくることがあります。

夏でも、夕方以降寒くなってくることがあるため、「うすら寒い」と感じることがあるでしょう。

また夏は電車に強い冷房が効いていることがあり、電車の中でじわじわ「うすら寒い」と感じることもあります。

夏とはいえ寒い場所はあるため、カーディガンやシャツなどをバッグに入れておくと安心です。

「うすら寒い」を使った例文2

「廃屋を見ると、どこか『うすら寒い』と感じる」

この例文は、廃屋を見て怖いと感じた時の様子を文章にしたものです。

ハッキリした理由はないものの、何となく怖さを感じたため、うっすらと寒くなったのでしょう。

お化け屋敷のようなイメージだったのかもしれませんし、かつての住人を思い描いたのかもしれません。

「うすら寒い」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「うすら寒い」の類語や類似表現を紹介します。

「うすら寒い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「寒気を覚える」
  • 「凍える」

「寒気を覚える」

「寒気を覚える」という言葉を使うことがあります。

「寒気を覚える」には、「恐怖などを感じて、うすら寒いと感じる」という意味があります。

この場合、不愉快な寒さ、恐怖に似た寒さを感じます。

例えば怖いものを見た時は、寒くなくても鳥肌が立つでしょう。

このような時も、「寒気を覚える」と表現します。

「凍える」

「凍える」「こごえる」と読みます。

「凍える」には、「寒さのために体が冷え切って、体の感覚がなくなったり、動かなくなる」という意味があります。

「寒さに凍える」「凍えて動けなくなる」などという使い方をします。



icon まとめ

「うすら寒い」という言葉について見てきました。

みなさんも、「うすら寒い」と感じることがあるでしょう。

特に薄着の季節には、油断をして「うすら寒い」と感じることがあります。

寒くなった時に羽織れる服などを用意して、風邪をひかないよう気を付けましょう。