意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「シンプリスト」とは?意味!「ミニマリスト」との違い

皆さんは、「シンプリスト」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、この言葉は今の時代や世相を反映した言葉かもしれません。

そこで今回は、この「シンプリスト」について考えていくことにします。

シンプリスト

Meaning-Book
「シンプリスト」とは?意味!「ミニマリスト」との違い>


目次

  • 「シンプリスト」とは?意味
  • 「シンプリスト」の表現の使い方
  • 「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い
  • 「シンプリスト」を使った例文と意味を解釈
  • 「シンプリスト」の類語や言い換え


「シンプリスト」とは?意味

この数年、「シンプリスト」と呼ばれている人達が増えてきました。

元々、「シンプル」という言葉には、「簡単」「質素」「単純」という意味を持っていますが、「シンプリスト」は、豊富に物を持っているような数で快適性を求めるのではなく、暮らしの要素を単純化(=シンプル)して、統一感のある暮らしを実践して行こうと考えているような人達のことを指しています。



「シンプリスト」の表現の使い方

「シンプリスト」を使う場合は、物質的な生活の優雅さや質を求めるのではなく、質素な中にも、自分の思いで統一感のある生活環境を実現している人を指す時に使われます。

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い

「シンプリスト」と同じように「ミニマリスト」という言葉も最近では、よく使われるようになっています。

この「ミニマリスト」とは、「最小限主義者」と言い換えることができる人達のことで、自分にとって必要最低限の生活用品しか持たずに生活をしていくことです。

これよって、逆に生活を精神面からでも豊かにしていくという思想があります。

「ミニマリスト」の人達は、可能な限り物を減らして、必要最小限な物だけで豊かに生活をするという考えなのですが、「シンプリスト」の人は、自分が大切と思う物だけを手元に残して生活することで、豊かさを求める生活を送るという考え方を持っています。



「シンプリスト」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「シンプリスト」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「シンプリスト」を使った例文1
  • 「シンプリスト」を使った例文2

「シンプリスト」を使った例文1

「シンプリストとは、生活をできる限り簡素化して自分の豊かさを求めるライフスタイルを実践している人のことを指しています」

普段の生活の中で不要と思われる家具、生活雑貨などを整理して、できるだけ簡素に、そして単純することで、生活の統一感を出すことを優先することで、生活の量を求めるのではく、質を高めることをモットーにしている人達が真の「シンプリスト」と呼べるのかもしれません。

「シンプリスト」を使った例文2

「シンプリストを目指すなら、まず自分が大切にしたいものを考えて、リストアップすることが必要です」

「シンプリスト」を志す人は、今、持っている物の中から大切に残しておきたい物をノートに書き出すことから始めます。

それにより、物事を整理しやすく本当に必要な物が見えてくるはずです。

「シンプリスト」の類語や言い換え

ここで「シンプリスト」に近い意味を持つ言葉をいくつか挙げてみることにしました。

  • 「質素な人」
  • 「余計な物がない人」
  • 「断捨離」

「質素な人」

「質素な人」という言葉が「シンプリスト」を置き換える言葉として扱うことができます。

「飾り気がなく、贅沢をしない慎ましい生活をできる人」という解釈ができるのでしょう。

「余計な物がない人」

「余計な物がない人」「シンプリスト」に近い意味があるでしょう。

「不必要な物が全くない人」でもあり、「無駄のない人」とも呼べるかもしれません。

「断捨離」

要らない物を極力減らして、バランスの取れた生活を作り出す考えの人達ですが、この「断捨離」が今最ももてはやされている理想の生活パターンなのでしょう。

icon まとめ

「シンプリスト」という考えは、現代社会の世相を如実に表しているような気がします。

無駄なことはできるだけやらずに、効率の良い仕事をしていくという考えの社会では、この「シンプリスト」も1つに社会的現象なのだと思います。