意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余程のことがない限り」とは?意味や類語!表現の使い方

皆さんは「余程のことがない限り」という言葉が当てはまる事態に陥った経験が1度や2度はあることと思います。

この言葉は通常の状態ではなく、非常に切迫したような印象を覚える表現なのですが、どのような意味があるのでしょうか。

ここでは、この「余程のことがない限り」にフォーカスして説明をして行きたいと思います。

Meaning-Book
「余程のことがない限り」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「余程のことがない限り」とは?意味
  • 「余程のことがない限り」の表現の使い方
  • 「余程のこと」の具体例
  • 「余程のことがない限り」を使った例文と意味を解釈
  • 「余程のことがない限り」の類語や言い換え


「余程のことがない限り」とは?意味

「余程のことがない限り」とは、「生半可な程度では変わらないということ」を意味している表現です。

  • 「余程のことがない限り」の読み方

「余程のことがない限り」の読み方

「余程のことがない限り」「よほどのことがないかぎり」という読み方になります。



「余程のことがない限り」の表現の使い方

「余程のことがない限り」は通常ではあり得ないような状態や環境に陥った時に使われることになります。

物事には何事においても、基本的なルールや原則があり、その決まりを変更することや無視することができません。

しかし、大きな障害やトラブルが発生して、その結果、さらに大きな障害や被害の発生が想定される時に、「余程のことがない限り」という言葉が当てはまることでしょう。

「余程のこと」の具体例

「余程のこと」とは、「かなり特別なこと」という意味合いがあるので、人命にかかわることや、ビジネスでも社運に大きくかかわることなど、多岐に渡ることがあります。

例えば、ルールを頑なに守ることで、人の命が危険にさらされる場面などが考えられます。



「余程のことがない限り」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「余程のことがない限り」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「余程のことがない限り」を使った例文1
  • 「余程のことがない限り」を使った例文2

「余程のことがない限り」を使った例文1

「余程のことがない限り、会議中の出入りは禁止されているので、前もってトイレに行くなり、連絡をしておいてください」

ビジネスのシーンで、このようなことがあるかと思います。

重要な会議の途中で席を離れること、会議室を出ることが、進行を大きく妨げることになるからです。

「余程のことがない限り」を使った例文2

「今は多忙な時期なので、2日続けて年休を取得することは余程のことがない限り、難しいでしょう」

企業では有給休暇が認められていますが、いつでも自分の好きな時に休みを取るということができない場合もあります。

大きなイベントが予定されていたり、重要な商談を控えている時や、年度末の忙しい時期などに休みを取るとなると、慶弔関係でないと難しいと思われます。

「余程のことがない限り」の類語や言い換え

ここで「余程のことがない限り」の類語をいくつか見て行くことにしましょう。

  • 「特別な事情がないと」
  • 「由々しき事態にならないことない限り」
  • 「かなりの事態」

「特別な事情がないと」

「特別な事情がないと」という言葉が、「余程のことがない限り」の類義語の1つとして出てきます。

「通常では起こり得ない特殊な事情がない限り」という解釈ができます。

「由々しき事態にならないことない限り」

「由々しき事態にならないことない限り」も類義語になりますが、「由々しき事態」とは「悪い影響をもたらすような物事の状態」「そのまま放置しておくことで後から大きな問題になり見過ごすことができない」という意味があるので、「由々しき事態にならないことない限り」「放置しておくことで、とんでもないことになると想定されない限り」と理解することができます。

「かなりの事態」

「かなりの事態」とは、「予期せぬ出来事」「悪い結果をもたらすような事態」などの意味を持つ言葉です。

icon まとめ

ビジネスの世界では、様々なルールや慣習があり、それらの流れに沿って仕事が進められていきます。

しかし、その中でも突発的で緊急的な要件も発生していきますので、「余程のことがない限り」という言葉もそのような時に使われることになります。

何事にも「例外」ということが存在していることを認識した上で、ルール作りを行うことが必要だと考えます。