意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「猪口才」とは?意味や類語!例文を紹介

「猪口才」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「猪口才」という言葉を使った例文や、「猪口才」の類語を紹介して行きます。

猪口才

Meaning-Book
「猪口才」とは?意味や類語!例文を紹介>


目次

  • 「猪口才」とは?
  • 「猪口才」を使った例文や短文など
  • 「猪口才」の類語や類似表現や似た言葉


「猪口才」とは?

「猪口才」という言葉を知っているでしょうか。

「猪口才な奴だ」などと言われて腹が立った経験があるかもしれません。

一方で、「猪口才」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「猪口才」という言葉の意味を紹介します。

  • 「猪口才」の読み方
  • 「猪口才」の意味

「猪口才」の読み方

「猪口才」をどのように読むのか、イメージしてみましょう。

「猪口才」「ちょこざい」と読みます。

「猪口」「ちょこ」「才」「ざい」と読みます。

いきなり正しく読むのは、難しい言葉かもしれません。

これを機会に「猪口才」「ちょこざい」と読みましょう。

「猪口才」の意味

「猪口才」という言葉の意味を紹介します。

「猪口才」には、「小才があり、小生意気なこと」「小賢しいこと」という意味があります。

みなさんの周囲にも、「小才があり、小生意気な人」がいるかもしれません。

多少の才能は認めるものの、それほどではない場合、偉ぶっていると腹が立つことがあるでしょう。

このような人は「猪口才」だと言われてしまいます。

自慢できるほどではないのに、才能をひけらかすような、小さな才能の持ち主を「猪口才」と言います。



「猪口才」を使った例文や短文など

次に「猪口才」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「猪口才」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「猪口才」を使った例文1
  • 「猪口才」を使った例文2

「猪口才」を使った例文1

「入門して一年で師匠に逆らうとは、『猪口才』なやつだ」

この例文のように、多少才能があるものの、まだ入門から一年しか経たない人が、師匠に対して口答えするようなシーンを見ると、「生意気だ」と感じるでしょう。

「猪口才な奴だ」と言われても仕方ない場面になります。

本当に才能がある人は、いつまでも謙虚でいられます。

すぐに偉ぶってしまう人は、「猪口才」だということを、証明しているのかもしれません。

「猪口才」を使った例文2

「たとえ『猪口才』と言われても、言うべきことは言う」

この例文のように、「才能がそれほどないくせに、生意気だ」と思われても、言わなければいけない場面があるかもしれません。

上司が間違ったことを言っている時が、そうかもしれません。

このような時は、たとえ「猪口才」と思われても、自分の意見を言うべきかもしれません。

「猪口才」の類語や類似表現や似た言葉

「猪口才」の類語や類似表現を紹介します。

「猪口才」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「小賢しい」
  • 「小生意気」
  • 「賢しら」

「小賢しい」

「小賢しい」には、「利口ぶって生意気だ」という意味があります。

「猪口才」と似た意味を持つ言葉です。

「小賢しい奴」「小賢しい後輩」なという使い方をします。

「小生意気」

「小生意気」には、「いかにも生意気な様子」という意味があります。

生意気すぎて鼻に付くような人に対して、「小生意気」という言葉を使います。

「小生意気な転校生」「小生意気な女性」などという使い方をします。

「賢しら」

「賢しら」「さかしら」と読みます。

「賢しら」には、「いかにも利口そうにでしゃばること」という意味があります。

「賢しらに、口を出すな」という場合は、「利口そうな振りして、口を出すな」という意味になります。

「賢しらをして、失敗する」などという使い方もします。



icon まとめ

「猪口才」という言葉について見てきました。

みなさんも、才能は少ないのに、生意気だと感じる人に対して、「猪口才」と言う言葉を使ってみましょう。

また「猪口才」と言われてしまった時は、一人前だと認められるような態度を取るようにしましょう。