意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歪んだ性格」とは?意味や類語!短文や表現の使い方

「歪んだ性格」とは、文章でも会話でも使われることがある言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか。

ここでは「歪んだ性格」の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に言葉の意味を見ていきましょう。

歪んだ性格

Meaning-Book
「歪んだ性格」とは?意味や類語!短文や表現の使い方>


目次

  • 「歪んだ性格」とは?意味
  • 「歪んだ性格」の表現の使い方
  • 「歪んだ性格」を分解して解釈
  • 「歪んだ性格」を使った例文と意味を解釈
  • 「歪んだ性格」の類語や言い換え
  • 「歪んだ性格」の英語と解釈


「歪んだ性格」とは?意味

「歪んだ性格」「歪み」とはゆがんでいる、曲がっていることといった意味の他に、ひずみ、よこしまなこと、不正といった意味もあります。

ひずみとは物に力が加わった時に生じるのび、縮み、ねじれといった変化の割合のことという意味ですが、ある事の結果で表れた悪い影響、しわよせといった意味もあります。

「歪んだ性格」というのはまっすぐではない、どこかねじれている、曲がっているところがある性格ということになります。

いい性格とは言えないことを表す言葉です。



「歪んだ性格」の表現の使い方

「歪んだ性格」とは心根が曲がっているとか、性格が悪いといった意味合いを表す言葉ですから、人に使う場合は注意したり、悪口を言ったりという時になります。

「あなた、その歪んだ性格を直した方がいいよ」「あいつは歪んだ性格をしているからなあ」といったようにわりと日常会話に出てくる言葉かもしれません。

「歪んだ性格」と一言で言っても人によって程度があります。

好きな人にたしなめるように使う場合もあれば、本気で嫌っている人に吐き捨てるように言う場合もあるのです。

いずれにしましてもいい意味合いの言葉ではありませんから、使い方には注意が必要となります。

「歪んだ性格」を分解して解釈

「歪んだ性格」「歪んだ」「性格」と二つの言葉からできています。

それではそれぞれの意味を確認しておきましょう。

  • 「歪んだ」
  • 「性格」

「歪んだ」

「歪んだ」とは「歪み」のことです。

「歪んでいる」ということになります。

曲がっている、ひずみがある、ある事によって悪い影響が出たといった意味です。

「性格」

「性格」とは人が持っている感情、意志などの傾向、ある物事に特有の傾向、性質といった意味を持つ言葉です。

「性格がいい」「性格が悪い」などはよく使われる言葉です。



「歪んだ性格」を使った例文と意味を解釈

「歪んだ性格」を使った例文を紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので参考にしてみてください。

  • 「歪んだ性格」を使った例文1
  • 「歪んだ性格」を使った例文2

「歪んだ性格」を使った例文1

「歪んだ性格は治らないだろう」

性格というのは、子どもの頃からある程度決まってしまっているもので、大人になれば大きく変わるのは難しいと思われています。

またいい性格が悪い性格になることはあります。

ですが悪い性格の人が劇的にいい性格になることは少ないのではないでしょうか。

「歪んだ性格」を使った例文2

「歪んだ性格の人とは一緒にやっていけない」

「歪んだ性格」の人は物事を素直にとらえず、人を妬んだり、意地悪をしたり、ネガティブな考え方をしたりと、厄介なところが多いのです。

その為一緒にいますとついていけなくなることもあるでしょう。

「歪んだ性格」の類語や言い換え

「歪んだ性格」の類語、言い換えを見ていきましょう。

  • 「性格に問題がある」
  • 「曲がった性格」

「性格に問題がある」

「歪んだ性格」を別の言葉にするならば「性格に問題がある」ということになります。

はっきりと「歪んだ性格」と言えない場合はこのような言い方になるでしょう。

「曲がった性格」

「歪んだ性格」を簡単に言えば「曲がった性格」となります。

まっすぐではない、素直ではない、どこか問題があるということです。

「歪んだ性格」の英語と解釈

歪んだ性格 meaning in english

「歪んだ性格」を英語では“distorted personality”となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「歪んだ性格」の意味、使い方、例文をまとめてお伝えしました。

素直ではない、曲がっている、何かがあって悪影響が出た、そのような性格ということになります。