意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見通しが立たない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方!

「見通しが立たない」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「見通しが立たない」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「見通しが立たない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方!>


目次

  • 「見通しが立たない」とは?意味
  • 「見通しが立たない」の表現の使い方
  • 「見通しが立たない」を分解して解釈
  • 「見通しが立たない」を使った例文と意味を解釈
  • 「見通しが立たない」の類語や言い換え


「見通しが立たない」とは?意味

「見通しが立たない」とは先のことの予測がつかない、わからないといったことを言います。

特に仕事においては「見通しが立たない」のは非常に不安定な状態とも言えるでしょう。



「見通しが立たない」の表現の使い方

「見通しが立たない」は、日常的な会話でもわりとよく使われる言い方です。

今後のことを相手から聞かれてわからない時、何も決まっていない時などに「見通しが立たない」という言葉で言い表すことができます。

他にも「見通しが甘い」「見通しのきく人」といった言葉もあります。

  • 「見通しが立たない」のビジネスシーンでの使い方

「見通しが立たない」のビジネスシーンでの使い方

仕事において、今後の予定、先のことというのはとても重要なことです。

ですから何も計画が進んでいない相手に対して「見通しが立たない以上は取引はできません」といった言い方もできますし、相手から質問された時に「見通しが立たないので何とも答えようがなくて申し訳ありません」といったようにも使います。

いずれの場合も先のことが未定という時に使いますが、あまり喜ばしい状態ではないことは共通です。

「見通しが立たない」を分解して解釈

「見通しが立たない」「見通し」「立たない」という二つの言葉からできています。

それではそれぞれの意味を確認しておきましょう。

  • 「見通し」
  • 「立たない」

「見通し」

「見通し」とは未来のことまで予測することという意味がある言葉です。

また遠くの方まで見えることという意味でもよく使われます。

「立たない」

「立たない」は色々な意味がありますが「見通しが立たない」「立たない」の場合は目標や計画が決まらない、わからない、たちゆかないといった意味合いになります。



「見通しが立たない」を使った例文と意味を解釈

「見通しが立たない」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてみてください。

  • 「見通しが立たない」を使った例文1
  • 「見通しが立たない」を使った例文2

「見通しが立たない」を使った例文1

「まったく経済的な見通しが立たないので不安になる」

仕事でも生活でもお金は大事です。

収入面など先のことがわからないままなのは、生活設計もままなりませんし、将来的なことを思えば不安になります。

早めに「見通しが立つ」状態にしたいものです。

「見通しが立たない」を使った例文2

「相手次第だから、今後の予定は見通しが立たないんだ」

自分でできることならば、簡単なのですが、相手次第のことはなかなか思うようには進みません。

そのような時は上記のようなセリフが出てくるのです。

これは「相手次第だから、自分は何もできないしわからない」と言ってるのです。

「見通しが立たない」の類語や言い換え

「見通しが立たない」の類語、似た言葉、言い換える言葉などをいくつか紹介しましょう。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「先行きが不透明」【さきゆきがふとうめい】
  • 「めどが立たない」【めどがたたない】
  • 「未来が見えない」【みらいがみえない】

「先行きが不透明」【さきゆきがふとうめい】

「先行きが不透明」とは未来のことがわからない、見通せないという意味になります。

「めどが立たない」【めどがたたない】

「めど」とは目当て、目標といったことになります。

それが「立たない」状態ですから、先のことがわからないということになります。

「未来が見えない」【みらいがみえない】

「見通しが立たない」は簡単に言えば「未来が見えない」「未来がわからない」という意味いなります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見通しが立たない」の意味、使い方、例文などをお伝えしました。

仕事においては「見通しが立たない」状態は不安ですし、相手方には非常に心配や迷惑をかけてしまうことになります。

言葉の意味をしっかり理解して使っていくようにしましょう。