意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「寒暖の差が激しい」とは?意味や類語!表現の使い方!

皆さんは「寒暖の差が激しい」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、普段の会話や仕事の場面でも、時おり使われることがある表現です。

しかし、この意味をよく分からない人もいるかもしれませんので、ここで改めて説明をしていきたいと思います。

Meaning-Book
「寒暖の差が激しい」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「寒暖の差が激しい」とは?意味
  • 「寒暖の差が激しい」の表現の使い方
  • 「寒暖の差が激しい」を分解して解釈
  • 「寒暖の差が激しい」の英語と解釈
  • 「寒暖の差が激しい」を使った例文と意味を解釈


「寒暖の差が激しい」とは?意味

「寒暖の差が激しい」とは、「気温の差が大きい」という意味で、「寒い朝の気温と日中の温度差があまりにも大きい」ことを意味しています。

  • 「寒暖の差が激しい」の読み方

「寒暖の差が激しい」の読み方

「寒暖の差が激しい」「かんだんのさがはげしい」という読み方になります。



「寒暖の差が激しい」の表現の使い方

「寒暖の差が激しい」は気温が高くなる夏の時期より、冷え込みが厳しくなる冬の季節に使われることが多い表現です。

朝底冷えがして、気温が急激に下がり、日が昇ると、温度が上がって行く時によく用いられますね。

「寒暖の差が激しい」を分解して解釈

では、ここで「寒暖の差が激しい」「寒暖」「差が激しい」の2つに分けて見ていくことにしましょう。

  • 「寒暖」
  • 「差が激しい」

「寒暖」

「寒暖」とは「寒さと暖かさ」のことで、天気予報の時に出てきたり、農業分野で使われることがあります。

「差が激しい」

「差が激しい」とは、「大きなギャップがあること」という意味があります。

比較する場面であまりにも比較対象のものの差が大きい時に出てくる言葉です。



「寒暖の差が激しい」の英語と解釈

「寒暖の差が激しい」を英語で言うなら“The difference in temperature is intense”という表現で訳すことができます。

「寒暖の差が激しい」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「寒暖の下がり激しい」を使った例文を挙げてみることにします。

  • 「寒暖の差が激しい」を使った例文1
  • 「寒暖の差が激しい」を使った例文2

「寒暖の差が激しい」を使った例文1

「寒暖の差が激しいと、体調を崩すことがあるので、この季節は体調管理が重要です」

寒暖の差が激しい季節は、めまいや寒気、免疫力の低下が著しく、風邪をひいたりインフルエンザの発症することが少なくありません。

それだけ気温の乱高下は体をおかしくしてしまいます。

特に寒暖の差が激しくなるのは、冬の季節なので、受験生は注意する必要があります。

「寒暖の差が激しい」を使った例文2

「長野県の冬は凍てつく寒さですが、寒暖の差が激しい地域なので、野菜や果実の味がとてもいいのです」

寒暖の差が激しい地域はそれだけ厳しい自然環境なのですが、農作物にとっては、とてもいい環境だと言えます。

寒暖の差が激しいおかげで、作物の味に深みが生まれてきて、とてもいいのです。

このような自然の恵みを最大限、活用できているのが、長野県の特徴かもしれません。

icon まとめ

「寒暖の差が激しい」という言葉は、聞くだけでとても厳しい自然環境を連想させてしまいます。

しかし、例文でも見るように、この温度差を逆に取り込んで成功しているのが、農業分野でしょう。

確かに健康面では厳しく環境ですが、自然とともに歩む上では、欠かすことができない恵みと思えるのです。