意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いらぬ心配」とは?意味や類語、例文を紹介します!

「要らぬ心配」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「要らぬ心配」という言葉を使った例文や、「要らぬ心配」の類語を紹介して行きます。

いらぬ心配

Meaning-Book
「いらぬ心配」とは?意味や類語、例文を紹介します!>


目次

  • 「要らぬ心配」とは?
  • 「要らぬ心配」の使い方
  • 「要らぬ心配」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「要らぬ心配」を使った例文や短文など


「要らぬ心配」とは?

みなさんは「要らぬ心配」という言葉を知っているでしょうか。

「要らぬ心配をして、空回りするな」などと言われた経験があるかもしれません。

一方で、「要らぬ心配」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「要らぬ心配」という言葉の意味を紹介します。

  • 「要らぬ心配」の読み方
  • 「要らぬ心配」の意味

「要らぬ心配」の読み方

「要らぬ心配」「いらぬしんぱい」と読みます。

「要らぬ」「いらぬ」「心配」「しんぱい」と読みます。

これを機会に「要らぬ心配」「いらぬしんぱい」と読みましょう。

「要らぬ心配」の意味

「要らぬ心配」の意味を紹介します。

「要らぬ心配」「する必要のない心配」という意味があります。

「要らぬ心配をして、空回りをする」という場合は、する必要のない心配をした結果、空回りをしてしまった様子を言葉にしたものです。

例えば、飛行機が大きく揺れた時、心配してCAに「大丈夫ですか」などと聞いてしまうのは、「要らぬ心配」と言えるでしょう。

このように「要らぬ心配」には、「する必要のない心配」という意味があります。



「要らぬ心配」の使い方

「要らぬ心配」という言葉の使い方を紹介します。

「要らぬ心配」は、あなたや他の誰かが、する必要のない心配をしていると感じた時に使います。

例えば、仕事を始める前に、取引先を怒らせたらどうしよう、などと心配してしまうかもしれません。

しかし、そのような心配をするより、取引先と上手にコミュニケーションする方法を考えた方が有意義です。

このような時、「これは、要らぬ心配だ」と自分につぶやいてみましょう。

他の人が同じように、する必要のない心配をしている姿を見た時、「それは、要らぬ心配ですよ」などとアドバイスを送りましょう。

「要らぬ心配」の類語や類似表現や似た言葉

「要らぬ心配」の類語や類似表現を紹介します。

「要らぬ心配」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「取り越し苦労」
  • 「心配性」

「取り越し苦労」

「取り越し苦労」「とりこしぐろう」と読みます。

まだ何も悪いことが起きていないのに、起きたつもりで心配したり、苦しんだりする様子を、「取り越し苦労」と言います。

「心配性」

「心配性」は、「すぐに心配してしまう性格」という意味があります。

普通なら心配するはずのない場面で心配してしまうような性格の持ち主は、「心配性」と呼ばれてしまうでしょう。



「要らぬ心配」を使った例文や短文など

「要らぬ心配」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「要らぬ心配」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「要らぬ心配」を使った例文1
  • 「要らぬ心配」を使った例文2

「要らぬ心配」を使った例文1

「彼女には、『要らぬ心配』をかけたくない」

この例文のように、好きな人や大切な人に、必要のない心配をさせたくないと思う人は多いでしょう。

例えば、危険な任務を遂行する前に、そのことを彼女に告げる必要はないのかもしれません。

「要らぬ心配」を使った例文2

「彼は仕事ができないという思いは、『要らぬ心配』だった」

この例文のように、部下の能力を疑ったものの、無事に部下が仕事をやり遂げることがあります。

これは明らかに「要らぬ心配」と言えるでしょう。

もっと客観性を持って、部下の能力や性格を見る必要があるかもしれません。

icon まとめ

「要らぬ心配」という言葉について見てきました。

みなさんも心配になった時、「要らぬ心配」かどうか、客観的に見るようにしてみましょう。