意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「煤けた」とは?意味や使い方!例文や解釈

「煤けた」とは、「煤(すす)が付いて黒く汚れているさま」や「古びてきて色味が汚くなったこと」を示す言葉です。

「煤けた」の「意味・読み方・語源や漢字・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

煤けた

Meaning-Book
「煤けた」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「煤けた」とは?
  • 「煤けた」の表現の使い方
  • 「煤けた」の類語や類似表現や言い換え
  • 「煤けた」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「煤けた」の反対語
  • 「煤けた」の英語と解釈


「煤けた」とは?

「煤けた」という言葉の意味は、「不完全燃焼で出てきた煤(すす)が付いて黒く汚れているさま」や「物が古びて色味が汚くなったこと」になります。

「煤けた」というのは、「煤の影響で黒ずんで汚れること」や「経年劣化の影響で物の色合いが悪化(劣化)すること」を意味しているのです。

例えば、「囲炉裏のある昔の民家は、天井や壁が煤けた感じになるのが当たり前でした」や「電化製品も長く使っていると外装の色味が煤けた色になります」などの文章において、「煤けた」の典型的な意味を示せます。

  • 「煤けた」の読み方
  • 「煤けた」の語源や漢字

「煤けた」の読み方

「煤けた」の読み方は、「すすけた」になります。

「煤けた」の語源や漢字

「煤けた」の語源的な意味を、「煤」という漢字から解釈していきます。

「煤」という漢字の語源的な意味は、「有機物が不完全燃焼した時に出る黒い物質・その黒い物質と煙、ホコリが一緒になって壁などに染み付いたもの・煤色(薄い黒色)」になります。

「煤」の漢字には、「墨・すすけて汚れること(煤によって黒ずんだり色あせたりすること)」の語源的な意味もあります。

「煤」の漢字の成り立ちは、「燃え立つ炎の象形」と「口の中に一線を引いた祈りの象形」と「大地を覆う木の象形」から生まれた会意兼形声文字で、梅の木を燃やした時に出てくる黒い物質の「煤(すす)」を意味していました。



「煤けた」の表現の使い方

「煤けた」の表現の使い方は、「煤(すす)が付いて外見が黒くなって汚れた時」や「物が古びてきて色味が汚くなった場合(色あせて外見の輝きが失われた場合)」に使うという使い方になります。

「煤けた」という言葉は、「煤・燃えかす・経年劣化などの影響で、外見が黒くなったり色あせたりした時」に使うことができる言葉なのです。

例えば、「煤けた工場の外壁を眺めていると、工業都市としての歴史を感じる」や「多少レンズが煤けていても、私はこのメガネがお気に入りなのです」といった文章で、「煤けた」という言葉を使用することができます。

「煤けた」の類語や類似表現や言い換え

「煤けた」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「黒ずんだ・黒くなった」
  • 「色がくすんだ・色褪せた」
  • 「古くなった・見た目が汚れた」

「黒ずんだ・黒くなった」

「煤けた」の類語・言い換えとして、「黒ずんだ・黒くなった」があります。

「煤けた」という言葉は、「燃えかすの煤(すす)が付いて黒くなって汚れているさま」や「煤の影響で色合いが黒ずんでしまったこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「煤けた」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「黒ずんだ・黒くなった」という言葉を上げることができるのです。

「色がくすんだ・色褪せた」

「煤けた」の類似表現・言い換えとして、「色がくすんだ・色褪せた」があります。

「煤けた」という言葉は、「古くなったり煤(すす)が付いたりして色がくすんだこと」や「色味が悪くなって色褪せたこと(表面の輝きが失われたこと)」を意味しています。

その意味合いから、「煤けた」の言葉は「色がくすんだ・色褪せた」という言葉に言い換えることができるのです。

「古くなった・見た目が汚れた」

「煤けた」の類語・言い換えとして、「古くなった・見た目が汚れた」があります。

「煤けた」という言葉は、「見た目が古くなって、色合いが悪くなったこと」や「物が古くなって、外見が薄汚い感じになったこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「煤けた」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「古くなった・見た目が汚れた」という言葉を指摘することができます。



「煤けた」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「煤けた」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「煤けた」を使った例文1
  • 「煤けた」を使った例文2

「煤けた」を使った例文1

「ストーブのガラス部分が煤けた感じになっていますが、まだまだ暖房器具としては使用することができます」

この「煤けた」を使った例文は、「ストーブのガラス部分が煤(すす)で黒く汚れたような感じになっているが、まだまだ暖房器具としては使用することができる」ということを意味しています。

「煤けた」を使った例文2

「15年以上も乗っている車の外装の塗料(塗装)が煤けたので、そろそろ新しい車への買い替えを検討しようかと思っています」

この「煤けた」を使った例文は、「15年以上も乗っている車の外装の塗料(塗装)が古くなって色あせてきたので、そろそろ新しい車への買い替えを検討しようかと思っている」ということを意味しています。

「煤けた」の反対語

「煤けた」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「ピカピカ・新品の」

「ピカピカ・新品の」

「煤けた」の反対語として、「ピカピカ・新品の」という言葉を上げることができます。

「煤けた」というのは、「燃えかすの煤(すす)がついて黒く汚れたこと・キラキラとした綺麗な表面の感じが無くなったこと・物が古くなって色味が悪くなったこと」を意味しています。

「ピカピカ」という言葉は「物が新しくて表面が綺麗に輝いているさま」を意味していて、「新品の」という言葉は「まだ誰も使っていないピカピカの新しい物であること」を意味しています。

それらの意味合いから、物が古くなって色味・輝きが悪くなったことを意味する「煤けた」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「ピカピカ・新品の」を指摘することができます。

「煤けた」の英語と解釈

煤けた meaning in english

「煤けた」という言葉は、“sooty”(煤けた・黒ずんだ)や“stained with soot”(煤で黒ずんだ)、“smoke-stained”(煙・煤で黒ずんだ)、“old and dirty, old and soiled”(古くなって汚い・汚れた)、“lose one's luster(color)”(色褪せる・輝きが褪せる)などの英語で表現することができます。

  • “The affic of the house has stained with soot for 10 years.”

“The affic of the house has stained with soot for 10 years.”

「煤けた」という言葉を使ったこの英語の例文は、「その家の屋根裏は、10年以上の煤・燃えかすの影響で煤けていました」ということを意味しています。

icon まとめ

「煤けた」という言葉について徹底的に解説しましたが、「煤けた」には「煤(すす)が付いて黒く汚れているさま」や「物が古くなって色合いが汚く(悪く)なったこと」などの意味があります。

「煤けた」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「黒ずんだ・黒くなった」「色がくすんだ・色褪せた」「古くなった・見た目が汚れた」などがあります。

「煤けた」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。