意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憤りを覚える」とは?意味や使い方!例文や解釈

「憤りを覚える」とは、「憤り・立腹の感情を体や心で感じること」です。

「憤りを覚える」「意味・読み方・使い方・分解して解釈・英語と解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

憤りを覚える

Meaning-Book
「憤りを覚える」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「憤りを覚える」とは?意味
  • 「憤りを覚える」の表現の使い方
  • 「憤りを覚える」を分解して解釈
  • 「憤りを覚える」の英語と解釈
  • 「憤りを覚える」を使った例文と意味を解釈
  • 「憤りを覚える」の類語や言い換え


「憤りを覚える」とは?意味

「憤りを覚える」という言葉は、「憤慨・立腹(怒り)の感情を身体・心で感じること」「怒りと悲しみが入り混じった感情が自分の内面にあることに気づくこと」を意味しています。

「憤りを覚える」というのは、「相手の非常識な対応や理不尽な態度を許せないと身体・心で感じること」を意味していて、「憤り」「怒り」よりも内面に秘めた私的感情(外からは分かりにくい感情)として解釈されることが多くなっています。

「憤りを覚える」という言葉は、「相手の非常識(不正義)な対応・理不尽な言動・屈辱的な状況」などに対して「怒りと悲しみが入り混じった憤慨(憤り)の感情」を心身で感じることを意味しているのです。

  • 「憤りを覚える」の読み方

「憤りを覚える」の読み方

「憤りを覚える」の読み方は、「いきどおりをおぼえる」になります。



「憤りを覚える」の表現の使い方

「憤りを覚える」の表現の使い方は、「相手の非常識な対応・不正義の行動・理不尽な態度・屈辱的な状況などに対して、怒りと悲しみが混合した感情を感じた場合」に使うという使い方になります。

「憤りを覚える」というのは、「他人(外部)からは分かりにくい、自分自身の内面で感じている不正義・理不尽に対する不満・立腹・悲しみの感情」を指して使うことが多いのです。

例えば、「間違ったことを押し通してくる不良に対して憤りを覚えた」「彼が憤りを覚えるほどに、相手の言動は非常識なものだったのです」といった文章において、「憤りを覚える」という言葉を正しく使うことができます。

「憤りを覚える」を分解して解釈

「憤りを覚える」の言葉を、「憤り」「覚える」に分解してそれぞれの意味を解釈します。

  • 「憤り」
  • 「覚える」

「憤り」

「憤り」という言葉は、「立腹した時の怒り・不満の感情」「理不尽・非常識・不正義などに対する怒りと悲しみが入り混じった感情」を意味しています。

「怒り」「相手のことを許せないと思う感情」「自分の心身を傷つけた相手に復讐したい感情」を意味していますが、「憤り」というのは、「自分が明らかに正しいのに、不正義がまかり通っている理不尽な状態が許せないと思う感情(納得できない状況に対して不満に思う感情)」が中心になっています。

「覚える」

「覚える」という言葉には、「物事を記憶する・新しいことを学習する・技術などを習得する(身に付ける)」などの一般的な意味があります。

しかし、「憤りを覚える」という言葉の「覚える」「身体・心で感情(感覚)を感じること」を意味しています。

「憤り+覚える=憤りを覚える」で、「不条理・不正義に対する怒りと悲しみが混合した感情を、体・心で感じること」を意味しているのです。



「憤りを覚える」の英語と解釈

憤りを覚える meaning in english

「憤りを覚える」という言葉は、“feel indignation toward(against)〜”(〜に憤り・憤慨を感じる)や“feel angry at〜”(〜に怒りを感じる)、“feel resentment toward(against)〜”(〜に憤り・恨みを感じる)、“take umbrage at〜”(〜に不満・怒りを覚える)という英語で言い表すことができます。

  • “She felt deep resentment toward(against) ethically wrong behavior.”

“She felt deep resentment toward(against) ethically wrong behavior.”

この英語の例文は、「彼女は倫理的に間違っている言動に対して、憤りを覚えた」ということを意味しています。

「憤りを覚える」を使った例文と意味を解釈

「憤りを覚える」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「憤りを覚える」を使った例文1
  • 「憤りを覚える」を使った例文2

「憤りを覚える」を使った例文1

「粗暴な相手から道理の通らない因縁をつけられて、強い憤りを覚えました」

この「憤りを覚える」を使った例文は、「暴力的な雰囲気の相手から、道理(理屈)の通らない言いがかりをつけられて、強い怒り(立腹)と悲しみを心身で感じた」ということを意味しています。

「憤りを覚える」を使った例文2

「友人の女性が結婚詐欺師のような男に騙されたという話を聞いて憤りを覚えた」

この「憤りを覚える」を使った例文は、「友人の女性が結婚詐欺師のような男に騙されたという話を聞いて、怒りと悲しみが混合した感情が自分の内面にあることに気づいた」ということを意味しています。

「憤りを覚える」の類語や言い換え

「憤りを覚える」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説します。

  • 「怒りを覚える・憤怒を覚える・立腹する感情を抱く」
  • 「憤慨を感じる・悲憤を感じる」

「怒りを覚える・憤怒を覚える・立腹する感情を抱く」

「憤りを覚える」の類語・言い換えとして、「怒りを覚える・憤怒を覚える(ふんぬをおぼえる)・立腹する感情を抱く」があります。

「憤りを覚える」という言葉は、「相手の理不尽や不正義に対して怒り(激怒)の感情を抱くこと・腹を立てること」を意味しています。

「憤怒を覚える」という言葉は、「自制できないほどの激しい怒り(相手に掴みかかりそうなほどの激しい怒り)を、体と心で感じること」を意味しています。

それらの意味合いから、「憤りを覚える」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「怒りを覚える・憤怒を覚える(ふんぬをおぼえる)・立腹する感情を抱く」という言葉を上げることができるのです。

「憤慨を感じる・悲憤を感じる」

「憤りを覚える」の類語・言い換えとして、「憤慨を感じる(ふんがいをかんじる)・悲憤を感じる(ひふんをかんじる)」があります。

「憤慨を感じる」というのは、「不正義・理不尽に対して、非常に強い立腹・怒りを感じること」を意味しています。

「悲憤を感じる」という言葉は、「不正義・非常識などに対して、悲しみながらも憤って怒ること」を意味しています。

それらの意味合いから、「憤りを覚える」の言葉は、「憤慨を感じる・悲憤を感じる」という言葉に言い換えることができるのです。

icon まとめ

「憤りを覚える」という言葉について徹底的に解説しましたが、「憤りを覚える」には「憤慨・立腹(怒り)の感情を体・心で感じること」「怒りと悲しみが混じった感情が自分の内面にあることに気づくこと」などの意味があります。

「憤りを覚える」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「怒りを覚える・憤怒を覚える・立腹する感情を抱く」「憤慨を感じる・悲憤を感じる」などがあります。

「憤りを覚える」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。