意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「肌が粟立つ」とは?意味や類語!表現の使い方

「肌が粟立つ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「肌が粟立つ」という言葉を使った例文や、「肌が粟立つ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「肌が粟立つ」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「肌が粟立つ」とは?
  • 「肌が粟立つ」の使い方
  • 「肌が粟立つ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「肌が粟立つ」を使った例文や短文など


「肌が粟立つ」とは?

「肌が粟立つ」という言葉を知っているでしょうか。

「ホラー映画を見て、肌が粟立つ」という経験をした人もいるかもしれません。

一方で、「肌が粟立つ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「肌が粟立つ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「肌が粟立つ」の読み方
  • 「肌が粟立つ」の意味

「肌が粟立つ」の読み方

「肌が粟立つ」「はだがあわだつ」と読みます。

「肌」「はだ」「粟立つ」「あわだつ」と読みます。

「粟」「くり」と読み間違えて、「くりだつ」などと読んでしまうかもしれませんので、注意しましょう。

「肌が粟立つ」の意味

「肌が粟立つ」には、どのような意味があるでしょうか。

「肌が粟立つ」には、「恐怖などが原因で、毛穴が粟のように粒になる」という意味があります。

そのため、「ホラー映画を見て、肌が粟立つ」には、ホラー映画の恐怖シーンを見て、全身の毛穴が粟のように粒立ったという意味があります。



「肌が粟立つ」の使い方

次に「肌が粟立つ」という言葉の使い方を紹介します。

「肌が粟立つ」場面は、恐怖を感じた時、または寒さを感じた時が多くなります。

例えばホラー映画やお化け屋敷などに言った時、さらに事故などで危険な目に遭いそうになった時などに、毛穴が粒立つかもしれません。

また冬の寒い朝、薄着で出かけてしまった時に、電車のエアコンが効きすぎている時などに、肌が粒のようになるでしょう。

このような時に、「肌が粟立つ」という言葉を使ってみましょう。

「肌が粟立つ」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「肌が粟立つ」の類語や類似表現を紹介します。

「肌が粟立つ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「鳥肌が立つ」【とりはだがたつ】
  • 「総毛立つ」【そうけだつ】

「鳥肌が立つ」【とりはだがたつ】

「鳥肌が立つ」「肌が粟立つ」とほとんど同じ意味をもつ言葉です。

「肌が粟立つ」では意味が通じない時、「鳥肌が立つ」を使ってみましょう。

「総毛立つ」【そうけだつ】

「総毛立つ」という言葉もあります。

この言葉も「肌が粟立つ」「鳥肌が立つ」と同じような意味があります。

恐怖や寒さで鳥肌が立つ、または全身の毛が逆立つという意味があります。

人間は全身の毛が逆立つということが、あまりありませんが、ネコなどを見ていると興奮で毛が逆立つことがあります。



「肌が粟立つ」を使った例文や短文など

最後に「肌が粟立つ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「肌が粟立つ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「肌が粟立つ」を使った例文1
  • 「肌が粟立つ」を使った例文2

「肌が粟立つ」を使った例文1

「初めてお化け屋敷に入ったら、あまりに怖くて『肌が粟立った』」

この例文のように、恐怖体験をすると、「肌が粟立つ」かもしれません。

お化け屋敷のような、怖がらせるためのアトラクションなら、ほとんどの人が「肌が粟立つ」体験ができるでしょう。

「肌が粟立つ」を使った例文2

「早朝の散歩中、寒さで『肌が粟立つ』経験をした」

暖かい季節になっても、朝早い時間帯は、思ったよりも気温が低いものです。

この例文のように、散歩中に「肌が粟立つ」体験をする人もいるでしょう。

特に風が強い日は、風が吹く度に、全身の毛穴が収縮して、粟のように見えるかもしれません。

icon まとめ

「肌が粟立つ」という言葉について見てきました。

みなさんも、鳥肌が立った時などに、次回から「肌が粟立つ」という言葉を使ってみましょう。

ボキャブラリーが豊富になることで、コミュニケーション能力が高まるかもしれません。