意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「読ませていただく」とは?意味や類語!表現の使い方

「読ませていただく」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「読ませていただく」という言葉を使った例文や、「読ませていただく」の類語を紹介して行きます。

読ませていただく

Meaning-Book
「読ませていただく」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「読ませていただく」とは?
  • 「読ませていただく」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「読ませていただく」を使った例文や短文など


「読ませていただく」とは?

「読ませていただく」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、誰かの手紙を読んだ時などに、「読ませていただく」という言葉を使ったことがあるかもしれません。

一方で、「読ませていただく」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「読ませていただく」という言葉の意味を紹介します。

  • 「読ませていただく」の意味
  • 「読ませていただく」の使い方

「読ませていただく」の意味

「読ませていただく」「読む」の敬語表現になります。

「動詞」+「させていただく」という組み合わせで、敬語表現にすることが良くあります。

このように、「読ませていただく」には「読む」を謙譲表現にしたという意味があります。

「読ませていただく」の使い方

ビジネスシーンでは、敬語表現を使うことが多くなります。

「読む」に関しても、そのまま言葉にせず、敬語表現に変えてから口に出すようにしましょう。

例えば仕事関係者から手紙をもらった時、「手紙を読む」とは言わず、謙譲語の「読ませていただく」または「拝読する」という表現を使います。

「手紙を読ませていただく」「資料を読ませていただく」など、「読ませていただく」という言葉を使ってみましょう。



「読ませていただく」の類語や類似表現や似た言葉

「読ませていただく」の類語や類似表現を紹介します。

「読ませていただく」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「拝読する」
  • 「拝見する」

「拝読する」

「拝読する」「読む」の敬語表現になります。

「お手紙を拝読させていただきました。

「メールを拝読しました」など、「読む」を敬語表現にしたい時、「拝読する」という言葉を使ってみましょう。

「拝見する」

「拝見する」「見る」の敬語表現になります。

「手紙を拝見する」「手紙を見る」を謙譲語にしたものです。

同じように「見させていただく」という言葉でも、「拝見する」と同じ表現になります。



「読ませていただく」を使った例文や短文など

最後に「読ませていただく」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「読ませていただく」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「読ませていただく」を使った例文1
  • 「読ませていただく」を使った例文2

「読ませていただく」を使った例文1

「お手紙を、懐かしく『読ませていただきました』」

目上の人からもらった手紙を読む時に、このような言葉を使うことがあるかもしれません。

「手紙を懐かしいと感じながら、読んだ」という言葉を敬語表現にしたものです。

例えば小学校の先生から、久しぶりに手紙をもらった時、この例文のような文章を手紙に書いて、返事をするかもしれません。

「読ませていただく」を使った例文2

「メールを『読ませていただきました』」

この例文はビジネスシーンで良く使用する表現かもしれません。

仕事上ではメールでやり取りすることが多くなりますが、「読む」「読ませていただく」「拝読する」という表現にすると、ビジネスマナーにかなった形になります。

メールに返信する時に、この例文のような前置きをしてから、本題を書くようにするとスムーズでしょう。

icon まとめ

「読ませていただく」という言葉について見てきました。

ビジネスシーンでは、敬語をきちんと使えないと問題になります。

「読む」に関しても、「読ませていただく」「拝読する」という表現を覚えておきましょう。

プレゼンの資料や、企画書などを読んだ時も、「読ませていただく」という表現を使い、相手に敬意を払いながら返事をするようにしましょう。