意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雨に打たれる」とは?意味や類語!表現の使い方!

普段何気なく使っている「雨に打たれる」という表現を耳にして、あなたはどんなことを連想するでしょうか? 身近に聞くことがある言葉だけに深く考える機会がないと思うのですが、今回、この言葉について触れて行きたいと思います。

Meaning-Book
「雨に打たれる」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「雨に打たれる」とは?意味
  • 「雨に打たれる」の表現の使い方
  • 「雨に打たれる」を分解して解釈
  • 「雨に打たれる」の英語と解釈
  • 「雨に打たれる」を使った例文と意味を解釈
  • 「雨に打たれる」の類語や言い換え


「雨に打たれる」とは?意味

「雨に打たれる」とは、シンプルに意味を解釈すると「雨が降る」と同じ意味になりますが、「雨に降られてビショビショに濡れる」というようなニュアンスがあります。

  • 「雨に打たれる」の読み方

「雨に打たれる」の読み方

「雨に打たれる」「あめにうたれる」と読みますが、簡単な感じなので、読み方で迷う人はいないでしょう。



「雨に打たれる」の表現の使い方

「雨に打たれる」とは、単純に「雨が降る」だけではなく、「強い雨にさらされてクタクタになるくらいに疲れたり濡れてしまう」ような場面で使われます。

「雨に打たれる」を分解して解釈

では、この「雨に打たれる」「雨」「打たれる」に分けて、それぞれの言葉の意味を見ていくことにしましょう。

  • 「雨」
  • 「打たれる」

「雨」

「雨」とは、「空気中から水滴が落下する現象のことで、降水現象や天気の一種」です。

「雨」は大気に含まれている水蒸気が元となり、冷たい空気に冷されて凝結したとても小さな水滴が雲を形成して、雲の中で水滴ができたものです。

「打たれる」

「打たれる」とは文法的に見ると、タ行五段活用の動詞「打つ」の未然形の「打た」に、受身・尊敬・自発などの助動詞の「れる」が加わった形の表現です。

意味としては、「ある物事から強い感動や衝撃を受ける」という意味で理解することができます。



「雨に打たれる」の英語と解釈

「雨に打たれる」を英語で表現すると、“Be struck by the rain”という文章で訳すことができます。

「雨に打たれる」を使った例文と意味を解釈

ここで「雨に打たれる」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「雨に打たれる」を使った例文1
  • 「雨に打たれる」を使った例文2

「雨に打たれる」を使った例文1

「目が開けられないほどの強い雨に打たれてた時は、周りに誰もいなかった」

目が開けることが厳しいくらいの「雨に打たれて」いるのですから、周りの人は、雨宿りをしていたのかもしれません。

最近はゲリラ豪雨もよくあることなので、こんな光景は珍しくはないでしょう。

「雨に打たれる」を使った例文2

「あまりにも激しい雨に打たれて、彼女の肩は、すごく冷えきったのか、ブルブルと震えていたのです」

このような例文に出てくるように「雨に打たれる」ことは、とても辛いことです。

この彼女のように体が寒さで震えるくらいに雨に打たれている姿は、見ていても辛いものがありますので、思わず傘を貸してあげたくなります。

「雨に打たれる」の類語や言い換え

「雨に打たれる」を他の言葉で表現するなら、どんな言葉で言い換えることができるでしょう?

  • 「雨に降られる」
  • 「ずぶ濡れになる」

「雨に降られる」

「雨に降られる」「雨に打たれる」の類義語の1つで、「雨のために体が濡れること」を指しています。

「ずぶ濡れになる」

主語に「雨」という言葉がありませんが、「ずぶ濡れになる」だけで激しい雨に当たってしまったことが理解できるのではないでしょうか?

icon まとめ

「雨に打たれる」といったような何気ない言葉でも改めてゆっくりと調べて使い方などを理解すると、言葉への関心が高まって来て、日本語への興味も深まっていくような気がします。