意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「難航している」とは?意味や類語!

「難航している」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

例えば「プロジェクトが難航している」「ビジネスが難航している」、といった使われ方があります。

それならば「難航している」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、「難航している」という表現について紹介します。

難航している

Meaning-Book
「難航している」とは?意味や類語!>


目次

  • 「難航している」とは?意味
  • 「難航している」の表現の使い方
  • 「難航している」の英語と解釈
  • 「難航している」の類語や言い換え
  • 「難航している」を使った例文と意味を解釈


「難航している」とは?意味

「難航している」というのは話し合いが順調にいかず停滞している、話し合いが進まない、などという意味を持ちます。

例えばプロジェクトを進めるとき、様々な人と話し合いをして物事を決めていかなければいけません。

しかし、そんな時に話し合いが進まなくなってしまったらプロジェクト自体が進まなくなりますよね。

そのような場合に「難航している」という表現を使います。



「難航している」の表現の使い方

「難航している」という表現は主にビジネスで使われます。

会社で働いているという人の中には、この言葉を使った経験がある人もいるかもしれません。

例えば上司から話し合いがどうなっているか聞かれ、「ただいま難航しております」などと答えたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

日常生活においてはあまり使われる表現ではありません。

  • ビジネスでの表現の使い方

ビジネスでの表現の使い方

「難航している」という表現はプロジェクトが進まない、話し合いで決定打が出せない、などという時に使えます。

例えば重要なプロジェクトを進めるときなど、話し合いを重ねていかなければいけないですよね。

しかし取引先の 会社とお互いに合意ができない、平和裏に解決ができないなどという場合、「難航している」という表現が使われます。

「難航している」の英語と解釈

難航している meaning in english

「難航している」という表現を英語にすると、“it is difficult”という表現が使われます。

例えば「話し合いが難航していて合意ができない」ということであれば“It is difficult to agree with each other.”という表現が可能です。

あるいは“going through difficulty”という表現も可能であり、例えば「プロジェクトが難航しております」というのであれば“We're going through difficulty.”という表現で問題ありません。



「難航している」の類語や言い換え

ここでは「難航している」という表現の類義語を紹介します。

  • 「足踏み状態」
  • 「頭打ち」

「足踏み状態」

足踏み状態というのは景気や経済の状態、あるいは交渉などが停滞し、進捗がない状態を指す時に使われる表現です。

横ばい状態という表現もあります。

その場で足踏みをしているかのような状態を指し、前に進んでいないということになるのです。

「頭打ち」

頭打ちというのは物事が限界に達しており、それ以上伸びないということを指しています。

限界に足してこれ以上は向上をしないため上昇が続けられない状態であるという意味になります。

「難航している」を使った例文と意味を解釈

ここでは「難航している」という表現を使った例文を紹介します。

  • 「難航している」を使った例文1
  • 「難航している」を使った例文2

「難航している」を使った例文1

「プロジェクトで話し合いが難航してしまい、今回は計画が中止になりました」

ビジネスにおいては話し合いがとても大切ですが、その話し合いがうまくいかず、最終的に計画が頓挫してしまうということもあるのではないでしょうか。

確かに話し合いをした結果、きちんとお互いが合意できる状態に化すれば良いですが、なかなか合意できるとは限らないですよね。

その結果計画が中止になってしまうということもあるのです。

「難航している」を使った例文2

「この大学では誰を採用するか話し合いが難航してしまい、新しい採用の話がなくなりました」

最近は大学の新しい研究者をなかなか採用しなくなっていると言われています。

また、教授レベルの研究者が欲しいという人もいれば新しい研究者を育成していきたいと考える人もおり. 誰を採用するのかということを決めるためには長い会議が行われるのです。

その結果、話し合いが難航して誰も採用できなかったということもあります。

icon まとめ

難航するという表現は特に職場で使われることが多いですから、ぜひ覚えておきましょう。

難航した場合は問題を解決するために効果的に動きたいですね。