意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「研ぎ澄ます」とは?意味や使い方!例文や解釈

「研ぎ澄ます」とは、「集中して精神・神経を鋭敏(敏感)にすること」です。

「研ぎ澄ます」「意味・分解して解釈・読み方・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

研ぎ澄ます

Meaning-Book
「研ぎ澄ます」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「研ぎ澄ます」とは?
  • 「研ぎ澄ます」の表現の使い方
  • 「研ぎ澄ます」の類語や類似表現や言い換え
  • 「研ぎ澄ます」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「研ぎ澄ます」を使った言葉(意味の解釈)
  • 「研ぎ澄ます」の英語と解釈


「研ぎ澄ます」とは?

「研ぎ澄ます」という言葉は、「精神・神経を鋭敏(敏感)にすること」「精神・神経を集中させて、物事に対してシャープに感じやすくすること」を意味しています。

また、「研ぎ澄ます」の言葉には、「刀・鏡などを、一点の曇りもなく丁寧に磨き上げること」の意味もあります。

例えば、「雑念を打ち払って、精神を研ぎ澄ます」「鏡を綺麗に研ぎ澄ました」などの文章で、「研ぎ澄ます」の典型的な意味を示せます。

  • 「研ぎ澄ます」の読み方
  • 「研ぎ澄ます」を分解して解釈

「研ぎ澄ます」の読み方

「研ぎ澄ます」の読み方は、「とぎすます」になります。

「研ぎ澄ます」を分解して解釈

「研ぎ澄ます」という言葉は、「研ぐ(とぐ)」「澄ます(すます)」に分解してその意味を解釈することができます。

「研ぐ」という言葉は、「綺麗に磨き上げること」を意味しています。

「澄ます」という言葉は、「精神を落ち着かせて雑念のない状態にする」「他のことに気を取られずに、一つの物事だけに意識・注意を集中する」ということを意味しています。

「研ぐ+澄ます=研ぎ澄ます」という言葉は、「雑念を無くして、一つの物事だけに鋭く意識(神経)を集中させること」を意味しているのです。



「研ぎ澄ます」の表現の使い方

「研ぎ澄ます」の表現の使い方は、「精神・神経を張り詰めて鋭敏(シャープ)にする場合」「刀・鏡などを物理的に一点の曇りもなく磨き上げる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「神経を研ぎ澄まして環境の変化に気づいてください」「この寺院では精神を研ぎ澄ますストイックな修行を続けています」「美しく研ぎ澄ました刀剣には妖しい魅力があります」などの文章において、「研ぎ澄ます」の言葉を正しく使うことができます。

「研ぎ澄ます」の類語や類似表現や言い換え

「研ぎ澄ます」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「鋭敏にする・敏感にする」
  • 「シャープにする・神経(意識)を集中させる」
  • 「磨き上げる・妥協なく完成させる」

「鋭敏にする・敏感にする」

「研ぎ澄ます」の類語・言い換えとして、「鋭敏にする・敏感にする」があります。

「研ぎ澄ます」という言葉は、「精神・神経を鋭敏(敏感)にして、物事に感じやすくすること」を意味しています。

その意味合いから、「研ぎ澄ます」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「鋭敏にする・敏感にする」が上げられるのです。

「シャープにする・神経(意識)を集中させる」

「研ぎ澄ます」の類似表現・言い換えとして、「シャープにする・神経(意識)を集中させる」があります。

「研ぎ澄ます」という言葉は、「精神や意識をシャープにすること(敏感にして尖らせること)」「意識・神経を集中させて物事に当たること」を意味しています。

その意味合いから、「研ぎ澄ます」の言葉は、「シャープにする・神経(意識)を集中させる」という言葉に言い換えることができるのです。

「磨き上げる・妥協なく完成させる」

「研ぎ澄ます」の類語・言い換えとして、「磨き上げる・妥協なく完成させる」があります。

「研ぎ澄ます」という言葉には、「刃物や鏡などを物理的に丁寧に磨き上げること」「一点の曇りなく磨き上げて完成させること」の意味があります。

その意味合いから、「研ぎ澄ます」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「磨き上げる・妥協なく完成させる」を指摘することができます。



「研ぎ澄ます」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「研ぎ澄ます」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「研ぎ澄ます」を使った例文1
  • 「研ぎ澄ます」を使った例文2

「研ぎ澄ます」を使った例文1

「物理的に危険な作業をする時には、集中して精神と感覚を十分に研ぎ澄ませておかなければいけません」

この「研ぎ澄ます」を使った例文は、「物理的に危険な作業をする時には、集中して精神と感覚を十分に鋭敏(張り詰めた状態)にしておかなければならない」ということを意味しています。

「研ぎ澄ます」を使った例文2

「名匠と呼ばれる職人が丹精込めて研ぎ澄ました刀剣類は、これ以上ない最高の切れ味を発揮することができます」

この「研ぎ澄ます」を使った例文は、「名匠と呼ばれる職人が真心を込めて一生懸命に、曇り一つないように磨いて鍛え上げた刀剣類は、これ以上ない最高の切れ味を発揮することができる」ということを意味しています。

「研ぎ澄ます」を使った言葉(意味の解釈)

「研ぎ澄ます」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「精神(感覚)を研ぎ澄ます」
  • 「刀を研ぎ澄ます」

「精神(感覚)を研ぎ澄ます」

「精神(感覚)を研ぎ澄ます」という言葉は、「意識を集中することで、精神を鋭敏(敏感)にしてわずかな変化にも気づくことができる状態にすること」を意味しています。

あるいは、「周囲の物事に対する感覚を敏感にして、少しの変化・異状にも気づくことができる状態にすること」を意味しています。

例えば、「精神(感覚)を研ぎ澄ますことによって、今まで感じることのできなかった作品の魅力を感じられるようになります」などの文章で使用することができます。

「刀を研ぎ澄ます」

「刀を研ぎ澄ます」という言葉は、「刀(刃物)を、一点の曇りもないように丁寧に研いで(といで)磨き上げること」を意味しています。

「刀を研ぎ澄ます」というのは、「刀の切れ味・美観・性能を最大限に高めるために、丁寧に少しの曇り・傷つきもないように磨き上げること」を意味しているのです。

例えば、「刀を研ぎ澄ます静かな作業は、研いで磨く人の心にある曇りさえも綺麗に取り除いてくれます」などの文章で使うことができます。

「研ぎ澄ます」の英語と解釈

研ぎ澄ます meaning in english

「研ぎ澄ます」という言葉は、“make〜more sensitive to”(〜の感覚を研ぎ澄ます)や“heighten sensitivity”(感覚・精神を研ぎ澄ます)、“stretch out with one's feelings”(〜の感覚を研ぎ澄ます)、“whet〜、hone〜”(刀・刃物を研ぎ澄ます)、“keen-edged、finely honed”(刃物などを鋭く研ぎ澄ました)などの英語で言い表すことができます。

  • “That experience made me more sensitive to all of the things.”

“That experience made me more sensitive to all of the things.”

「研ぎ澄ます」を使ったこの英語の例文は、「その体験によって、物事に対する私の感覚が研ぎ澄まされました」ということを意味しています。

icon まとめ

「研ぎ澄ます」という言葉について徹底的に解説しましたが、「研ぎ澄ます」には「集中して精神・神経を鋭敏(敏感)にすること」「刀・鏡などを少しの曇りなく磨き上げること」などの意味があります。

「研ぎ澄ます」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「鋭敏にする・敏感にする」「シャープにする・神経(意識)を集中させる」「磨き上げる・妥協なく完成させる」などがあります。

「研ぎ澄ます」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。