意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「野営地」とは?意味!ライフアフターでの意味!「野営地」と「キャンプ場」の表現の違い

「野営地」とは、「屋外にテント・陣幕を張って宿泊するための場所」です。

「野営地」「意味・使い方・野営地とキャンプ場の違い・例文と解釈・類語(シソーラス)や関連語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「野営地」とは?意味!ライフアフターでの意味!「野営地」と「キャンプ場」の表現の違い>


目次

  • 「野営地」とは?意味
  • 「野営地」の表現の使い方
  • 「野営地」とは?ライフアフターでの場合
  • 「野営地」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「野営地」の類語や関連語
  • 「野営地」の英語と解釈


「野営地」とは?意味

「野営地(やえいち)」という言葉は、「屋外にテント・陣幕を張って宿泊するための場所」「野外で寝泊りすることができる場所」を意味しています。

「野営地」というのは、「野外でテント泊・ビバーク(露営)ができる場所」を意味していて、「屋根のない屋外でも寝泊りすることができる比較的条件の良い場所」を示しているのです。

「野営地」というと一般的には「自然(山地)の中でテントを張って寝泊りできる場所」を指すことが多いのですが、広義の野営地にはある程度整備された「キャンプ場」が含まれることもあります。



「野営地」の表現の使い方

「野営地」の表現の使い方は、「屋根のない屋外でテントを張って泊まれるような場所」「野外・山地で最低限の装備だけで寝泊りできる場所」を指示して使うという使い方になります。

「野営地」という表現は、「外で泊まれる場所」に対して使うことができるのです。

例えば、「山道で迷ったので、とりあえず野営地を探すことにしました」「野営地で過ごす夜には独特の風情と野趣があるので、今はやみつきになっています」などの文章において、「野営地」という言葉を正しく使用することができます。

  • 「野営地」と「キャンプ場」の表現の違い

「野営地」と「キャンプ場」の表現の違い

「キャンプ場」「広義の野営地」の一つですが、「野営地」「キャンプ場」には微妙な意味合いの違いがあります。

「野営地」というのは「自然・山地の中に雨露をしのぐテントなどを張って、快適さをあまり考慮せずに寝泊りする場所」を意味していますが、「キャンプ場」というのは「事前に水場・調理場(かまど)などの一定の整備が行われていて、テントを張ってシュラフ(寝袋)に入って快適に屋外で寝泊りできる場所」を意味しているという違いがあります。

「野営地」というのは基本的に、「自然・山地の中にある人の手がほとんど入っていない寝泊りしやすそうな平たいスペース」のことですが、「キャンプ場」というのは「人工的にある程度整備されたテントを張ったり調理をしたりすることが安全にできる施設」のことなのです。

そのため、「野営地」の方が「キャンプ場」よりも悪天候時のリスクは高くなります。

「野営地」とは?ライフアフターでの場合

ゲーム「ライフアフター」における「野営地」というのは、「ギルド」「クラン」のような機能を果たす場所で、「野営地」に参加するとお金を多く手に入れられたり、アイテムの採取効率が上がったりします。

「野営地」には、「探索・栽培がメインの野営地」「ユーザー同士で共同運営する野営地」「他の野営地を略奪するPVPを目的にした野営地」など色々なタイプがあるので、目的に合わせて選びましょう。

「野営地」ではショップの利用をしたり、軍事演習・クエストに参加したり、ホームの引越しをしたりすることができます。

金塊が18500個以上あれば、自分の野営地を設立・運営できます。



「野営地」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「野営地」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「野営地」を使った例文1
  • 「野営地」を使った例文2

「野営地」を使った例文1

「野営地にキャンプを張る時には、野生動物の被害に十分な注意が必要になってきます」

この「野営地」を使った例文は、「屋外で寝泊りできそうな場所にキャンプを張る時には、野生動物の被害に十分な注意が必要になってくる」ということを意味しています。

「野営地」を使った例文2

「野営地というのは文明に守られていない自然の領域の一部ですから、悪天候時には山崩れ・洪水など様々なリスクがあります」

この「野営地」を使った例文は、「野外にある宿泊スペース(テントを据え付けるテントサイト)というのは、文明に守られていない自然の領域の一部ですから、悪天候時には山崩れ・洪水などの様々なリスクがある」ということを意味しています。

「野営地」の類語や関連語

「野営地」の類語・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「キャンプ場」
  • 「野宿する場所」
  • 「ビバーク地・露営する場所」

「キャンプ場」

「野営地」の類語・関連語として、「キャンプ場」があります。

「野営地」という言葉の概念には、「キャンプ場」も含まれています。

「キャンプ場」というのは、屋外で自然体験をしながらテントやコテージで寝泊りできる場所(野外で宿泊するために人工的にある程度整備した場所)のことを意味していますが、「キャンプ場」もまた「広義の野営地」の一つなのです。

そのため、「野営地」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「キャンプ場」を指摘することができます。

「野宿する場所」

「野営地」の類語・関連語として、「野宿する場所」があります。

「野営地」という言葉は、「野外でテントやツェルトを張って寝泊りすることができる場所」を意味しています。

「野営地」というのは、簡単に言えば、「野宿することができる平たい場所」のことを意味しているのです。

そのことから、「野営地」と意味的な関連のある関連語として、「野宿する場所」を上げることができます。

「ビバーク地・露営する場所」

「野営地」の類語・関連語として、「ビバーク地・露営する場所(ろえいするばしょ)」があります。

「ビバーク地」という言葉は、「登山・キャンプなどにおいて、緊急避難的に野営するための場所」を意味しています。

「露営する場所」というのは、「屋外に簡易なテントやツェルトを張ったりして寝泊りする場所」のことを意味しています。

それらの意味から、「野営地」と近しい意味を持つ類語として、「ビバーク地・露営する場所」という言葉を指摘することができます。

「野営地」の英語と解釈

「野営地」という言葉は、“a camping ground、a camping site”(キャンプ場・野営地)や“camp”(キャンプ地・野営地)、“camp location(キャンプに適した土地)”などの英語で表現することができます。

  • “We set up a simple tent in a camping ground while it rains.”

“We set up a simple tent in a camping ground while it rains.”

この「野営地」を使った英語の例文は、「私たちは雨が降る中、野営地で簡易テントを張りました」ということを意味しています。

icon まとめ

「野営地」という言葉について徹底的に解説しましたが、「野営地」には「屋外にテント・陣幕・ツェルトを張って宿泊するための場所」などの意味があります。

「野営地」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「キャンプ場」「野宿する場所」「ビバーク地・露営する場所」などがあります。

「野営地」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。