意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物腰が柔らかい」とは?意味!対義語や敬語での使い方

「物腰が柔らかい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「物腰が柔らかい人」の特徴を紹介して行きます。

さらに「物腰が柔らかい」という言葉を使った例文や、「物腰が柔らかい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「物腰が柔らかい」とは?意味!対義語や敬語での使い方>


目次

  • 「物腰が柔らかい」とは?
  • 「物腰が柔らかい人」に共通する特徴
  • 「物腰が柔らかい」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「物腰が柔らかい」を使った例文や短文など
  • 「物腰が柔らかい」の反対語


「物腰が柔らかい」とは?

「物腰が柔らかい」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの周囲にいる、「物腰が柔らかい人」が思い浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「物腰が柔らかい」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「物腰が柔らかい」という言葉の意味を紹介します。

  • 「物腰が柔らかい」の読み方
  • 「物腰が柔らかい」の意味
  • 「物腰が柔らかい」はポジティブ

「物腰が柔らかい」の読み方

「物腰が柔らかい」「ものごしがやわらかい」と読みます。

「物腰」「ものごし」「柔らかい」「やわらかい」と読みます。

「ぶつよう」「ものよう」などと間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「物腰が柔らかい」「ものごしがやわらかい」と読みましょう。

「物腰が柔らかい」の意味

「物腰が柔らかい」の意味を紹介します。

「物腰」には、「人に対する言動」という意味があります。

「丁寧な物腰で話す」という言葉には、「人に対して、丁寧に話す」という意味があります。

また「柔らかい」には、「動作や態度に、ごつごつしたところがない」「穏やか」という意味があります。

そのため「物腰が柔らかい」には、「人に対する態度や言動に、ごつごつしたところがない」「人に対する言動や態度が穏やか」という意味があります。

「物腰が柔らかい」はポジティブ

「物腰が柔らかい」という言葉は、ポジティブな意味、あるいはネガティブな意味で使われるでしょうか。

基本的に、穏やかな言動や態度の人を、嫌いと感じる人はいない点、また穏やかな態度が悪いと評価する人がいない点から、「物腰が柔らかい」はポジティブな意味で使われる言葉と言えます。



「物腰が柔らかい人」に共通する特徴

「物腰が柔らかい人」にはいくつかの共通点があります。

そこで「物腰が柔らかい人」に共通する特徴を紹介して行きます。

  • 「落ち着いている」【おちついている】
  • 「攻撃的な態度を取らない」【こうげきてきなたいどをとらない】
  • 「気配りができる」【きくばりができる】
  • 「平等な態度を取れる」【びょうどうなたいどをとれる】

「落ち着いている」【おちついている】

「物腰が柔らかい」というタイプの人は、基本的に落ち着いている傾向があります。

ゆったりと物事に対して接し、慌てることが少ない傾向があります。

そのため、「物腰が柔らかい人」が場にいると、周囲の人が落ち着いて仕事ができます。

「攻撃的な態度を取らない」【こうげきてきなたいどをとらない】

「物腰が柔らかい人」は、他者をむやみに攻撃したりしません。

穏やかな性格のため、他人の言動にイライラしたり、影響を受けたりすることが少ないためでしょう。

話し相手が感情的になっても、「物腰が柔らかい人」は穏やかに受けて、事を荒立てずに問題を解決できます。

「気配りができる」【きくばりができる】

「物腰が柔らかい人」は心に余裕があるため、周囲に気を配れます。

性格的に激しいタイプの人は、自分をコントロールするので精一杯のため、周囲に気を配るところまでは行きません。

忙しい人に気付いて、さりげなく手伝ってくれるような気配りができる人が、「物腰が柔らかい人」の中には多いでしょう。

「平等な態度を取れる」【びょうどうなたいどをとれる】

「物腰が柔らかい人」は、落ち着いて周囲を見ているため、一般的な人よりも視野が広い傾向があります。

そのため、職場全体を見渡して、正しい判断を下せます。

結果的に、一緒にいる人は、平等に扱われていると感じられます。

仮に「物腰が柔らかい人」が上司なら、信頼できる上司として、好感を抱かれるでしょう。

「物腰が柔らかい」の類語や類似表現や似た言葉

「物腰が柔らかい」の類語や類似表現を紹介します。

「物腰が柔らかい」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「おとなしい」【おとなしい】
  • 「なおやか」【なおやか】
  • 「やんわり」【やんわり】

「おとなしい」【おとなしい】

「おとなしい」には、「動作や態度が落ち着いていて、穏やかなこと」と言う意味があります。

「おとなしい子供」「おとなしいと思ったら、寝ていた」などという使い方をします。

「なおやか」【なおやか】

「なおやか」には、「なよなよとして弱々しく、柔らかな様子」という意味があります。

「なおやかな手の動き」などという使い方をします。

「やんわり」【やんわり】

「やんわり」には、「相手を刺激ないような柔らかな様子」という意味があります。

「やんわりと注意する」には、「相手を刺激しないよう、柔らかな様子で注意する」という意味があります。



「物腰が柔らかい」を使った例文や短文など

「物腰が柔らかい」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「物腰が柔らかい」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「物腰が柔らかい」を使った例文1
  • 「物腰が柔らかい」を使った例文2

「物腰が柔らかい」を使った例文1

「『物腰が柔らかい』からと言って、弱いわけではない」

この例文のように、「物腰が柔らかい人」は弱い人と思ってはいけません。

実は自分に自信を持ち、逆境や困難に陥っても、負けない強さを持っています。

強いからこそ、心に余裕があり、人に対して穏やかな態度を取れるのでしょう。

「物腰が柔らかい」を使った例文2

「『物腰が柔らかい人』と話すと、気分がいい」

この例文のように、「物腰が柔らかい人」は会話が上手です。

心に余裕があるため、相手の話を傾聴できますし、丁寧な言葉遣いを選ぶため、気分よく話せる相手です。

相談事が集まり、改善に導いてくれるため、それがさらに「物腰が柔らかい人」の信頼を高めることになります。

「物腰が柔らかい」の反対語

最後に「物腰が柔らかい」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「物腰が柔らかい」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「乱暴」【らんぼう】
  • 「荒っぽい」【あらっぽい】

「乱暴」【らんぼう】

「乱暴」には「振る舞いが荒々しい様子」という意味があります。

「乱暴な性格」「乱暴に取り扱う」という使い方をします。

「荒っぽい」【あらっぽい】

「荒っぽい」には、「手荒」「乱暴だ」という意味があります。

「荒っぽい遊び」には、「乱暴な遊び」という意味があり、プロレスごっこなどに対して使います。

icon まとめ

「物腰が柔らかい」という言葉について見てきました。

みなさんの周りに、「物腰が柔らかい人」がいるかもしれません。

「物腰が柔らかい人」は好かれる要素をたくさん持っているため、参考にして自分にも取り入れてみましょう。