意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物腰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「物腰」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「物腰」という言葉を使った例文や、「物腰」の類語を紹介して行きます。

物腰

Meaning-Book
「物腰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「物腰」とは?意味
  • 「物腰」の表現の使い方
  • 「物腰」を使った例文や短文など
  • 「物腰」の類語や類義語・言い換え


「物腰」とは?意味

「物腰」には、「人と対したときの言葉遣いや振る舞い」という意味があります。

  • 「物腰」の読み方

「物腰」の読み方

「物腰」の読み方は、「ものごし」になります。



「物腰」の表現の使い方

「物腰」の表現の使い方を紹介します。

「物腰」は、「人と対したときの言葉遣いや振る舞い」を意味します。

そこで、誰かが人と対したときの言葉遣いや振る舞いについて、話す時、「物腰」という言葉を使ってみましょう。

また「物腰」「柔らかい」という言葉とセットで使うことがほとんどになります。

「柔らかい」には「穏やかな様子」という意味があるため、 「物腰が柔らかい」という言葉には、「人と対したときの言葉遣いや振る舞いが穏やかだ」という意味になります。

そのような人に会った時、「物腰が柔らかい」という言葉を使ってみましょう。

「物腰」を使った例文や短文など

「物腰」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「物腰」を使った例文1
  • 「物腰」を使った例文2

「物腰」を使った例文1

「彼は『物腰』の柔らかさを買われて、事務職から営業職に異動になった」

この例文に登場する男性は、言葉遣いや振る舞いが穏やかなことを評価されて、事務職から営業職に異動になったという文章になります。

このように「物腰」には、「人と対したときの言葉遣いや振る舞い」という意味があります。

事務職よりも営業職の方が向いていると思われたのかもしれません。

「物腰」を使った例文2

「『物腰』は柔らかいが、骨がある男性」

この例文は人と対する時の態度は柔和だが、実は骨のある、しっかりした男性だという意味があります。

見かけは優しい女性のように見えても、中身は戦士のような男性がいるかもしれません。



「物腰」の類語や類義語・言い換え

「物腰」の類語や類似を紹介します。

  • 「仕草」【しぐさ】
  • 「身振り」【みぶり】

「仕草」【しぐさ】

「仕草」という言葉には、「何かをする時の態度や表情」を意味します。

「仕草が綺麗な女性」「何かをする時の、ちょっとした態度や表情が綺麗な女性」という意味があります。

「女性的な仕草を身に付ける」などという使い方をします。

「身振り」【みぶり】

「身振り」には「感情や意志を伝えるための体の動き」という意味があります。

「身振りで、道路の向こうの友達を呼ぶ」という文章には、「体の動きで、道路の向こう側にいる友達を呼ぶ」という意味があります。

「身振り手振り」「英語を話せないため、身振りで何とかする」などという使い方をします。

icon まとめ

「物腰」という言葉について見てきました。

人に接する時の、言葉遣いや身のこなしについて話す時、「物腰」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。