意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誰かしら」とは?意味や類語!「誰か」との違い!表現の使い方!

「誰かしら」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「誰かしら」という言葉を使った例文や、「誰かしら」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「誰かしら」とは?意味や類語!「誰か」との違い!表現の使い方!>


目次

  • 「誰かしら」とは?
  • 「誰かしら」を使った例文や短文など
  • 「誰かしら」の類語や類似表現や似た言葉


「誰かしら」とは?

みなさんは「誰かしら」という言葉を知っているでしょうか。

「誰かしら、知っているはずだ」などと言った経験があるかもしれません。

一方で、「誰かしら」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「誰かしら」という言葉の意味と使い方を紹介します。

  • 「誰かしら」の意味
  • 「誰かしら」の使い方

「誰かしら」の意味

「誰かしら」の意味を紹介します。

「誰かしら」には、「誰かがきっと」という意味があります。

たくさんの人がいる中で、「誰かがきっと○○」という意味があります。

例えば「誰かしら、知っているはずだ」という時は、「誰かがきっと知っているに違いない」という意味になります。

「誰かしら」の使い方

「誰かしら」には「誰かがきっと」という意味があります。

ビジネスシーンでも、「誰かしら」という言葉を使います。

上司から「資料がある場所知ってる?」と聞かれた時、同じ職場の誰かが知っているに違いないと思った時、「誰かしら、知っているはずです」と答えられます。

このように、誰とは確定できないものの、たくさんいる中の一人は知っているだろうと思う時等に、「誰かしら」という言葉を使えます。



「誰かしら」を使った例文や短文など

「誰かしら」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「誰かしら」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「誰かしら」を使った例文1
  • 「誰かしら」を使った例文2

「誰かしら」を使った例文1

「Aのライブなら、『誰かしら』一緒に行ってくれるだろう」

Aというアーティストがとても人気がある時なら、この例文のように、友達や家族のうちの誰かが、一緒にライブに行ってくれるでしょう。

誰とは断定できなくても、確実に誰かが一緒に行ってくれると思った時、このような表現できます。

「誰かしら」を使った例文2

「君なら、『誰かしら』好きになってくれるよ」

この例文は、自分が振った相手を慰めている言葉かもしれません。

自分は好きになれないが、自分以外の誰かが、きっと好きになるはずだという意味で、「誰かしら」好きになると言っています。

もちろん、振られた相手は、慰めにすぎず、気持ちが癒されることもないでしょう。

しかし実際に、この人はきっと誰かに好きになってもらえるでしょう。

異性は星の数ほどいるためです。

「誰かしら」の類語や類似表現や似た言葉

「誰かしら」の類語や類似表現を紹介します。

「誰かしら」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「一人くらいは」
  • 「他の誰かが」

「一人くらいは」

「一人くらいは」には、「たくさんいる中の一人は」という意味があります。

「一人くらいは知っている」という場合、たくさんいる中の一人は知っているだろうという意味になります。

芸能人が「一人くらいは」ファンがいるだろうと言う時、日本人が一億人以上いるため、一人はファンでいてくれるはずだという意味があります。

「他の誰かが」

「他の誰かが」には「自分以外の誰かが」という意味があります。

「他の誰かが、成し遂げてくれるだろう」という場合、「自分以外の誰かが、達成してくれるはずだ」という意味があります。

例えば、巨大事業の途中でチームから外れる人が、このような言葉を残し、現場を去ることがあります。



icon まとめ

「誰かしら」という言葉について見てきました。

あなたの身の回りの誰かが、きっと○○だろうという時に、「誰かしら」という言葉を使ってみましょう。

「誰かしら、知ってる」「誰かしら、いるはずだ」など、便利に使えるでしょう。