意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インシデント」とは?意味や類語!表現の使い方!

一般消費者向けの製品を発売しているほとんど企業では、サポート(ヘルプ)センターが用意されているものです。

そこで使われる用語の1つが「インシデント」です。

インシデント

Meaning-Book
「インシデント」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「インシデント」とは?
  • 「インシデント」の表現の使い方
  • 「インシデント」の英語と解釈
  • 「インシデント」の類語や言い換え
  • 「インシデント」を使った例文と意味を解釈


「インシデント」とは?

インシデントとは、報告された障害、及び不具合に関する事案を指して使う言葉です。

前述のようなサポートセンターでは、製品に対する不具合や障害の連絡を受けると、このインシデントとして扱うことになります。

「あのインシデントは解決した?」「まだ未解決のインシデントはいくつある?」といったように使われる言葉で、ユーザーからの連絡から解決までを1インシデントという単位で表現します。



「インシデント」の表現の使い方

インシデントは、本来発生してしまった不具合や障害そのもののことですが、サポートセンターにおいては前述のように、その報告から解決までの1つの事案のことと使っています。

解決後には1つ事例として、「あのインシデントと酷似していた」などと用いられることもあります。

「インシデント」の英語と解釈

インシデント meaning in english

インシデントは見た目の通り、英語をカタカナにしたもので、元の英語では“incident”と表現し、「事件」という意味で使う言葉です。

この意味で、「サイバーインシデント」(サイバー犯罪)や「重大インシデント」(重大事件)などという使われ方をする場合もありますが、このような使い方は、現在ビジネスで色々な横文字が使われているようなものなので、ここで紹介している「インシデント」とは別の扱いとします。

カタカナ語での「インシデント」の意味を英語で表現するなら、“(the) problem case”とするのがいいでしょう。

“The problem case has not been solve yet.”のような用いられ方になり、この場合の意味は「このインシデントは、まだ解決していない」です。



「インシデント」の類語や言い換え

インシデントのように、不具合や障害を表して使います。

サポートセンター以外でも普通に使われる言葉です。

  • 「不具合案件」(ふぐあいあんけん)
  • 「アクシデント」

「不具合案件」(ふぐあいあんけん)

総合デスクのような窓口では、最初にその他の問い合わせと、この不具合案件との切り分けを行います。

後者だと判断すれば、そこからサポートセンターへ繋ぐなどされ、その件はインシデントとして扱われることになります。

「アクシデント」

インシデントは、それが起こった側からすると、このアクシデントだと言えるでしょう。

その報告を受けたサポートセンターではそうは呼びませんが、当事者にとっては立派なアクシデントです。

こちらは「インシデント」とは違い、カタカナ語でも英語の“accident”(事故)とよく似た使い方をされています。

「インシデント」を使った例文と意味を解釈

インシデントを使った例文と、その意味の解釈です。

共にサポートセンターにおける不具合や障害のこととして使っています。

  • 「インシデント」を使った例文1
  • 「インシデント」を使った例文2

「インシデント」を使った例文1

「あのインシデントの解決には、2週間も掛かったらしい」

インシデントは、多少の操作程度で解決してしまう場合もあれば、簡単には解決しない場合もあります。

どのような内容であっても、1つのインシデントには変わりません。

「インシデント」を使った例文2

「過去のインシデントの記録によく似ているものがあったので、早々に解決することができた」

同じ製品で起こる不具合や障害には、当然似たようなものが多いです。

その為、インシデントは解決するだけでなく、それまでの記録がその後の為にとても大切になります。

icon まとめ

インシデントと日常から使う職業は限られていますが、意味をきちんと覚えておくと、思わぬ場面で使う機会があるかも知れません。