意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優位に立つ」とは?意味や類語!表現の使い方!

「優位に立つ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「優位に立つ」という言葉を使った例文や、「優位に立つ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「優位に立つ」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「優位に立つ」とは?
  • 「優位に立つ」の使い方
  • 「優位に立つ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「優位に立つ」を使った例文や短文など


「優位に立つ」とは?

「優位に立つ」という言葉を知っているでしょうか。

「将棋の終盤で、優位に立つ」などという言葉を使ったことがあるかもしれません。

一方で、「優位に立つ」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「優位に立つ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「優位に立つ」の読み方
  • 「優位に立つ」の意味

「優位に立つ」の読み方

「優位に立つ」「ゆういにたつ」と読みます。

「優位」「ゆうい」と読みます。

これを機会に「優位に立つ」「ゆういにたつ」と覚えておきましょう。

「優位に立つ」の意味

「優位に立つ」「優位」には「位置や地位が、他よりも勝る」という意味があります。

また「位置や地位が他よりも勝る様子」という意味があります。

先ほどの「将棋の終盤で、優位に立つ」という文章には、将棋の試合の終盤に差し掛かり、対局相手よりも立場が良くなる、勝利に近い立場になる」という意味があります。

「立つ」には「立場になる」という意味があるため、「優位に立つ」には、「位置や地位が他よりも良い立場になる」という意味があります。



「優位に立つ」の使い方

「優位に立つ」という言葉の使い方を紹介します。

「優位に立つ」という言葉を使う時は、自分と他を比較している時です。

例えば自分とライバルを比較して、立場が上だと感じた時に、「優位に立つ」という言葉を使います。

好きな女性がいて、その女性を他の男性と争っている時、その男性と自分のどちらが上か気になるでしょう。

このような時に、「ライバルより、優位に立ちたい」などと言います。

また第三者目線で見て、何かと何かが競い合っているのを見た時に、どちらが有利か判断する時も「優位に立つ」という言葉を使います。

例えば、「A企業と、B企業は、同じ業界で覇権を争っているが、現在はA企業の方が、立場が上だ」というとき、「A企業が優位に立っている」と言います。

「優位に立つ」の類語や類似表現や似た言葉

「優位に立つ」の類語や類似表現を紹介します。

「優位に立つ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「リードしている」
  • 「勝利に近い」

「リードしている」

「リードしている」には「先を行っている」「率先している」という意味があるカタカナ語です。

先を行っている企業は「業界をリードしている」などと言われます。

「勝利に近い」

「勝利に近い」という言葉は、勝負ごとにおける「優位に立つ」と似た意味があります。

野球の試合で、9回の時点で3点上回っているチームは「勝利に近い」と言えるでしょう。



「優位に立つ」を使った例文や短文など

最後に「優位に立つ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「優位に立つ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「優位に立つ」を使った例文1
  • 「優位に立つ」を使った例文2

「優位に立つ」を使った例文1

「面接がうまくいき、他の就活性より『優位に立つ』」

この例文のように、面接が上々の出来の時、このように感じるかもしれません。

実際に他の就活性を上回っているかは分かりませんが、そのような手ごたえを得ることは大切でしょう。

「優位に立つ」を使った例文2

「精神修行をしているため、いつも精神的に『優位に立てる』」

このように瞑想などをして、心を鎮めるコツを掴んでいる人は、心理戦でいつも「優位に立てる」でしょう。

icon まとめ

「優位に立つ」という言葉について見てきました。

みなさんも他よりもリードしている、立場が上だと感じた時に、「優位に立つ」という言葉を使ってみましょう。

ただし、おおっぴらに発言すると、調子に乗ってると思われるかもしれず、注意が必要です。