意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「時間が経つのが早い」とは?意味や類語!表現の使い方

「時間が経つのが早い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「時間が経つのが早い」と感じる具体的な例を紹介して行きます。

さらに「時間が経つのが早い」という言葉を使った例文や、「時間が経つのが早い」の類語を紹介して行きます。

時間が経つのが早い

Meaning-Book
「時間が経つのが早い」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「時間が経つのが早い」とは?
  • 「時間が経つのが早い」の使い方
  • 「時間が経つのが早い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「時間が経つのが早い」を使った例文や短文など
  • 「時間が経つのが早い」具体的な例


「時間が経つのが早い」とは?

「時間が経つのが早い」という言葉を知っているでしょうか。

飲み会の途中で「時間が経つのが早い」と感じた経験があるかもしれません。

一方で、「時間が経つのが早い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「時間が経つのが早い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「時間が経つのが早い」の読み方
  • 「時間が経つのが早い」の意味
  • 「時間が経つのが早い」のスピリチュアルな意味

「時間が経つのが早い」の読み方

「時間が経つのが早い」「じかんがたつのがはやい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「時間が経つのが早い」「じかんがたつのがはやい」と読むようにしましょう。

「時間が経つのが早い」の意味

「時間が経つのが早い」の意味を紹介します。

「時間が経つのが早い」には、「時が早く過ぎ去るように感じる」「あっという間に時間が経つような気がする」という意味があります。

例えば、飲み会の途中で、さっき7時だったのに、気が付いたらもう10時になっている時があります。

「8時くらいかな」と思って時計を見たら、すでに3時間が経過しています。

このように、1時間の経過を予想していたところ、3時間過ぎてしまったような時に、「時間が経つのが早い」という言葉を使います。

「時間が経つのが早い」のスピリチュアルな意味

「時間が経つのが早い」という言葉を使う時、本当に「時間が早く過ぎている」と思うことはないでしょう。

「そのように感じられる」だけで、時間の進み方は一定だと考えるのが普通です。

しかし、スピリチュアルな世界では、「本当に時間の進みが早くなっている」と言われています。

我々が住む三次元の世界全体が加速しているため、時間の進みが早くなっていると考えられています。

この場合は「時間が経つのが早い」「早い」を使うのではなく、「時間が経つのが速い」「速い」を使った方が適切かもしれません。

このように、以前の10秒が現在は、8秒、7秒程度で過ぎていると考えている人がいるようです。



「時間が経つのが早い」の使い方

「時間が経つのが早い」という言葉の使い方を紹介します。

「時間が経つのが早い」という言葉は、「時が過ぎるのが、思っているよりも早いと感じる」時に使います。

先ほどの飲み会の例のように、いつも感じている時の進み方よりも、スピードが速く感じる時、「時間が経つのが早い」と言います。

また「時間が経つのが早い」と感じるのは、基本的に楽しい場だと、みんな知っています。

そのため、飲み会の途中で「時間が経つのが早い」と言った時、「この飲み会は楽しい」「このメンツで飲むのは最高」という意味も含まれます。

また、苦しいと思われていた作業が順調に進む時に、「時間が経つのが早い」という場合は、「予想されていたよりも大変じゃない」という意味がふくまれます。

「時間が経つのが早い」の類語や類似表現や似た言葉

次に「時間が経つのが早い」の類語や類似表現を紹介します。

「時間が経つのが早い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「もう帰る時間になった」
  • 「あっという間」

「もう帰る時間になった」

「もう帰る時間になった」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

飲み会の途中で、「時間が経つのが早い」と感じた後で、気が付けば、終電の時間になり、「もう帰る時間になった」という言葉が登場します。

飲み会が始まった時は、まだまだ終電は先で、ゆっくりとお酒と会話を楽しめると感じていた人が、「もう帰る時間になった」と言う時、「時間が経つのが早い」と同じような意味になります。

「あっという間」

「あっという間」には「一瞬のこと」「わずかな時間」という意味があります。

「あっという間にライブが終わった」という時、「一瞬で終わったと感じらえるくらい、充実したライブだった」という意味があります。

また「お見合いがあっという間に終わった」という時は、「あまりにもわずかな時間で、お見合いを満喫できなかった」という意味があるかもしれません。



「時間が経つのが早い」を使った例文や短文など

「時間が経つのが早い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「時間が経つのが早い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「時間が経つのが早い」を使った例文1
  • 「時間が経つのが早い」を使った例文2

「時間が経つのが早い」を使った例文1

「デートになると『時間が経つのが早い』のはなぜだろう」

この例文のように、デート終わりに考える人もいるでしょう。

ほとんどの場合、デートが楽しくて、時間が止まればいいと思っていたからかもしれません。

このように、楽しい時間ほど「時間が経つのが早い」と感じられます。

「時間が経つのが早い」を使った例文2

「40代になり、『時間が経つのが早い』と感じるようになった」

高齢になるほど、「時間が経つのが早い」と感じるようになります。

年を重ねると「時間が経つのが早い」と感じる理由は、未経験のことが少なくなり刺激を感じにくくなること、また比較する時間が長くなるため、分母が大きくなるためなどと言われています。

「時間が経つのが早い」具体的な例

「時間が経つのが早い」と感じる場面はどのような場面でしょうか。

そこで「時間が経つのが早い」と感じる場面を具体的に紹介します。

  • 「デート」
  • 「ライブ」
  • 「飲み会」

「デート」

好きな人とデートする時、ほとんどの場合「時間が経つのが早い」と感じるものです。

退屈を感じることがないからかもしれません。

「ライブ」

待ちかねていたライブほど、「時間が経つのが早い」と感じる場面はないでしょう。

3時間が30分のように感じられるかもしれません。

「飲み会」

なぜ飲み会は、時間が加速するように、途中から「時間が経つのが早い」と感じます。

酔いと関係しているのか、楽しいからか、それとも両方なのかもしれません。

icon まとめ

「時間が経つのが早い」という言葉について見てきました。

「時間が経つのが早い」場面ほど楽しいため、できるだけそのような場面に立ち会いたいものです。