意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛情に飢えている」とは?意味や類語!表現の使い方!

世の中には「愛情に飢えている」人が五万といるかもしれません。

現代社会は、インターネットの発達で直接的な会話の機会が少なくなり、愛を求めている人が少なくありません。

今回は「愛情に飢えている」について、考えてみます。

愛情に飢えている

Meaning-Book
「愛情に飢えている」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「愛情に飢えている」とは?意味
  • 「愛情に飢えている」の表現の使い方
  • 「愛情に飢えている」の英語と解釈
  • 「愛情に飢えている」の類語や言い換え
  • 「愛情に飢えている」を使った例文と意味を解釈


「愛情に飢えている」とは?意味

「愛に飢えている」とは、「人と深い愛情のある関係を築きたい、持ちたいということを強く願っていること」や、「ずっと愛し愛されたいことを深く願っていること」を指しています。



「愛情に飢えている」の表現の使い方

「愛情に飢えている」は、「飢えている」と精神的な飢餓状態に陥っている意味合いがあることからしても、極度の愛情不足を意味しています。

したがって、「深く愛されたい」という人のことに「愛情を飢えている」で表現することになります。

「愛情に飢えている」の英語と解釈

愛情に飢えている meaning in english

「愛情に飢えている」を英語で表現すると、“hungry for love”“be starved of affection”で訳すことができます。



「愛情に飢えている」の類語や言い換え

では、「愛情に飢えている」を他の言葉で表現すると、どのような言い方があるでしょうか?

類語をいくつか見ていくことにします。

  • 「愛されたい」
  • 「渇きのような愛の痙攣」

「愛されたい」

「愛されたい」という願望の言い回しが「愛情に飢えている」に近いニュアンスがあります。

自分から相手を愛するだけでなく、「愛されたい」と他力本願的なスタンスで望む人もかなり多くいます。

「渇きのような愛の痙攣」

文学的な表現の「渇きのような愛の痙攣」も類義語として紹介したいフレーズです。

愛を強く望んでいることが伝わってきます。

「渇き」は不足的なことを比喩的に例えた表現なのですが、強い愛情不足のことを理解することができます。

痙攣を起こすほどに愛を求めているのです。

「愛情に飢えている」を使った例文と意味を解釈

では、「愛情に飢えている」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「愛情に飢えている」を使った例文1
  • 「愛情に飢えている」を使った例文2

「愛情に飢えている」を使った例文1

「愛情に飢えている人は、他人を試していくようなことをしてきます」

「愛情に飢えている」人は、他人からの愛情を受け取った経験がそんなにありません。

この悲しいまでのトラウマから自分に好意を寄せてくる相手の心が本物なのか、素直に受け取ることができないのです。

「もしかすると下心があるんじゃない?」と疑ったり心配してしまうことから、相手を試してみるようなことをしてきます。

わざと変な質問をして相手の気持ちを試してみるような行動に出てしまうのですが、こんな時は、穏やかな気持ちで接することで、相手の心を開かせることができるでしょう。

「愛情に飢えている」を使った例文2

「愛情に飢えている人は、感情を暴走させることがある」

「愛情に飢えている」人は、自分を冷静にさせることが得意ではなく、何か嫌なことがあると感情を爆発してしまいます。

安心する術を知らないために、いつも孤独感や不安に駆られています。

そのため、心が満たされず、感情を暴走させてしまうのです。

icon まとめ

「愛情に飢えている」ということは、精神的にとても危ない状態かもしれません。

このように「他人から愛されたい」と常に願っている人は、子供の頃の親からの愛情が不足していたり、周囲の人達からも冷たくあしらわれていたようなことがあるかもされません。

そんなことから、「愛情に飢えている」人と出会ったなら、優しい気持ちで接してあげることが必要です。