意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お近づきの印」とは?意味や使い方!例文や解釈

「お近づきの印」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「お近づきの印」として渡せるプレゼントを紹介して行きます。

さらに「お近づきの印」という言葉を使った例文や、「お近づきの印」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「お近づきの印」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「お近づきの印」とは?
  • 「お近づきの印」の使い方
  • 「お近づきの印」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「お近づきの印」を使った例文や短文など
  • 「お近づきの印」のプレゼント


「お近づきの印」とは?

「お近づきの印」という言葉を知っているでしょうか。

仕事先の相手が、「お近づきの印です」と言いながら、プチギフトをくれたことがあるかもしれません。

一方で、「お近づきの印」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「お近づきの印」という言葉の意味を紹介します。

  • 「お近づきの印」の読み方
  • 「お近づきの印」の意味

「お近づきの印」の読み方

「お近づきの印」「おちかづきのしるし」と読みます。

「印」「いん」ではなく、「しるし」と読みますので、間違えないようにしましょう。

これを機会に「お近づきの印」「おちかづきのしるし」と読みましょう。

「お近づきの印」の意味

「お近づきの印」には、どのような意味があるでしょうか。

「お近づきの印」という言葉には、「出会えた縁に感謝して渡すもの」「初めて会った記念にするプレゼント」「会えた喜びの証として贈る物」などの意味があります。

誰かと会えたことが嬉しくて、その証拠を残したいというような意味があります。

そのため「お近づきの印」と言った後、何かしらのプレゼントや贈り物を渡すことになります。

このように、「お近づきの印」には、「出会えた縁に感謝して渡すもの」などの意味があります。



「お近づきの印」の使い方

「お近づきの印」という言葉の使い方を紹介します。

「お近づきの印」という言葉は、基本的に初対面の時に使います。

初めて会った人に対して、「お会いできて嬉しい」「あえて光栄」という意味を示すために、「お近づきの印」と言いながらプレゼントを渡します。

また、顔を合わせた経験があるものの、本格的に話すのは初めての人、二人だけで会うのは初めてという人に対しても、「お近づきの印」を渡すことがあります。

そのため、昔からの友達や、何度も会ったことがある仕事相手に対しては、「お近づきの印」という言葉を使わないため、気を付けましょう。

「お近づきの印」の類語や類似表現や似た言葉

「お近づきの印」の類語や類似表現を紹介します。

「お近づきの印」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「感謝の印」
  • 「お詫びの印」

「感謝の印」

「お近づきの印」と似たいような言葉に、「感謝の印」という言葉があります。

「お近づきの印」は、「初対面を祝って贈る物」、というような意味がありますが、「感謝の印」の場合は、「感謝している証拠として渡すもの」という意味があります。

例えば仕事を手伝ってくれた先輩に、ランチをご馳走して借りを返そうと思う時、「感謝の印です」と言いながら、先輩の伝票を取り、会計を済ませたりします。

「お詫びの印」

「お詫びの印」「お近づきの印」と同じように、ビジネスシーンで良く使われる言葉です。

「お詫びの印」には「反省している証拠として贈る品」という意味があります。

例えば取引先にミスで迷惑をかけた時、贈答品を渡しながら、「せめてものお詫びの印です」などと言います。

口先だけでは相手が許してくれないと思った時、本気で反省しているという気持ちを見せるため、「お詫びの印」を渡します。

入手困難だったり、高価な品の方が、反省の本気度が伝わりやすいかもしれません。



「お近づきの印」を使った例文や短文など

「お近づきの印」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「お近づきの印」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「お近づきの印」を使った例文1
  • 「お近づきの印」を使った例文2

「お近づきの印」を使った例文1

「『お近づきの印』なので、気になさらないでください」

この例文は、初めて会う仕事関係者に、心ばかりの品を渡している時の様子を切り取ったものです。

相手が「申し訳ない」「受け取れません」などと言った後で、このようなセリフを言います。

このような受け答えは、社会マナーのひとつで、ある程度お約束になります。

「お近づきの印」を使った例文2

「『お近づきの印』に食事をご馳走させてください」

この例文は、仕事などがきっかけで出会った二人の男女の場面を切り取ったものです。

言っているのは男性で、言われているのは女性かもしれません。

男性は魅力的な女性と食事がしたいと思い、このようなセリフで誘っています。

社会マナーとして誘っている、儀礼上誘っていると雰囲気のため、もし断られても落ち込まずに済みます。

「お近づきの印」のプレゼント

最後に「お近づきの印」として贈りたいプレゼントを紹介します。

「お近づきの印」として何を贈ればいいか分からない時に参考にしましょう。

  • 「ドリンク類」
  • 「調味料」
  • 「お酒」

「ドリンク類」

コーヒーやティーバッグは、それほど高価でないため、「お近づきの印」として良いかもしれません。

仕事中にコーヒーや紅茶を飲む人は多いため、これらのプレゼントを渡されて困ることもないでしょう。

「調味料」

「調味料」は家にあっても困らない代表的な物です。

「お近づきの印」として渡した品は、家に持ち帰り奥さんの手に渡ります。

高級な調味料は、もらってうれしいものですし、在庫になったとしても嬉しいものです。

そのため家庭を持っている人に贈るプレゼントとしてピッタリかもしれません。

「お酒」

お酒好きな人はたくさんいるため、お酒を贈ると喜ばれるかもしれません。

日本酒やウイスキー、焼酎などには、高級な銘柄がたくさんあるため、レパートリーも豊富に揃っています。

事前にお酒好きと知っている相手に対して、これ以上喜ばれる品はないかもしれません。

ただし、禁酒中の人に贈ると迷惑をかけてしまうことになります。

事前の調査が重要な品になるでしょう。

icon まとめ

「お近づきの印」という言葉について見てきました。

ビジネスシーンでは、「お近づきの印」と言いながら、プレゼントを贈る場面があります。

いざ社会人になり、そのような場面になった時に慌てずに済むよう、「お近づきの印」について知っておきましょう。